Gallery オオヨシキリ
三重県 桑名市 藤が丘 大山田
Rev.
9
Original : Fri.Jun.22'01
Updated : Sat.Sep.10'05

2002-02-14 Thu.

 毎年2月上旬に防火その他の目的で葦原は刈り取られ焼却される。
そして、七〜八月頃には下の様に新しい葦原ができる。


郊外の里山の溜め池


このため池には [ カワセミ ] も現れる。 蛇足だが、このため池には [ カワセミ ] も現れる。

晩秋からジョウビタキが
やって来る。
Click here!  また秋から冬の間、画像手前に見える黒い柵の
上に野鳥ジョウビタキ・メスが毎年現れる。

2003-03-17 Mon.

 なぜか今年 (2003 年)は葦を刈り取っただけだった。
おかげでオオヨシキリなどの使用済みの巣を観察する事ができた。
 後日、この種の野焼きは(新しいルールが施行され)禁止されたと
地元の方に教えていただいた。


 これは間違いなくオオヨシキリの巣だと思う。内径 60mm 深さ 80mm 程度だ。
切り倒された葦の長さから地上 160mm 程度だったと想像できる。


 これもオオヨシキリの巣だと思うのだが、巣作り途中で放棄されたものか葦を
切り倒すとき(普通巣は複数の葦にまたがって作られるので)巣が引きちぎら
れたものではないだろうかと想像している。しかし付近には残りの巣の破片を
見つけることはできなかった。

 奇妙な偶然だが上の二個の巣の場所は一昨年見つけた場所とほとんど同じ
場所だった。

2005-08-13 Sat.
 2004年と 2005年に異なる観察フィールドで名称不明の野鳥を見かけた
姿はオオヨシキリに似ているがまったく鳴き声をあげないため確認に手間取
ったが、現時点の結論ではオオヨシキリだと考えている。
 ご存知の様にオオヨシキリは大きな声で(うるさいほど)よく鳴く事で有名
だが、この観察例(複数固体)がなぜ鳴き声を上げないのか原因は不明だ

尾羽が短い様に思われるが、オオヨシキリだろう(雌雄不明)。
 Sat.Aug.13'05 06:45:55  Canon10D /EF300mmF4.0L+1.4X  ISO400

2005-09-04 Sun.

9月上旬に見かけた。やがて日本を去るのだろう。
  Sun. Sep.04'05 07:58:42 Canon EOS-1D EF100-400mm+1.5x  ISO500 +1/3
 
カワセミを観察に出向いた溜池で見かけた。鳴き声はまったく聞かれな
かった。 2〜3週後には日本を去るのではなかろうか。

  オオヨシキリ 
前の頁に戻る
野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300gタンクを運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

 
 File name : GALLERY_PIP_3..html