キジの観察報告
2003年春.
Rev.
14
Original : Sun.Mar.30'03
Updated : Tue.Jun.19'07

*** キジ達の新年が始まる ***
繁殖期のオス達

2003 年春

 繁殖期の野鳥は羽の色や鳴き声がひときわ目立つ様になるが野鳥
[ キジ ] の場合オスの顔の赤い肉垂がより大きくより鮮やかな赤色となる。
そして早朝に「ケン・ケーン」と鳴きながら羽を打ち鳴らし「ドドー」と音を出
す [ ほろうち ]  と呼ばれる動作を 10分 〜 20分ほどの間隔で繰り返し自
身の存在をメス達にアピールする。繁殖期以外は鳴き声も回数も大幅に
変わる。

_

Mon. May.11'03 05:45:08 Canon EOS 10D / EF300 mm L + 1.4x  ISO:1600
 去年 (2002年)から観察を続けているオスの全身像、工業前の果樹園
をテリトリーにしている個体だ。
 昨夜雨が降ったせいか背中の羽が乱れている。曇日の早朝なので光量
不足もあり、胸部や腹部のメタリックな鮮やかさが撮れていないのが残念
だ。


Sat. May.10'03 06:08:49 Canon EOS 10D / EF100-400mm L + 1.4x ISO:1600
 彼の場合300m ほど離れた裏の林に [ ねぐら ] があるらしい、メスに呼び
かける場所は決っていて 50〜80cm ほどの高さの盛り土(今彼が立ってい
る)がお気に入りの場所で毎朝この上で鳴いていた。
 他の観察例では、この様に同じ場所に留まって Love call をする日もあ
れば、歩き回りながら呼びかける日もある。


Mon. May.12'03 05:46:29 Canon EOS 10D / EF300 L + 1.4x ISO:1600
 この個体は使われなくなったミカン畑の跡をテリトリーにしているオス。
次頁でオス達を紹介しよう。

繁殖期を過ぎると・・・・・・。

今の季節が彼らの換羽期なのだろうか。
Wed. Sep. 3'03 07:06 Canon EOS 10D 100-400mm + 1.4x
 鳥類は1年に1回以上全身の羽が抜け替わる時期(換羽期)がありキジの
場合8〜9月頃が該当するらしい。 この季節の尾羽はこんなにも短くなる。
円内は抜け落ちる直前の尾羽。 運が良いとフィールドで観察中拾うことも
ある。 ⇒⇒

2週間後の同一個体の姿だ。
尾羽はこれだけ伸びていた。
Thu. Sep.18'03 06:36:44  Canon EOS 10D EF300mmF4L + 1.4x
 同じ個体の2週間後の様子。抜け替わった尾羽は伸び始めているが
肉垂はより小さくなっている。


キジ 観察
もくじに戻る
キジ観察報告
前の頁に戻る
キジ観察報告
次の頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
 
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
 
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
   File name : Jap_Pheasant_101.html