野鳥 モズ 観察報告
 飛翔.
  Rev.
11
Original :Mon.Dec.23'02
Updated :Sun.Dec.04'16

野鳥 [ モズ ] 飛翔

2002-12-23 Mon.


杭から飛び立った直後、翼を大きく広げ
浮力を得て飛翔を開始する。
Tue. Sep.16'03 07:48:04 : Canon EOS-1D EF100-400mm  ISO500
 手前の杭から飛び立った直後の状態だ。翼を大きく広げ、杭を軽く蹴り体を
空中に投げ出し羽ばたきして浮力を得て飛び去って行く。
 実は自作の自動撮影装置で彼の挙動を記録した画像に以下の様な奇妙な
格好が記録されていて不思議に思っていたのだ。
以下の二枚の画像を見て頂きたい。黄色い円内の物体は飛び去って行く
モズの体を後部から眺めたものだ。 翼が見えないではないか。


Sun. Dec.22'02 12:34:16 : Canon EOS-1D EF100-400mm  ISO200   自動撮影
_ 
羽ばたきを止めている時の
彼の体を真後ろから見る
Wed. Dec.25'02 10:36:46 : Canon EOS D30 28-135mm  ISO200  +1/3  自動撮影
 異なるセンサー、異なるカメラ・レンズでも同様の画像が得られる。
画像 #7646-6 の一部を拡大してみた。
羽ばたきを止めている時の
彼の体を真後ろから見る。
  拡大画面     


 彼の飛翔を改めて観察しなおしてみた。 水平に飛翔中の姿を観察すると
羽ばたきながら波状に飛行している・・・つまり波状と言うことは・・・上昇中は
羽ばたく事で浮力を得ているが、下降時は・・・⇒浮力が無い・・・⇒羽ばたいて
いないのだ。
 ほぼ 0.3〜0.5 秒のサイクルで羽ばたき(軽い上昇)と羽ばたきを止めた(降
下)を繰り返して飛行しているのだが、この、羽ばたきが止まっている時の彼の
体の状態は両翼を体にぴったりとつけて”運動会の直立不動”のかっこうなの
だ。 カメラは(偶然なのだが毎回)この飛び去る時の飛行中の”直立不動”を
撮影していたというわけだ。
 飛び立つ方向は彼の自由だからリクエストはできないが、ひょっとすると飛翔
中の正面画像がキャッチできるかもしれない。どんな顔で飛んでいるのだろう。

2016-12-04 Sun.

 Fri.Dec.021'05 16:38:44 Canon EOS 10D/EF200F2.8  ISO:400 ( 自動撮影)  
 上の2枚の画像が示す様に、他の野鳥同様飛翔時の空気抵抗を減らすため正面から見た胴体はほぼ正円である。



 参考画像 : 2004-11-28 正面からの画像が得られた。⇒⇒
 

杭から飛び立った直後、翼を大きく広げ
浮力を得て飛翔を開始する
Mon. Dec.23'02 11:15:25 : Canon EOS-1D EF100-400mm@300mm   ISO200 自動撮影
 
翼を大きく広げ空気の海の中へ
身を投げ出し泳ぎ始める
Mon. Sep.15'03 08:09:39 : Canon EOS-1D EF100-400mm  ISO500 -1/3  自動撮影

 

モズのもくじ 
へ進む
モズ観察
前頁に戻る
モズ観察
次頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
   
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name : B_H__2221.html