キジの観察報告
藤が丘 三重県
 7月の幼鳥.・成鳥 ( 2004年 / 2005年 ) 桑名市 大山田
 Rev.
8
Original : Sun.Jun.22'03
Updated : Fri.Jun.02'06

月の 幼鳥 2004年

2004-07-04 Sun.

 今年 ( 2004年 ) 誕生のヒナに始めて会うことができた。観察フィールド
に出向く度に捜すのだが、ずっと会うことができず今年は営巣・抱卵はな
かったのか・・・とさえ考えていたのだ。
 今朝、いつもの様にMさんの空き地に車を止めフィールドに出向く途中
10m 先の草むらからキジのメスが飛び立った。しかしいつもの様に遠方へ
飛ばず近くに降りて身を隠す様子が見られない。


 Sun. Jul.04'04 06:15:13  Canon EOS 10D/EF300+1.4x  ISO200 -2/3
 『擬傷だ!。』 ピンときて彼女を無視して、飛び立った元の草むらに眼をこ
らし身を隠す直前の数羽の幼鳥を見つけることができた。 上画像がそれだ
が、3羽は簡単に見つかると思うが、画像中央部最下端に4羽目が記録され
ている。
 彼らの位置を知るには画像 #4425-04 上にマウスをスライドして頂きたい。
彼らはすぐに姿を消したが「ドジ」な1羽が仲間と外れてしまった。

仲間と離れてしまった幼鳥が
声を上げて仲間を呼ぶ。
Sun. Jul.04'04 06:16:07  Canon EOS 10D/EF300+1.4x  ISO200 -2/3
 別頁でも記したが、この様な時仲間と離れてしまった幼鳥は「ピーピー」
とかなり大きな声を上げて目立つところへ現れる事が多い。今回の場合も
仲間を捜すため倒れた杭の上で鳴き始めた。すぐに数m先から応える鳴き
声が聞こえ、彼(彼女?)は声の方向に姿を消した。
 現時点で確認できた幼鳥の数は5羽だが未確認の幼鳥が1〜2羽いるか
も知れない。なかなか彼らに会うことは簡単ではないが、次回の遭遇が楽
しみだ。

まだ雌雄の判断は
簡単ではなさそうだ
Sun. Jul.04'04 06:14:21  Canon EOS 10D/EF300+1.4x  ISO200 -2/3
 接近して子細に観察すれば可能かも知れないが、まだ雌雄の判断は
簡単ではなさそうだ。 次頁に観察経験から得たキジ幼鳥の雌雄判断
の Tips を記した。

_
月のキジ 成鳥. 2004年 / 2005年

2004-07-06 Tue.

 繁殖期を過ぎた今、成鳥メスはほぼ成鳥と同じ大きさまで育った幼鳥達
とグループ行動をしている。 オスはそのグループに参加したり単独行動を
行っている。 今朝の観察で2m程の高さの畑の杭に止まっている姿を見る
ことができた。 夜間は毎回ほぼ同じ場所でこの様に樹木の枝などに止ま
って夜を過ごすらしい。

2m程の高さの畑の杭に止まっている
姿を見つけた。
Tue. Jul.06'04 06:15:34  Canon EOS 10D/EF300+1.4x  ISO200 -2/3
 キジに興味があり3年ほど前からこつこつと観察を続けているが観察フ
ィールドのキジ達の夜間の睡眠場所はまだ特定できていない。幾つかの
状況証拠から推測している場所はあるのだが、私有地でもあり土地所有
者から入場の許可がもらえず不明のままだ。
 参考画像 : 柵などに止まるときの脚の指について ⇒⇒
 参考画像 : 2005年に見かけた柵の上の個体 ⇒⇒
_
2005-07-15 Fri.
 キジの観察・撮影は難度の高い作業だと思う。繁殖期が過ぎた今の季
節は人目につきやすい場所に現れる回数は大幅に減り、更に難度を高く
している様だ。 
日の出前のフィールドで成鳥オスを見つけた。
Fri. Jul.15'05 05:00:54  Canon EOS 10D/EF300F4.0+1.4x  ISO1600 -2/3
 日の出前のフィールドで成鳥オスを見つけた。彼は当方に気付いてい
ない。 照度不足で ISO:1600 だが 1/6 の速度でしか切れない。今日
の記録画像はこの前後のわずか数件のみ。
 参考画像 : ねぐらから出勤するキジ・オス ⇒⇒

朝霧の中でメスに呼びかける成鳥オス
Sat. Jul.16'05 05:27:54  Canon EOS 10D/EF300F4.0+1.4x  ISO800
 繁殖期はすでに過ぎたと思われるのだが、今の季節には珍しい朝霧
の中で、早朝から [ ほろうち ] をしながらメスに呼びかけている個体を
見かけた。
_
2005-07-18 Mon.
 繁殖期後のキジ/オスの鳴き声について。
サツマイモ畑の端で成鳥オスが見つけた。
Mon. Jul.18'05 06:13:52  Canon EOS 10D/EF300F4.0+1.4x  ISO400
 明るいサツマイモ畑の端で成鳥オスが見つかった。しかしいつもの様
に短時間で草むらに姿を消した。
 数分後ケン・ケーンではなく、9月〜2月頃に聞かれるコケー・コケーと
かコーコーと聞こえる鳴き声が始まった。しかも限りなく鳴き続けている
のだ。ストップウオッチで調べても、鳴き声と鳴き声の間の休憩時間は数
秒程度なのだ。 それ程遠くで鳴いているとは思えないが、姿が見えず
場所が特定できない。

やっと草影で鳴いている姿を見つけた。
Mon. Jul.18'05 06:20:50  Canon EOS 10D/EF300F4.0+1.4x  ISO400
 周囲を何度も双眼鏡でスキャンして、先ほど姿を消した場所から10m程
先の畦道に動く彼の頭をやっと見つけた。まだ鳴き続けている。繁殖期の
[ ほろうち ] の様にメスを求めて鳴くのではないと思われるが、鳴く目的は
何だろうか。

首を高く長く伸ばして鳴いている。
Mon. Jul.18'05 06:42:02  Canon EOS 10D/EF300F4.0+1.4x  ISO400
 最初の鳴き声を聞いてから27分後、首を高く長く伸ばした格好で
鳴きながら全身を現した。羽ばたかないで鳴いているため目を傷つ
ける心配はないと思われるが [ 瞬幕 ] を使っている。
回数と鳴き声のパターンは異なるが
秋でもキジは鳴くのだ。 去年の晩秋に観察した時と同様の格好
と鳴き声だ。⇒⇒
 
約30分間鳴き続けた後鳴き声を止めた
Mon. Jul.18'05 06:44:32  Canon EOS 10D/EF300F4.0+1.4x  ISO400
 約30分間鳴き続けた後鳴き声を止めた。その後はしゃがみこんだ様
な格好でその位置にいたが10分後、散歩人の接近に気付き姿を消し
た。

2005-07-30 Sat.
 今朝の観察でも上記と異なる個体のテリトリーでコケー・コケーの鳴き
声を聞いた。 鳴き声は 05:20 から 05:28 まで続いていた。

キジ 観察
もくじに戻る
キジ前の
頁に戻る
キジ次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  File name : Jap_Pheasant_303.html