ルリビタキ・オオルリ 観察報告
梢の昆虫類
  Rev.
    1
 Original :Thu.Apr.15.'04
 Updated :---
  オオルリの頁へ  キビタキ頁へ


梢の昆虫類

2004-04-15 Thu.
 ルリビタキやオオルリそしてキビタキなどは、高い枝の付近を飛び
まわる昆虫をフライング・キャッチで捕捉している事は良く知られている。
 図鑑などにもその習性は記されているが、昆虫名まで記載された
例をあまり見かけない。 そこで実際に木に登って確かめて見た。
こずえ付近の昆虫を
観察して見た。
Thu.Apr.15'04 08:23:11 Canon EOS 10D/EF300mmF4 L ISO: 1600 -1/3 1/1250sec.
 登ったコナラの木は自然木で小枝がとても多く登りやすいのだが、当然
手入れなどされていない。 足を乗せた5〜6cm の太さの枝が枯れ枝で
根元から折れヒヤリとするなどけっこう楽しませてくれたのだ。
 適当な位置から枝の周囲を飛ぶ昆虫を狙う。 L=10mm 程度のハナアブ
の仲間らしい。
飛行中は前脚4本は体に付け、後脚の2本で
バランスを取って飛行しているらしい
Thu.Apr.15'04 08:30:16 Canon EOS 10D/EF300mmF4 L ISO: 1600 -1/3 1/1250sec
 野鳥などの天敵から身を守るためかこのアブはホバーリングの状態から
瞬時に任意の報告へ直線的に移動するフライング・テクニックを持っていて
撮影は簡単ではない。 対象物が小さすぎてカメラのオートフォーカスは追従
不可能だ・・つまり撮影には両手が必要なのであらかじめ用意していたロー
プで体を幹に縛り付けて撮影を楽しんだ。
飛行中は前脚4本は体に付け、後脚の2本で
バランスを取って飛行しているらしい
Thu.Apr.15'04 08:48:3211 Canon EOS 10D/EF300mmF4 L ISO: 1600 -1/3 1/1600sec
 飛行中は前脚4本は体にぴったりとつけ、後脚の2本を下げてバランスを
取って飛行しているらしい。

  
ルリビタキ Top page へ オオルリの頁へ キビタキ頁へ 野鳥観察グラフィティ        
       
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
     
    File name : Blue_Tail_08.html