ペリット ( pelet )
カワセミのペリットの観察
Rev.
13
Original :Sat.Aug.25'02
Updated :Mon.Nov.29'04

ペリット ( pelet )
カワセミのペリットの観察


 鳥に詳しい方はご存じだろうが肉食の鳥(カワセミも含む)にはいったん
呑み込んだ食物で消化できない骨やウロコ等は他の物を消化後まとめ
て吐き戻す習性がある。そしてこの吐出物はペリット ( Pelet)と呼ばれ
ている。

観察中見つけた
カワセミのペリット
Sat. Sep.21 '02 08:54
 観察中ペリットの吐き戻しを確認、彼らが去った後現場へ出向き
運良く見つけることができた。L=27mm φ=9mm 程度の大きさだ。

真夏の太陽光でもろく
なっているペリット 
ほんのわずか手を触れただけで
崩壊したカワセミのペリット
 (上・左)彼らがよく止まるコンクリートブロックの下で見つけたペリット。
数回の夕立で洗われ更に真夏の太陽光で照らされ完全に乾燥して
もろくなっている。
 白紙の上で観察したかったのだが手で触れただけでこなごなになって
しまった(上・右)。

ペリットの構成物、
彼らの食性が良くわかる
Sat. Aug.25 '02 10:47
 最も目立つのが橙色のザリガニの甲羅の破片だ。左上の円内にハサミ
も確認できる。左下の円内は昆虫(名前不明)の頭部だ。そして右上の
二つの円内はその昆虫の甲羅部分だと思われる。
最も多い白く細いものは魚の骨だ。

新鮮なペリットが入手できた 予想どうり全て小魚の骨だった
Sat. Aug.31 '02 04:21
 新鮮なペリットを入手できた。もっぱら小魚ばかり捕っていた若鳥
の物だ。ノートの罫線の間隔は 6mm なので L=20mm φ=10mm
程度だとわかる。
 自宅へ持ちかえり内容をチェックして見た。(上・右画像)
予想どうりペレットの構成物はすべて小魚の骨だった。
若鳥のため昆虫やザリガニの狩の知識は持っていないのだろうか?
画像下端のスケールはひと目盛 1 mm である。

別のペリットの観察 ザリガニのハサミなどが
観察できた
Mon. Sep.23 '02 10:21
 別の日に同じ場所から採集したペリットの内容を調べてみた。
今回のペリットにはザリガニを食した証拠が残っていた。


モズの口から落下するペリット:2004年秋 参考資料 → モズのペリット 落下の瞬間

参考資料 → 
モズのペリット
参考資料 → 持ち主不明のペリット どうもコミミズクの物らしい。
参考資料 → カワセミの食材 2001
参考資料 → ジョウビタキのペリット
参考資料 → アオサギのペリット
参考資料 → 持ち主不明のペリット

カワセミを捜そう
 トップ頁へ戻る
前の頁に
戻る
次の頁に
進む
野鳥観察グラフィティ       
カワセミもくじ
2001版
カワセミもくじ
2002版
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

 
File Name : GALLERY_KF_210.html