野鳥 モズ 観察報告
12月のモズ
exclusive territory
Rev.
9
 Original  :Thu.Dec.23'04
 Updated : Sun.Jan.01'06
12月の モズ 
テリトリーの排他性

2004-12-23 Thu.

 一般にモズは排他性の高い性質とテリトリーを持つと記述されている例が
多い。季節も関係するのかも知れぬが、私が観察を続けているフィールドに
はメス X2 & オス X1 が居住しているが、ほとんど排他性を示す行動は見ら
れない。
 今日の観察例を以下に示す。

畑の柵にモズ・メスを見つけた。
 Thu.Dec.23'04 13:34:42  CanonEOS-1D /EF100-400mm ISO200
 畑の作物のための柵にモズ・メス(180m 先の桜の大木をテリトリーの
コアにしている)が止まった。この畑はM建設の社員寮の TV アンテナ
から約 50m に位置していて、ミズ ”TV アンテナ”のテリトリーだと考え
られる場所なのだ。

再度ファインダーを覗いた
らオスだった!?!?。
 Thu.Dec.23'04 13:34:58  CanonEOS-1D /EF100-400mm ISO200
 ファイルのタイムスタンプから分かるように16秒後オスに変わっていた。
風の強い日で(右から左に吹いている)柵の網がたなびいているが、ほ
ぼ同じ場所にオスが止まっていることがわかる。
 ファインダーから目を離していた私は再びファインダーを覗き先ほどの
メスがオスに変わっていた事に驚き、先ほどメスだと判断したのは私の
ミスだったのか・・・と考えたのだが。
_
2mの間隔で争う様子は全く見られない。
図鑑などの解説とはちょっと違うんだなぁ・・・・。
 Thu.Dec.23'04 13:35:00  CanonEOS-1D /EF100-400mm ISO200
 レンズをズームアウトして私の勘違いではなかった事を確かめる事が
できた。2m(後で実測した値)先の隣の柵にメスが止まっている。
 一般に言われる様に排他性が高いのであれば、雌雄のいずれかが
相手を追い払う行為を行うのだろうが、争う様子は見られない。
 この後メスは地表に降り獲物を捜していた。数分後オスは飛び去った。
メス同士が餌取り場で遭遇する例を良く見るのだが、この場合も争いは
ほとんど見られなかった。

2004-12-25 Sat.
 ここはオスのデイリールーティンの一部なのだろうか、この日は柵から
地表に降り獲物を捜していた。
地表で獲物を捜す。地表に降りた
直後なのでまだ尾羽が開いている。
Sat.Dec.25'04 09:09:10 Canon EOS 10D / EF300F4.0 +1.4x  ISO:200 -1/3
 地表に降りた直後なのでまだ尾羽が開いている。余談だが、飛翔後枝
や杭に止まる時や地表に着地する時、今までの勢いを止めるため、尾羽
を広げてブレーキングする場合とそうでない場合がある様だ。
 参考資料 尾羽を広げる例   ⇒⇒   ⇒⇒
 参考資料 尾羽を広げぬ例   ⇒⇒

地表で獲物得を捜す。
Sat.Dec.25'04 09:09:17Canon EOS 10D / EF300F4.0 +1.4x  ISO:200 -1/3
 緑が多かった頃に比べ、獲物の昆虫類は減っているのではないだろう
か、その後次のブッシュへ移っていった。⇒⇒

観察例 メス同士が餌場で遭遇したが争いは見られなかった。⇒⇒

観察例 2005年 :同一テリトリー内で2羽のメスが相互に争わぬ
           観察例⇒⇒
_
2005-11-30 Wed.
 今年の観察フィールドには昨年同様3羽のモズがテリトリーを持った。
各々のテリトリーの場所は昨年と同じだが、昨年はメス X2 & オス X1
だったのだが、今年はメス X1 & オス X2 の構成だ。今年の各個体の
紹介。 ⇒⇒
 各々が高鳴きをしたりテリトリー内を監視するために使う場所は昨年と
は微妙に異なるのは昨年と同じ個体ではないからなのだろう。
 たとえば、今年のメスだが、昨年は M建設の社員寮の TV アンテ
ナを主に使用していたのに今年は同じ寮の庭のイヌマキのこずえに変わ
っている。

2005-12-29 Thu.

メスを訪ねて来たオス。すでに恋人探しは始まっているのだ。
Thu.Dec.29'05 07:52:03 Canon EOS 10D / EF300F4.0 +1.4x  ISO:400
 昨年暮れ ( 2004年 ) にも観察したのだが、晩秋の頃からすでに来春の繁殖の
相手の選択が始まっている様だ。
 その後もこのメスを訪ねてくるオスが見られる。オスが訪ねてくる
様子には二種類のパターンが観察される。

パターン -1、
 メスが先に画像#019105 の杭に現れオスが現れるのを待つと
か、オスが先に現れ彼女を待つパターン。この時は鳴き声はまった
く聞かれない。

彼を待っているたのだろうか?、
単なる休息なのだろうか?
 Wed.Dec.07'05 07:23:50  CanonEOS 10D /EF300mmF4.0  ISO400 +1
 彼女は 07:20 a.m. から8分間この杭に止まっていた。この杭の高
さは 0.8〜1.2m で、通常この様な低い杭に止まるときは地表の昆虫
などを補足することが多いのだが、その様なそぶりは見られなかった。
彼を待っていたのだろうか?、単なる休息なのだろうか?。

約 20分後、彼が現れたのだが
今朝はすれ違いになった。
 Wed.Dec.07'05 07:45:22  CanonEOS 10D /EF300mmF4.0  ISO400
 約 20分後、先ほどの杭から 10mほどのブッシュに彼が現れた。彼
は時々地表の獲物を捜しながら約20分以上ここに留まっていた。
今朝は残念ながら二羽の Eyeball dating はすれ違いに終わった様だ。
 私は個人的な識別手段で彼は南端のオスだと考えている。⇒⇒


パターン -2、
 もうひとつのパターンは同じ場所にオスが現れ激しく高鳴きを始める。
それに呼応してメスもテリトリー中央のイヌマキのこずえで高鳴きを始
めるのだ。相互の距離は約 30〜40m でそれ以上の接近は見られな
い。1〜2分後オスは姿を消す時と付近で採餌を始める時が見られる。
 いつもの(#0424-05 の個体)彼と同一の個体か否かは不明だ。


モズのもくじ 
へ進む
モズ観察前の
頁に戻る
モズ観察次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
   
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
 
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
 
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name : B_H_Shrike_22166.htm