ルリビタキ 観察報告
2005 年
Rev.
 2
 Original :Sat.Feb.12'05
 Updated :Sat.Feb.12'05
前の頁へ 次の頁へ



ルリビタキ 2005 年

2005-02-27 Sun.
 先日ダニが付着した様子を観察していたので、その後の様子が気にな
り出向いてみた。

後日、同じ場所に成鳥・オスを見かけた。
 Sun. Feb.27'05 Canon EOS 10D#2 / EF300mmF4.0+1.4x   ISO:400 -1/3
 ところが、先日と場所で見つかったのは若鳥でなく成鳥オスだった。す
ぐ姿を消したためたった1枚の画像しか得られなかったが、若鳥のテリト
リーを成鳥が乗っ取ったのだろうか?。それとも私が若鳥オスだと考え
先日の個体は成鳥メスだったのだろうか?。
 この件、いつも貴重な情報を頂いている W.K. さんからコメントを頂いた。
『弱い個体は、雌に似た羽色で繁殖のチャンスをうかがうらしい。』、
なるほど強い者、優れた者だけが子孫を残せるわけでもないわけだ。
また同様に興味のある情報を提供していただく Mさんからは『若鳥オス
と成鳥メスの区別は非常に困難だ。』とのコメントを頂いた。

2005-03-05 Sat.
 前回は短時間に姿を消したので、今日は撮影チャンスを逃さぬために
自作ロボットシステムを使用した。

Sat. Mar.05'05 08:19:20 Canon EOS 10D#1/EF200mmF2.8L  ISO: 400 -1/3 (自動撮影)
 本日も観察できたのは成鳥オスだった。付近にセットした他のロボットも
記録されていたのはメジロだけで先日の若鳥は確認できなかった。

この個体が去年と同じ個体だと確認する手段はない
Sat. Mar.05'05 08:55:31 Canon EOS 10D#1/EF200mmF2.8L  ISO: 400 -1/3 (自動撮影)
 この個体は去年と同じ個体だと確認する手段はないが、現時点のテリト
リーの主は彼だと考えて間違いないだろう。

地上で枯葉の下に潜むミミズや昆虫などを捜す。
Sat. Mar.05'05 09:52:57 Canon EOS 10D#2/EF300mmF4 + 1.4X  ISO: 200 -1/3
 いつもの様に地上で枯葉の下に潜むミミズや昆虫などを捜す。まだまだ
肌寒い日が続くが地表の雑草類はすでに鮮やかな緑色だ。

「ここを追い払われた若鳥か!!。」
・・・と思ったのだが・・・。
Sat. Mar.05'05 10:07:41 Canon EOS 10D#2/EF300mmF4 + 1.4X  ISO: 200 -1/3
 数m離れたコナラの幹に小さな影が現れすぐに消えた。「ここを追い払
われた若鳥か!!。」と、少々ピンボケのまま記録に残したのだが、胸
の羽色やオレンジの尾羽からジョウビタキ・メスだと知った。
 このコナラの幹の裏側には食料の乏しい冬季にメジロが樹液を吸いに
やってくる。⇒⇒

  ** 補足情報  **

自作ロボットカメラシステム、 Model-10
 画像 #9511-05、#9561-05 は自作ロボットカメラシステムで自動撮影
を行った。

  
ルリビタキ Top page へ 前の頁へ 次の頁へ 野鳥観察グラフィティ       
       
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
     
    File name : Blue_Tail_013.html