Gallery モズ
繁殖期のモズ 2006 年 2009 年
 Rev.
16
Original : Sun.Mar. 19'06
Updated : Tue.Jun.'19'12

.求愛ディスプレイ 2009年
2009-05-01 Fri.
 
自宅からl車で数分の観察フィールドで今朝求愛ディスプレイが観察できた。

 Fri. May.01'09 07:06:57 Canon EOS 30D/EF300mmF4.0+1.5x  ISO400 
 地上 2m 程の枯れ枝でオスがホジロの鳴き真似をしながらメスの眼前で頭
を斜め左右に大きく振っているのだ。メスは腹部を枝に密着させ(幼鳥の様な
止まり方だ。)オスに見入っている。
 ロール・オーバー画像なのでマウスポインターを画像上←→画像外に移動し
ながらご覧頂きたい。


この事例は頭部を水平に動かしている。
 Fri. May.01'09 07:07:01 Canon EOS 30D/EF300mmF4.0+1.5x  ISO400 
 メスもつられてか頭部を振っている。(あっち向いてほい!)。
 ロール・オーバー画像なのでマウスポインターを画像上←→画像外に移動し
ながらご覧頂きたい。




 その後メスは体の向きを変え、。


 隣の小枝に移動する。


 オスも小枝へ移動。


 メスはさらに移動して・・。


 飛び立った。ワンテンポ置いてオスも彼女を追って飛び立った。

 ディスプレイ後 ( or 途中)の二羽の挙動だが、

 ◆.スが先に飛び立ちその後メスが追いかける。 参考画像⇒⇒
◆◆.瓮垢先に飛び立ちその後オスが追いかける。(今回の事例)
、 オスが先に飛び立ちその後メスが追いかけない
    or メスは異なる方向へ飛び去る。
ぁ◆.スが途中で飛び去りメスが残される。
ァ◆.瓮垢途中で飛び去りオスが残される。

 これらのパターンはどんな意味を持つのだろうか?。


.三月の 『モズ』. 2006年


 ノーマルカブだけど、『気分はハンターカブ』。妻が作ったおにぎりは前かご、カメラ機材をロープロに入れ
Nikon の双眼鏡を首に掛け私の Beautiful Sunday は始まるのだ。


数日前からカラスの姿を見なくなった。
この巣は放棄されたのだろうか?。
 
半時間ほど走っても誰とも出会わない。道路脇の樹にカラスの巣を見つけた。

.求愛給餌. 2006年

2006-03-19 Sun.
 カワセミの求愛給餌行為は有名だがモズにも同じ行動が見られる。彼ら
の繁殖期はすでに始まっていて毎年三月中旬頃には当地(愛知県南部)
では巣立ちした一番子が見られることもある。

キジの観察に出向いたフィールドでモズ・メスを見つけた。
 Sun. Mar.19'06 07:45:17 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 
 キジの観察に出向いたフィールドでモズ・メスを見つけた。過去の経験から
この時期のメスはオスからの給餌を待っていることが多いので注意していると
・・・。

急上昇するオスが右下に記録されている。
 Sun. Mar.19'06 07:48:12 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 
 数分後メスの様子が変わった。観察現場ではメスに注目していて気づか
なかったが、画像には急上昇するオスが右下に記録されている。

メスの甘えた鳴き声がこちらまで聞こえる。
 Sun. Mar.19'06 07:48:12 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 
 30m ほどの距離だが、メスの甘えた鳴き声がこちらまで聞こえる。

オスはメスの近くの枝に逆に止まり
給餌を始めた Sun. Mar.19'06 07:48:12 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 
 オスはメスの近くの枝に逆に止まり給餌を始めた。

多くの場合、給餌は非常に短時間で行われる
 Sun. Mar.19'06 07:48:12 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 
 給餌は非常に短時間で行われ、(個人的観察経験のすべての例では)
必ずメスより低い位置から給餌している。(この件後半に補足)

 [ けんすい ] の様に体を起こして
 Sun. Mar.19'06 07:48:13 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 
 給餌が終わったオスは鉄棒競技の [ けんすい ] の様に体を起こして・・。

0〜20秒間ほどの後オスは姿を消した。
 Sun. Mar.19'06 07:48:13 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 
 画像のタイムスタンプから分かるようにこれらの動作は1〜2秒ほどの間に
行われる。この直後オスは姿を消し、メスは移動しないでこの場所でオスを
待っていた。約5分後オスは再び餌を持って現れた。結果としてこの場所で
3回の給餌が行われていた。

 いつもの様に 08:00 には観察を終え帰宅の途についたがちょっと遠回りの
コースを使った。その途中仲睦まじいモズのペアを二組見かけることができ
た。

 地上1m ほどの枯れたつる草で待つ彼女の元に現れたオス。この時は
給餌行為は見られなかった。


 去年 ( 2005年10月 ) 観察した2羽のメスが居た付近の柿の木の枝で
給餌を受けるメス(右)。あの時の個体だろうか?。
 個人的な観察経験から給餌の時メスが上位に位置してオスが下位から
餌を差し出すものだと思っていたが、今回の例は位置関係が逆だ。単なる
私の誤解だったのだろう。

参考画像 : 以前観察した求愛給餌行動例-⇒⇒  例-⇒⇒ 例-⇒⇒ 
_
.巣作り. 2006年

2006-03-25 Sat.
 もう巣作りは始まっている様だ。巣材を咥えて特定の場所へ飛んでゆく
様子が観察される。

 畑の柵を縛っているビニール紐は巣床に使うのだろうか?。

巣財を集めてもそのまま営巣場所へ直行しない。
途中で周囲の安全を確かめる。
 いったん咥えた巣財を持って巣の予定地の近くの高い枝に止まり周囲の
様子を確かめた後目的の場所へ直行する。彼らなりの安全への配慮なの
だろう。
 昨年観察した巣作りの準備 ⇒⇒

モズの巣について。 モズの巣について。⇒⇒

幼鳥の [ あそび ] なのだろうか?
 Fri. Jul.07'05 06:16:18 Canon EOS 10D#3/EF300mm+1.4x  ISO400
 これは昨年 ( 2005年7月 ) 観察した幼鳥の仕草だ。 ビニール紐で畑
の柵が縛られているのだが、この個体はその紐を引っ張る事を数回行っ
ていた。別の日に異なる場所でも同様の様子を観察したのだが、一般に
野生動物の幼い頃の遊びは将来の狩など生きてゆくための訓練の意味
があると言われるが、巣作りの材料を得る練習だと見るのはうがち過ぎ
だと言えようか。(京都の方から別の考えを頂いた。以下の幼鳥の遊び
をご覧頂きたい。)

 モズ幼鳥の遊び ⇒⇒




モズのもくじ 
へ進む
モズの観察
前の頁に戻る
モズ観察次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
   
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name :B_H_Shrike_222341.html