野鳥 モズ 観察報告
11月のモズ
Rev.
5
Original : Fri.Nov.14'03
Updated : Tue.Nov.18'03

十一月のモズ 2003年...

2003-11-14 Fri.

 私が観察を続けているフィールドで最も活発な個体なのだが今日午前中
採集してきた彼女の画像をチェック中気付いたのだがクチバシに傷が見られ
るのだ。

2003-11-14 Fri.
観察を続けている個体のクチバシに傷を見つけた
今後の生活に影響が無ければ良いのだが・・・
Fri. Nov.14'03 08:07:24 Canon EOS 10D / EF100-400 L ISO:200
 原因はテリトリー争いなのだろうか?、それとも他の理由なのだろうか。
傷の場所が生存のために絶対必要な個所なのでとても気になるのだ。
 私は専門的知識を持ぬが、鳥のクチバシは人間の永久歯同様再生され
ないと聞く。 この傷が表面だけでなく内部にもヒビワレ等が発生していな
い事を祈りたい。クチバシの欠損は [ 生存不可能 ] を意味するからだ。

 *** この傷の数枚の画像⇒⇒
 
 彼女の過去の画像ファイルから頭部の画像を探してみた。
2003-10-15 Sat.
少なくとも 2003-10-25 の時点ではこの様な傷は見当たらない。
Sat. Oct. 25'03 09:13:59  Canon EOS-1D  EF300mm F4 L  ISO200 

 ストックしている画像情報では少なくとも 2003-10-25 の時点ではこの
様な傷は見当たらない。その後の3週間で何があったのだろうか。
 私が観察を続けているフィールドにはクチバシに異常があるキジ♂が居
る。キジの場合雑食性で地表で採餌可能だ。しかも彼の場合人家の近く
の畑に居住しているため天敵もなく年間を通じて餌が豊富なので生存可能
なのだろうが、同じ事が今回のモズには当てはるとは言えない。
_
2003-11-18 Tue.
 その後何度かフィールドへ出向き彼女の様子、採餌、高鳴き、休息などを
観察したが特に異常は見られなかった。 

2003-11-18 Tue.
発に行動しているのでクチバシの傷は大きな
影響を受けていない様だ
Tue. Nov.18'03 15:10:57  Canon D30  EF300mm F4 L  ISO200 +2/3
 枯葉色が多くなった11月の午後のフィールドで傾きかけた日光を浴びながら
一休みするモズ♀。今までと変わりなく活発に行動しているのでクチバシの傷
は大きな影響を与えていない様に思われる。

2003-11-18 Tue.
しかしうつむいた時などには傷跡がはっきり確認できる。
Tue. Nov.18'03 15:09:32  Canon D30  EF300mm F4 L  ISO200 +2/3
 
 双眼鏡の観察ではクチバシの傷の状態など細部を知る事は不可能なの
でカメラで撮った画像を拡大してみた。案の定うつむいた時などには傷跡が
はっきり確認できる。
 しかしどの様な「事件」でこの傷ができたのだろう。


モズのもくじ 
へ進む
モズ観察前の
頁に戻る
モズ観察次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
   
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name : B\HShrik_2215.html