野鳥 モズ 観察報告
11 - 12月のモズ
Rev.
8
 Original :Tue.Nov.22'05
 Updated :Sun.Aug.20'06

11 - 12月の モズ ( 2005年)

2005-11-22 Tue.

 観察フィールドには今年も昨年同様3羽がテリトリーを持った様だ。
1、
 北端の桜の大木は今年はオス(2003年はオス、2004年はメスだった)。
2、
 中央部のM建設の社員寮の TV アンテナをコアとするのは3年連
 続でメスだ。
3、
 南端の柿木畑はオスが3年連続でテリトリーとしている。

 ----------------------------------------------------------
_
北端のオス  ( 2005年)
 
まず北端のオスを紹介しよう。今年の3羽は全てシャイな性格で接近
はとても難しい。この北端のオスも樹のこずえで鳴いているのを見つけて
静かに接近しても・・・・・、すぐ木陰に姿を隠してしまうのだ。
近づくと、こずえから低い枝に素早く
降りて枝影から当方をうかがう。
 Tue. Nov.22'05 07:28:42 Canon EOS 10D EF300mmF4.0+1.4x ISO400
 木陰に隠れ、当方を伺うオス。このオスを撮影している間に私のロボット
カメラは( 画像 #0251-05-02 ) を自動撮影していたのだ。




 この2枚の画像は物陰に隠れて待ち、やっと撮れたものだ。
_
 ようやく周囲が明るくなった頃から高鳴きを始め、07:30 a.m. 頃から
畑や水田で昆虫などの食物を探している。
低い杭などに止まる時は周囲に
対する警戒心はより高まる。
 Wed. Nov.23'05 10:22:08 Canon EOS 10D EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 +1/3
 彼まで約 30m、もともとナーバスな性格なのだが、低い杭などに止ま
る時は安全のためさらに周囲を警戒するためこれ以上の接近は困難だ。
 より接近した彼の姿を得るため、今朝はキャベツ畑にロボットカメラ
セットしておいた。
キャベツ畑の中の杭に止まり
食物の昆虫を探す。
 Wed. Nov.23'05 10:22:10 Canon EOS-1D EF100-400mm+1.5x  ISO200 (自動撮影
 キャベツ畑の中の 50cm の杭に止まり食物の昆虫を探す北端のオス。


_
中央のメス  ( 2005年)
 
 M建設の社員寮の TV アンテナをテリトリーのコアにしているのは
同様に人の接近を嫌うメスだ。今朝 ( 2005-11-22 ) ロボットカメラで
姿を撮ることができた。
プロダクトモデルで得た最初の画像。
 Tue. Nov.22'05 07:45:42 Canon EOS 10D EF200F2.8 ISO200自動撮影
_
2005-12-07 Wed.
 まったく新しい異なる理論のロボットカメラを製作したのでそのテスト
をかねて観察フィールドに出向いた。
 ロボットは以前 Model-11 をテストした同じ場所にセットした。例に
よって設置作業は数分で完了するので、その後設置現場を離れる。
画像内容をチェックしてやって来たのは
フィールド中央部をテリトリーにするメスだった。
 Wed. Dec.07'05 07:45:32  Canon10D / EF200mmF2.8L  ISO400 自動撮影
 付近を30分ほど散策して帰ったところロボットのディテクトインジケー
ター
が ON していた。現場で画像内容をチェックしてやって来たのは
前回同様観察フィールド中央部をテリトリーにしているメスだと知った。
左足で獲物を掴んでいる。
彼女は左利きなのだろうか?
 Wed. Dec.07'05 07:45:34  Canon10D / EF200mmF2.8L  ISO400 自動撮影
 咥えてきたイナゴを左足で掴み直している。少なくとも来年の繁殖期ま
で、彼女はこのテリトリーを離れないだろう。今後の観察で今回同様左足
で掴かむ様子が続くようであれば、彼女は左利きだと言えよう。
 この後彼女はここで食せず獲物を咥えて飛び去った様だ。

 参考資料 モズの利き足について・⇒⇒

_
南端のオス  ( 2005年)
 
 南端のオスは、ほぼ毎朝畑の端の梅の木で会うことができる。

 Sun. Nov.13'05 06:55:25  Canon10D / EF300mmF4.0L+1.4x ISO400
 夜明け前のかなり薄暗い時間でも観察できることから、ひょっとすると
ここで夜を過ごしているのかも知れない。


 Sun. Nov.13'05 06:56:57  Canon10D / EF300mmF4.0L+1.4x ISO400 +1/3
 その後隣の柿の木のこずえで高鳴きを始める。これが彼の朝の
日課だ。

彼は時々彼女のテリトリーを
訪問しているらしい。
 Wed.Dec.07'05 07:45:22  CanonEOS 10D /EF300mmF4.0  ISO400
 南端の個体だと断定できないのだが、彼は私の観察フィールド
中央部にテリトリーを持つメスを時々訪問しているらしいのだ。
参考画像 : メスのテリトリーで見られるデート。⇒⇒

_
2005-12-16 Fri.
 昨日も今朝も中央部のメスのテリトリーに接近して以前からメスが南
端のオスとデートをしている同じ場所で、相互に 1〜2m の距離で共に
採餌行動をしていた。
彼の頭部に光る [ もの] は
何だろうか。
 Fri. Dec.16'05 08:20:32 Canon EOS 10D EF200mmF2.8  ISO400 (自動撮影)
 中央部のメスは南端のオスともちょくちょくデートをしている様だが
画像では北と南のオスの区別は困難だ。ところで、彼の頭部に光る
[ もの] は何だろう。

霜の小さな氷片が今体温で解けたのだろうか。
 Fri. Dec.16'05 08:20:32 Canon EOS 10D EF200mmF2.8  ISO400 (自動撮影)
 太陽は昇ったが地表の霜はまだ解けてはいない。霜が降りた枯れ草
の根元の昆虫でも探していた時に頭部についた小さな氷片が今体温で
解けて小さな水滴になったのだろう。
 私は個人的な識別手段で彼は南端のオスだと考えている。⇒⇒

 

モズのもくじ 
へ進む
モズ観察前の
頁に戻る
モズ観察次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
   
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name : B_H_Shrike_221611.html