Gallery カワセミ
"The brothers three".
Rev.
6
Original : Sat.Aug.17'02
Updated :Mon.Aug.19'02


2002-08-16 Fri.
始めて出向いた林の中の
池でカワセミ三兄弟を見つけた
Fri. Aug. 16'02 05:06 
 以前子供と夏休みの昆虫採取に出向いた林に池があった事を
思いだし出向いてみた。多分水量の多い時期にはできないだろう
が夏の渇水期で水位は大幅に下がっているため岸辺を一周して
みる。さすがに泥の匂いが強い。水面を観察すると小魚も観察で
きる。カワセミが見つかる可能性が高いため岸辺のブッシュに隠れ
観察することとした。
 わずか五分後、なんと三羽の若鳥が現れた。仲間同士の体当たり
や捕った餌の横取りなど、かなり本気のじゃれあいが多い、多くの
野生動物の幼児期に見られる生き延びるための訓練を兼ねた遊び
なのだろうか?。
三兄弟は活発に飛びまわるため全員をを一枚の画像に取り込む事
はできなかったが愉快な半日だった。
_
経験が少なくて手加減を
知らぬため獲物を突き刺すことも多い
Fri.Aug.16'02 08:05
 小魚:ブルー・ギルの幼魚は 4cm 位だ。捕った魚を枝などに叩き
つけることなどしないですぐ食していた。すばやく食する理由は、
 1、魚が小さいため、そのまま食べれる。
 2、まごまごしていると仲間に餌を取られてしまう。
なのではなかろうか、捕獲後枝に戻り平均三秒以内で食べ終わって
いた。
 上の画像はなぜか手間取っている。よく見ると、ダイブした時の勢い
が強すぎたためだろうか、魚が上クチバシに突き刺さったたため食べ
られないのだ。そうこうするうちに魚が水面へ落下、すかさず別の兄弟
が横取りして食べてしまった。

ダイブの勢いが強すぎた例  まだ狩の感覚がつかめずこの様に
獲物を突き刺してしまう例は若鳥ではよく見られる現象だ。
_

餌取りに失敗して泥でクチバシ
が汚れた若鳥、これもよく見る
情景だ
Fri.Aug.16'02 09:27:15 Canon EOS-1D EF100-400mm ISO250
 成鳥でも餌取りを失敗することは少なくない。今回は渇水期で水深が浅い
ため失敗して泥をつかむ事も多く三羽ともクチバシは泥で汚れていた。
水中の小魚は水深 8〜16cm 程度の浅瀬に多かった事もクチバシを汚した
理由のひとつだろう。狩の経験の豊富な成鳥達はこの様な浅瀬の獲物を
獲ろうとはしないのではなかろうか?、それとも浅瀬の魚を獲る特別のテク
ニックでもあるのだろうか?。

 脚の色からこの個体が末っ子だと思われる。

_

Fri.Aug.16'02 09:15:46 Canon EOS-1D EF100-400mm ISO250
 右側から接近する仲間に対しての行動なのだが、威嚇?歓迎?
謙譲?真実は彼に聞いて見ないとわからない。個人的には「謙譲」
ではないかと想像している。

参考画像 ==>> 甘え・親愛のポーズ

こうもりくん
まい・これくしょん
毒蛇


                 カワセミ観察
前の頁に戻る
カワセミ観察
次の頁へ
カワセミもくじ
2001版
カワセミもくじ
2002版
野鳥観察グラフィティ       


デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録
撮影機材に関する
報告セクション カメラや撮影機材などの情報
 
デジカメ手作り工房
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・)  私が愛用している
レンズ類
 
  File name : Gallery_KF290.htm