キジの観察報告
9月のキジ.
 Rev.
16
Original : 2003-09-03
Updated : Mon.Sep.24'07


9月のキジ...

2003-09-03 Wed.
今の季節が彼らの換羽期なのだろうか。
Wed. Sep. 3'03 07:06 Canon EOS 10D 100-400mm + 1.4x
 今朝の観察で久しぶりにキジ成鳥メスを観察できた。脱落寸前の尾羽
が観察できる。下画像はフィールドで拾ったメスの尾羽だ。
_
9月にフィールドで拾った♀の尾羽
Camera: Olympus C-2500L
 2枚の尾羽、
上:5月頃野犬に襲われた成鳥メスの事故現場で採集したもの。
下:換羽期の今の季節にフィールドで拾ったもの。比較することで羽根の
傷み具合がよくわかる。
 参考資料→ まいこれくしょん

今の季節が彼らの換羽期なのだろうか。
Wed. Sep. 3'03 07:06 Canon EOS 10D 100-400mm + 1.4x
 ほぼ同時刻に成鳥オスも観察できた。2羽の共通点は共に抜け始めた
羽根が目立つ事だ。8〜9月が彼らの換羽期なのだろ。
_
 以下の画像は2週間後の同一個体の姿だ。尾羽はこれだけ伸びていた。
2003-09-18 Thu.
2週間後の同一個体の姿だ。
尾羽はこれだけ伸びていた。
Thu. Sep.18'03 06:36:44  Canon EOS 10D EF300mmF4L + 1.4x
 尾羽は伸びて肉垂は小さくなっている様だ。同時に冠羽もまた小さくな
っている。11月〜2月頃に見かけるオスには立派な冠羽を持つ例も多い
ので、この小さくなった冠羽は例外的なケースなのかも知れない。
 参考資料 冠羽 ⇒⇒

2003-09-05 Fri.
早朝の草原のキジ♀換羽期の
ため尾羽がみすぼらしい
Fri. Sep. 5'03 06:09:10  Canon EOS 10D 100-400mm + 1.4x
 早朝の草原に尾羽のみすぼらしさが目立つ成鳥♀を見つけた。
この個体は今年は産卵しなかった様だ。今の季節の日中に成鳥♀を観察する
事は難しい、隠れている場所から早朝に短時間餌を採りに出る以外はあまり
姿を見せないのだ。( ムクドリが足元に見えるが、双方とも全く無視。)

2003-09-20 Sat.
換羽途中のキジ♀
Sat.Sep.20'03 06:01:02 Canon EOS 10D EF300mmF4L
 私が観察を続けているこのフィールドは成長♀を2羽見かけることが
できる。このページの最初の画像と同一固体か不明だが、この固体は換
羽が今も進行中らしく画像でも数枚の抜けかけた羽根が確認できる。
数枚の抜けかけた羽根が確認できる。
Sat.Sep.20'03 06:01:02 Canon EOS 10D EF300mmF4L ( trimmed )
 ちなみに今の季節のキジが成鳥か若鳥かを区別する方法は♂はトサカ
に相当する部分が赤いので簡単だが♀は以下の様な点を区別の基準に
している。

1、成鳥♀の方が尾羽が長い事。
2、若鳥♀はグループを構成しており単独行動しないこと、成鳥♀は単独
or 成鳥♂と連れ添っている、 or 若鳥グループに参加している。
_
2007-09-24 Mon.
 今朝、自作した無線リモコン ( Model-17-B ) のパフォーマンステストに
出向いた観察フィールドで今年誕生の若鳥を見かけた。
メスが見つかった。若鳥? or 成鳥?、、、
 Mon.Sep.24'07 08:00:16 Canon EOS 30D EF300mmF4L+1.4x ISO 400
 場所は私が今年の夏 『羊小屋のオス』 と仮称していた個体のテリトリー
だ。先ずメスが見つかったがその奥にオスも見つかった。

今の季節の若鳥オスの特徴は顔面が
とても鮮やかな赤色をしている事だ。
 Mon.Sep.24'07 08:01:42 Canon EOS 30D EF300mmF4L+1.4x ISO 400
 オスは2羽だ。今の季節の若鳥オスは顔面がとても鮮やかな赤色をして
いる事が特徴なのだ。直前にメスが飛び去ったことから4羽のグループだと
知ることができた。

 2004年8月末の若鳥オス。顔面の
赤色が強い印象を与える。
Sun.Aug.29'04 14:40:28 Canon EOS 10D / EF300mmF4 L+1.4x ISO:200
 この()画像は 2004年8月末のものだが、成長オスが繁殖期の経過と
共に赤色がくすんで行くのと逆に、今の季節の若鳥オスはとても鮮やかさを
増すのだ。

背景の樹木は栗の木だ。
あの時のヒナたちだろうか?。
 Mon.Sep.24'07 08:02:04 Canon EOS 30D EF300mmF4L+1.4x ISO 400
 背景の樹木は栗の木だ。あの時のヒナが成長した姿なのだろうか?。
メスはブッシュに姿を消して、、、。

2羽のオスも飛び去った。
逃げた理由は・・。
 Mon.Sep.24'07 08:02:06 Canon EOS 30D EF300mmF4L+1.4x ISO 400
 2羽のオスも飛び去った。直後に(私は車内から撮影していたのだが)
車窓を背後からノックする音が聞こえ、『すまんなー鳥を驚かせてしもう
た。』 と普段の観察時に時々見かける犬連れの方が声を掛けてきた。
キジが飛び去ったのはこの方の接近が原因だったのだろう。

キジ 観察
もくじに戻る
キジ観察前の
頁に戻る
キジ観察次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
  File name : Jap_Pheasant_305.html