キジの観察報告
Dating.
 Rev.
18
Original : Sun.May.04'03
Updated : Fri.Jun.15'07

Dating .  ( 2003 年 )

2003-05-05 Mon.  
機能まで bachelor だったのに
今朝は♀を連れている
Mon. May.05'03 06:42:08  EOS-1D EF100-400mm + 2x  ISO250
 早朝から田んぼの畦道でオスの鳴き声が聞こえる、このオスは昨日近
くの畑でメスを求めて鳴いていた個体だろう。今日は田んぼから Love call
かと双眼鏡で鳴いている場所を捜したところ、なんとペアでデートの最中
だった!。
 見晴らしが良いところなので気付かれずに接近は困難だが今朝は車な
ので静かに近づき観察する。真正面から朝日を受ける(逆光)場所なので
見づらい画像はお許し願いたい。
_
 [ ほろうち ] を行うのは♀を得た喜びか
Mon. May.05'03 06:42:32  EOS-1D EF100-400mm + 2x  ISO250
 回数はとても少ないが [ ほろうち ] を行うのはメスを得た喜びか他のオス
に対する勝利宣言だろうか。

♀が身をしゃがめ動かなくなった。
『交尾を♀が誘ったのか?』
Mon. May.05'03 06:42:58  EOS-1D EF100-400mm + 2x  ISO250
 突然メスが身をしゃがめ動かなくなった。明らかに餌を採る姿勢ではない、
 『メスが交尾を誘ったのか?』 気付いたオスが駆け寄る。しかしオスを
ふりきり立ち上がり直後に翼をバタバタと打ち振る。(下画像 )
 後日観察できた彼らの交尾⇒⇒

♀の羽ばたき、なにか意味があるのだろうか、
Mon. May.05'03 06:42:59  EOS-1D EF100-400mm + 2x  ISO250
 このメスの羽ばたきはなにか意味があるのだろうか、多分大きな意味は
ないと思われるのだが・・・。

その後なか睦まじく畦道デートを続けた。
Mon. May.05'03 06:43:24  EOS-1D EF100-400mm + 2x ISO250
 その後なか睦まじく食事デートを続け観察不可能なブッシュに消えた。
観察時間 6:00〜06:44

_
3月のオス.  ( 2007 年 砂山のオス )

2007-03-15 Thu.
 アマチュアの数年間の観察経験から得た知識で権威のある説ではないの
だが、キジ・オスは年間を通じてねぐらから餌場へ [ 通勤 ] していると言える。
そしてこのコースは数種類あり様々な状況(季節や天候、途中の障害物など)
に応じて臨機応変に選択される様だ。

新しいフィールドで相手に気付かれず
キジを見つけるのは余り簡単ではない。
 2007年から観察フィールドを変更したため、このフィールドのキジ・オスの [
] コースを掴む事がひとつの課題だったが、()がそのコースのひとつだと
分かった。

参考資料 :キジ・オスのルーティンワークについて。 ⇒⇒

農機具の小屋の付近を通って
通勤している様だ。
 さらにこの()農機具の小屋の付近を通ることも掴めてきた。

人が近づいたため畝の間に
体を沈めて身を隠す。
 その後、近くの団地の住人が利用している賃貸し農場の畑で餌を捜すこと
も分かってきた。人が近づいたため畝の間に体を沈めて身を隠したところだ。
隣にぼんやり見える野鳥は、今の時期に多く見られるツグミだ。

 参考資料 :相手から身を隠す例。 ⇒⇒

美しいクチバシの色から昨年
誕生した若鳥だろうと思われる。
 Thu. Mar.15'07 07:31:56  CanonEOS 30D /EF300mmF4.0+1.4x  ISO400 +1/2
 彼は美しいクチバシの色から昨年誕生した若鳥だろうと思われる。
キジのクチバシの色は年齢に応じてすこしずつ変化する様だ。

 参考資料 :キジのクチバシと虹彩について。 ⇒⇒


彼は(今のところ)ほとんど鳴かない。
 すでに繁殖のシーズンなので周囲からほろうちの羽音や鳴き声が聞こえ
るが、彼は(今のところ)ほとんど鳴かない。私の観察時間は早朝の1〜2
時間だけなので単に私が聞くチャンスが少ないだけなのかも知れない。また
顔部の赤い肉垂も四月頃にはもう少し大きくなるのではないだろうか。

MOS Master of sand hill と仮称しているオス
 その後の観察で彼は農地の隅の盛り土の上でほろうちをする習慣がある
事を知り、他の個体との識別のため [ 砂山のオス ] と仮称する事にした。

_
2007-03-22 Thu.
 今朝は寄り道して昨年の観察フィールドの付近を経由して今年からのフィ
ールドに出向いた。
数年前から観察を続けている
K果樹園のオスだと思われる個体に会えた。
 Thu. Mar.22'07 06:11:34  CanonEOS 30D /EF300mmF4.0+1.4x  ISO800 +1/2
 実は昨年まで観察を続けていたキジたちに会えるのではないか・・・。
と心密かに期待していたのだが、 [ 果樹園のオス ] と思われる個体を
彼の通勤コースに見かける事ができた。車内からの撮影なので少々 OOF
(ピンボケ)だが、つくしが顔を出したあぜ道をいつもの様に彼は出勤して
いる様だった。ちなみに背景の若緑色は麦畑だ。収穫期と聞くと秋のイメー
ジが強いが麦の収穫期は5月末で、その頃に撮ると背景は明るい黄金色
の画像となる。 ⇒⇒ 
 画像上にマウスをスライドするとつくしが示されます。
_
2007-03-26 Mon.
 今年から観察を始めたフィールドでは今のところオスのテリトリーだと思わ
れるエリアが3ヶ所確認できた。
今年初めてのオスの求愛行動を観察できた
 Mon. Mar.26'07 05:45:32  CanonEOS 10D /EF100-400mm+1.5x  ISO800 -1/2
 今朝は今年初めてのオスの求愛行動を観察できた。照度不足でオスの
鮮やかな赤い肉垂れがくすんだ色に見えるのが残念だ。

EOS-1D に切り替え ISO 1250 で試してみた。
 EOS-1D に切り替え ISO 1250 で試してみた。充分太陽が昇ってから撮
影したほうが、より鮮やかな色彩が得られることは分かっているが、周囲は
レンタル農場で早朝から出向いて見える熱心な方々が多く気配を察したキ
ジは早々に姿を消すため、撮影チャンスは早朝の僅かな時間に限られてし
まうのだ。

ようやく太陽が顔を出したのだが・・・。
 案の定、畑に人が現われ、気付いたキジたちは姿を消した。皮肉なもの
で、いつもキジが姿を消してから太陽が昇り撮影に適した照度になるのだ。


キジ 観察
もくじに戻る
キジ前の
頁に戻る
キジ次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
    File name : Jap_Pheasant_33.htm