野鳥 モズ 観察報告
 2004 年 初夏 抱卵.
Rev.
2
Original :Sat.Jun.05'04
Updated :Sat.Jun.26'04

六月のモズ 抱卵 2004年...

2004-06-04 Fri. (梅の木ファミリー)

梅の木の根元で大型のチョウ(ガ?)
の幼虫を補足したオス。
 2004-06-04 15:44:55
 彼らが営巣したこの場所は外敵の接近が安易でないこと、周囲に餌が
多いこと等の理由で子育てには最適の場所だと思われる。梅の木の根
元で大型のチョウ(ガ?)の幼虫を補足したオス。

この後抱卵中のメスに給餌のため巣に向かった。
 2004-06-04 15:45:02
 この後抱卵中のメスに給餌のため巣に向かった。

ルーティンワークの合間にも
おしゃれ(?) は忘れない。
 2004-06-04 16:29:50
 周囲のサーベイランスや妻へのフィーディングの合間に水浴びをした
らしい、まだ充分羽毛が乾かぬうちにいつもの枝に戻ってきた。
 気候も快適、食料も充分、外敵は近づかない・・・。平和な毎日だった
のだが異変が起きた。

2004-06-05 Sat. (梅の木ファミリー)
_
2羽が梅の木の周りをじゃれ合う様に
もつれ合って飛んでいたのだが、
 2004-06-05 14:35:59
 いつもの様に梅の木全体が見える場所で観察を始めた。モズの姿は見
えないがメスは巣の中で抱卵中、オスはテリトリー内のチェックに出向いた
のだろう。
 突然こずえのあたりが騒がしくなった。見ると2羽が梅の木の周りをじゃれ
合う様にもつれ合って飛んでいる。ほほえましい風景だなと軽い気持ちで
画像に残したのだが・・。

飛び去ったモズを見送る巣の持ち主のメス。
 2004-06-05 14:36:13
 飛び去ったモズを見送る巣の持ち主のメス。

 自宅の PC で再チェックして # 4153-04 の2羽は雌雄でなく2羽のメス
だと知った。同画像の右側のメスの目的は何だったのだろう。例えば二番
子を作るための営巣場所を捜している途中の偶発的な事故だったのだろ
うか、モズのメスには周辺の営巣中の他のメスを襲う様な習性があるのだ
ろうか、・・・ 当然のことだがわずかな症例では何とも言えない、こつこつ
観察を続けよう。
 その後梅の木周辺でオスは見かけることはできるがメスを見かけなくな
った。残念ながら今年 ( 2004年 ) 観察した3組のモズのペアはすべて子
育てができなかったようだ。

---------------------------------------------------------
 このページの画像は、カメラ: Canon EOS 10D、レンズ: Canon EF300mm F4L IS
USM + 1.4x テレコンを使用した。

 

モズのもくじ 
へ進む
モズ観察
前の頁に戻る
モズ観察
次の頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
   
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name : B_H__10186.html