Gallery ムクドリ
三重県 桑名市 大山田 藤が丘
Rev.
 03
Original : Tue.Feb.20'07
Updated :Sat.Feb.24'07
前頁へ 次頁へ


2007-02-20 Tue.
 朝の観察の帰路、[ それ ] を見つけた。最初は小枝に引っ掛かった布
切れだと思ったのだが・・・。
最初は小枝に引っ掛かった
布切れだと思ったのだが・・・。
 Tue. Feb.20'07 07:54:03  Canon EOS 30D/EF300mmF4.0 ISO640
 柿の木の枝に張られた糸に絡んだムクドリだと知った。(時々この種の
糸を見かけるが目的は不明だ。)既に絶命していると思ったのだが、近づ
いて見ると足の指先が時々痙攣しているだけだ。既に末期的症状なの
だろうか?

私の接近を知り逃れようと暴れだした。
  Tue. Feb.20'07 07:54:45  Canon EOS 20D/Σ18-50mm  ISO400 +1/2
 しかし私の接近に気付いたらしく逃れようと暴れだした。

既に体力を大幅に消耗しているのだろう。
  Tue. Feb.20'07 07:54:54  Canon EOS 20D/Σ18-50mm  ISO400 +1/2
 今まで逃れようともがき続けて、既に体力を大幅に消耗しているのだろう。
すぐにぶらんと下がったままになってしまう。
 このまま糸を切ることはたやすいが、糸を切ったとたん逃げ去る事は目に
見えている。当然その様な糸が絡んだ状態で生きてゆくことは不可能でレ
リーズの意味が無い。
 まず車から持ち出したタオルで全身を包み込む。基本的に鳥類は頭部を
カバーされるとおとなしくなるものなのだ。その後絡んだ糸を全て取り去った。
私は解剖学的知識を持たぬため骨折やその他の判断はつかない。

そっと布切れを取り除く。翼は下がったままだ。
やはり駄目だったか・・・。
 Tue. Feb.20'07 08:04:52  Canon EOS 20D/Σ18-50mm  ISO400 +1/2
 そっと布切れを取り除く。翼は下がったままだ。やはり脱臼か骨折で駄目
なのだろうか?。 しかし次の瞬間飛び立ち、よたよたと危なっかしい飛行
だがに視界から消えた。恐怖のあまり必死で飛び去ったのだろうが何らか
のダメージが残っているのではなかろうか。この先無事に過ごして行けるだ
ろうか?。
 
網に絡んだモズを見つけた。 2003年6月、同じ様に網に絡んだモズの幼鳥
をレリーズした経験がある。 ⇒⇒

2007-02-24 Sat. 
不運なムクドリはこの様な(たった1本の)
糸に絡んでしまったのだ。
 Sat. Feb.24'07 08:07:36  Canon EOS-1D EF100-400mm  ISO400
 斜めの杭に止まっているモズの近くに細い糸が風になびいている。この
様な細い糸が杭から杭へ(たった)1本だけ張られているのだが、今回ム
クドリが絡まった糸はこの様な糸なのだ。この糸の目的は不明だ。




  
カラスの観察
前ページへ
 
きれい好きな
カラスが居た
デジカメ de 野鳥観察
トップ頁に進む
デジカメ手作り工房
トップ頁に進む
観察した他の
鳥の名前と報告書
Graffiti     2    

Count : C001 Count : C029 File name : Gray_starling_01.html