野鳥 モズ 観察報告
 はやにえの目的は?
  Rev.
04
Original :Wed.Jan. 1'03
Updated :Sat.May.12'07

.野鳥『モズ』の観察 : 習性.









2003-01-01 Wed.

 郊外の林の端の柿の木にわずかに残った実を求めて集まるメジロとウグイス
の観察
に出向いた。
 この柿の木の近くにモズ♀のテリトリーのコアになっている高木があり、よく高
鳴きをしているのだが、今日も枝にモズ♀がいるのに気付いた。

実は上画像白い円内に一ヶ月以上前に作られたカエルのはやにえがある
のだ。


ウグイスに気を取られていた後、ふと気付くとモズははやにえに何か
をしている。


遠目だが、どうも引き千切っている様だ。はやにえは完全に乾燥して皮が
枝に貼りついているから簡単には剥がれない様で、はやにえを咥え頭を
左右に振りながら引き千切っているように見えるのだ。


引き千切ったはやにえの一部を頭を上げ食している。
多分、骨と皮だけで肉片など乾燥してしまって無いと思うのだが。


再び熱心に枝に残った残骸をつついている。


 前回同様頭を大きく上げはやにえを食している。
この作業は約 13分間続いていた。

 モズのはやにえの目的については諸説ある様だが、私はは単なる習性
で行っているもので特別な目的は無いと考えていたのだが,
今回の例の様に再び食する例もある事を知らされた。

 20m以上離れた地点からの観察であり画像も鮮明ではないためあくまで
一つの参考例として紹介しておく。
 モズが去りウグイスの観察も完了した後枝の下まで出向き双眼鏡で観察
したがはやにえは完全に無くなっていた。
 無くなったからといって"はやにえ”のすべてを食したわけではなくて突つい
ているうちに"はやにえ”が枝からはずれ落下したのだろう。

2004-01-06 Tue.
 フィールドで彼らの作品 [ はやにえ ] を数点見つけた。今の季節に作られる
はやにえの材料は(カエル、トカゲ類は姿を消したので)昆虫(成鳥&幼虫)が
主体となる。 参考画像⇒⇒

2005-12-18 Sun.
 今朝当地は数cmの積雪だった。観察中のオスが [ はやにえ ] を食する
様子を見かけた。 ⇒⇒
_
2007-05-03 Mon.
獲物から引きちぎったのだろう、
肉片を咥えている。
 Mon. Apr.30'07 13:17:45 Canon EOS 30D/EF300mmF4.0 +1.4x  ISO:250
 繁殖期にはやにえにした獲物(ノネズミ)の肉片を小さく引きち切り
ヒナに運ぶ事例を観察した。
 参考資料 : ⇒⇒

 






モズのもくじ 
へ進む
モズ観察前の
頁に戻る
モズ観察次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
   
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name : B_H__227.html