CANON EOS 20D/40D 使用リポート 
’EOS 20D/40D Field report
. 使用報告
Rev.
13
Original :  Sun.Dec.18'05
Updated :  Sat.Jul.07'12

CANON EOS 20D 使用リポート

2005-12-18 Sun.
 EOS 20D-N のレリーズの噂も聞こえて来る時期だが先日 EOS 20D を
Web auction で落札した。 そして先ほど我が家に届いた。そして・・・
以前から危惧していた事がさらに現実的なものとなった。

 D30 のリポートにも記した事だが記録される画像のファイル名が D30
/ 10D / 20D では Img_nnnn.jpg の同じ書式の名前なのだ。
 私の様に複数の EOS を所有していてメディアを相互に利用すると画像
のファイル番号がスキップする可能性があるのだ。理由は別のユニットで
使用していたメディアを使用すると、カメラの NVRAM に記憶されていた
ファイル番号とメディア上の番号が比較され以後は大きい方の番号が使
用されることになるからなのだ。

 カメラとメディアのコンビを統一することで一応この種の問題は解決でき
るのだが、結果として同じファイル名前を持つ画像ファイルが個々のカメラ
の数だけ作られる可能性があり、PC 上で場合によっては貴重な画像を
Delete したり Over write する危険性が生じてくるのだ。

 対策としてはユーザーがファイル名を任意に設定できると解決できるの
だが、、、、ちなみに EOS-1D は少々制限はあるがユーザーが好みのフ
ォルダ名を設定できる。
 蛇足だが私は1枚のメディア上に、Olympus/Nikon/Canon の画像ファイ
ル Word / Excel のデータファイルを混在させて使用している。 

 20D が我が陣営へ加わったことで D30 とか 10D をトレードに出す考え
は全く持っていない。所有する古い三脚のリポートにも記したが、猟師が
老齢で役に立たなくなった猟犬を手放さないで飼い続けるように、古い
道具に共通の愛着心があり手放せないのだ。

 化粧箱から取り出した 20D は前オーナーが購入したが(事情で)全く
使用しなかったとの事で実質新品と言える状態だ。この 20D もあと2ヶ月
もすれば擦り傷や鳥の排泄物で汚れた[ たくましいカメラ ] になるのだろ
う。

2006-01-03 Wed.
 車やカメラなどを購入して使い始めると、「このデザイナー or デザイナー
グループは実際に店舗へ出向き、その商品を自分のお金で購入して長く
使い続けたいと考えてデザインしたのか、それとも営業部門からの要求を
満たすだけのデザインで済ませたのだろうか。」と考えさせられる事が時々
あるものだ。
 多くのユーザーの様々な要求を全て満たすことは不可能だろうが、私の
様に野生動物撮影を主目的とするユーザーから EOS 20D を見ると以前の
10D などの不満が解消されている様には思えないのだ。
 参考: この件の補足 ⇒⇒

 貴重なチャンスの時にカメラが応答してくれぬほど不愉快なものは無いも
のだ。その多く場合以下の様な原因が挙げられると思う。

1、メディアの残り容量。⇒これは事前に予測できる事であり、必要ならば
  より大容量のメディアでなんとか対応可能だ。またファインダー内に残り
  枚数が表示されるので唐突感はない。_
2、電源容量不足など。⇒おおまかな容量は液晶などに表示されるが、ほ
  とんど当てにならない。特にファインダーで対象物を追いながらの撮影
  中には電源状況を把握できぬため唐突に Out of order になる印象が
  強い。
  電池を二個セットできるグリップなどもオプション販売されているが、単に
  撮影可能時間が延びるだけで唐突に機能停止になることは同じだ。
  これは二個の電池をパラレルで使用しているからでシリアルに使用す
  る様に設計する事も可能だと思うのだが・・・。つまり一個の電池の容量
  が無くなった時点で二個目が動作を開始すると同時に片方の電池が
  Out になったことをファインダー内で表示する。撮影者は適当な時点で
  Out になった電池を入れ替えることで、(そしてこの時、電池カバーを開
  閉しても(現状の全ての EOS の様に)電源断させないことが望ましい。)
  途切れなく撮影が可能となるアイデアだ。
3、System error による動作不可能。私は EOS D30 / EOS10D x3 set /
  EOS-1D /そして今回の EOS 20D、全ての機種で数多くの Sys err を
  経験している。様々なレンズ、様々なインシデントに対応する関係で
  事情によってはエラーステータスを表示して停止せざるを得ぬこともある
  だろうがこのエラーステータスは EOS D30 のみが多くの(私に言わせ
  ればこれでも少なすぎるが)エラーステータスコードを持っているが、そ
  の後に発売された機種では大幅に省略されていて意味をなしていない
  のだ。後続モデルはより機能が安定してコードが不要になったとは個人
  的経験からもその様には思えないのだ。


 エラーステータスコードはこの様に表示される。

 少なくとも現時点の EOS 20D のデザイナー(達)はユーザーより営業部や
経営者の顔を見ながら仕事をしていると(私は)考えている。補足すると、そ
の事は彼等もサラリーマンである以上、ある意味で当然の事だろうと理解・
別の表現をするならば同情をしているつもりだ。
_
2006-01-06 Fri.
 今日は 20D のフィールドデビュー日だ。勇んで出かけたのだが Err 99 が
多発して、( レンズは EF200mm F2.8 / EF300mm F4.0/ EF100-400mm )
役に立たなかった。実質新品のカメラなのだが・・・。帰宅後のテストでは正常
動作する。 これでは修理に出しても、『障害は再現できませんでした。』のコ
メントと共に返されてくるのだろう。

2006-01-08 Sun.
 EOS-1D のご機嫌が悪くなった。⇒⇒

2006-02-18 Sat.
 入手してから 20D の仕事のほとんどはロボットカメラとして働く事だった。
ロボットカメラの場合、対象の野生動物が現れるまでスリープモードでスタン
バイするのだが、センサーが感知しても今までの 10D や D30 は再立ち上げ
の時間が2秒強必要なため貴重なチャンスを逃すことがあったのだ。この点
0.x 秒で立ち上がる 20D はロボットカメラには最適なのだ。
 無論 EOS-1D も立ち上げ時間は短いのだが無人でフィールドに設置する
関係で事故(盗難)の可能性を考えると安価な 20D の方が精神衛生上好ま
しいのだ。(ちなみに EOS-1D は過去2回盗難されその都度私の元に返っ
ている。)
 
今後は 20D と EF300mmF4.0 との
コンビがメインシステムに
なるのだろうか。

 今朝観察フィールドに持ち出して改めて強い印象を受けた事はボデイの
コンパクトネスだ。EOS10D や D30 と仕様上はほとんど変わらないのだが
印象はふたまわり以上小さく感じるのだ。そしてスリープモードからの立ち
上がりの早さだ。フィールドではいつシャッターチャンスが現れるか分から
ぬため 10D の時はバッテリーグリップを使い常時 ON で使用していたのだ
が、こちらはパワーセーブモードのままでも不便を感じなくてすみそうだ。
 AF センサーの配置だが、個人的にはほとんどセンターのみしか使用し
ないが、新しい配置は私の好みには合わない様だ。海外のレビュー記事
でも記述が多かったが、新しいシャッターの音も私好みではない。EOS-1D
のシャッター音を真剣に例えるなら 20D は木刀か竹刀を振り回す感じだと
言えよう。


2006-09-07 Thu.
 購入後2年を経過した充電池 BP-511A の容量を測定してみたところ公称
値の 87.1% だった。数値だけでなく実際に使用していても経年劣化した印象
は皆無だ。旧モデルの BP-511 の1例では入手後 35ヶ 月経過の測定値は
35% まで低下していた事と比べると BP-511A の耐久性と信頼性は大幅に
向上していると断言して良いと思われる。ちなみに本日入荷した新品電池は
97.5 %だった。

 参考資料 BP-511/BP-511A 使用リポート ⇒⇒
_
2006-10-16 Mon.
 この件はもっと早く述べるべきだったのだが。 20D が 10D に比べて大幅に
向上している項目はいくつか挙げられるだろうが、私の様に野生動物の自動
撮影にデジカメを使用している者にとって最大の福音は Power management
の大幅向上だ。簡単な具体例を挙げると。

 レンズは EF200mmF2.8 Model- AF= On。使用電池はフル充電後3時間
以上安置した BP-511A ( 1,390mAh 10.3Wh ちなみに BP-511 は 1,100mAh
8.1Wh ) 。 Auto power shut off = No の状態で1時間に数回ショットする動作
を繰り返した場合。

 10D は約 7時間後 Battery-Low が表示され、約 10 時間で Battery-Out
になる。
 20D は約 11時間後 Battery-Low が表示され、約 26 時間で Battery-Out
になる。

 
 つまり 20D は 10D に比べ各種機能が向上して、更に電池の持ちも大幅に
(私のテスト例では 2.6倍 ) 向上していることになる。
 以前は 10D で一昼夜のロボット撮影はオプションのバッテリーグリップ BG-
ED3 を使いバッテリーを2個使用しても不可能だったのだが、20D では一個
のバッテリーで充分なのだ。
 無論 Auto power shut off = Yes と設定すれば更に稼働時間は延長可能
だが、この場合撮影時に再立ち上げの時間が必要となる。短い時間だが野生
動物の撮影の場合この時間が貴重なのだ。過去イタチの自動撮影で稼働時
間を延ばすため設定したが、立ち上げ時間分の遅れで逃げ去る尾しか撮れな
くて残念な思いをしたことがあるのだ。
_
2009-03-25-Wed.
 EOS 20D が死んでしまった。直前まで正常動作していたのだが突然約1秒
間隔で勝手にレリーズするようになってしまったのだ。本来ならばバッテリーや
メディアのリッド(蓋)を開ければ強制的に電源が Off されるはずなのだが、
今回の事例はリッドがオープンしていても勝手に動作するのだ。
時には Busy を表示してフリーズする。
 結論から先に述べれば web のオークションにジャンク品として出すことにした。
最近は個人認証がきびしく手続きのために数日かかるそうだが手続きの完了を
まって web で処分するつもりだ。(と同時に web で適当な中古のカメラを入手
するつもりでいる。)

 補足報告 2009-04-02 Thu.
 web のオークションで約1万円の価格で落札され私の元を去っていった。

 補足報告 2009-05-09 Sat.
 web のオークションで代替え機として Canon EOS 40D を一セット落札した。
来週中には届くだろう。
_
CANON EOS 40D 使用リポート
 EOS 40D が届いた。例によってカメラ知識に乏しいアマチュアが野鳥撮影
に使用した印象を記したい。


 私にとってのEOS 40D の印象はこの画像にダイジェストされていると言えよ
う。

1、 以前からの EOS Digital SLR ユーザーの希望だったアクセサリーシュー
   が強化された。
2、 リモートターミナルの方向がやっと EOS-1D と同方向になった。
3、 3種のカメラユーザーモードが設定可能になった。

 40Dで追加改良されたポイントは多いが私にとって重要なポイントは上記の3
点につきると言える。特にカメラユーザーモードが非常にありがたいフューチャー
だ。私はカメラを自作の RCS ロボットカメラシステムに接続して動作させる事が
多いが、必要に応じてシステムから切り離して使用する。この時細部の変更・・
たとえば*キーを AEロック or AFスタートのいずれに設定するかなど・・・、の煩
わしい変更操作がモードダイアルのワンノッチで完了するのだ。おおげさに言え
ばこれだけで 40D 購入の意義があるとさえ言えるのだ。


 マニュアルは EOS 20D からA6サイズに小さくなったが遠視の(高年齢の)
ユーザーからアピールが出ていないのだろうか。


 モードダイアルの形状と直径はモデルチェンジの度に変わっているが 40D は
直径 24mm となった。例えば 10D は 22.7mm だが何かに触れてダイアルが
回転してしまうトラブルは最も少なかったのだが、、。

液晶の保護シートは自分でカットして使用している。
 液晶モニターや表示パネルの保護のための専用のフィルムシートが数社から
販売されているが、私は文具店などで入手したシートを使用している。自分で L
CD のサイズに合わせてカットする必要があるが何より A4 サイズで @150.- 円
程度と安価なのだ。
 上()に提示した製品はスイスのフォーレックス社の製品だ。以前使用してい
たドイツの NESCHEN International 社がベターなのだが入手できなくなったの
だ。
 memo'  
 Folex LF-A4C 透明度は高いが剥がした後の糊が剥がれ難い。安価。
 NESCHEN社の製品は透明度は劣るがしなやかで張りやすく剥がし易い。価格
 は Folex 社の2〜3倍。 

2010-11-02-Tue.
 数日前から記録した画像が暗いことに気付いていたので。今朝庭に持ち出し
テストしたところ [ 露出補正用のサムホイール ] を回しても変化が無いことが
分かった。スイッチの位置、各種設定を確かめるが正常だ。サムホイールの
動作確認のため AF フレームを移動してみたがちゃんと働くことからメカニカル
な障害ではなさそうだ。
 結局 [ Masite reset ] でカスタムファンクションをイニシャルコンディションに
戻すことで回復できた。
 定年退職の身分なので一瞬 [ 高額修理代金!!! ] とのメッセージが頭を
かすめたが、ひとまずほっとしているところだ。
 原因は不明だ。各種設定のバッティングでこの様な事が起こり得るものだろ
うか?

時には小雨の屋外で使用するなど
結構ハードな任務をこなしている。

_
2012-06-05 Tue.
 お亡くなりになってしまった。
お亡くなりになった。
 朝庭の草花を撮ろうと数枚ショットしたのだが、突然エラー99を表示して死んでしまった。
この種のエラーは他のモデルで何度も経験済みなので、異なるレンズに取り替え、メディ
アの交換、モードやバッテリーの切り替えなどを試みたが駄目だった。ちょっと経済的に
苦しい時期であること、そして稼働するカメラは数セット所有していることなどから修理に
出すのはペンディングすることとした。


過去のデジカメ #1 #2
障害記録   #3 #4 #5
EOS-1D  # 1
使用リポート #2
EOS-10D  #1 #2 
EOS-30D  #1
野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう
   File name ; File name :20D_Daily_rpt_1.htm