キジの観察報告
キジ・オス同士の争い ( 2006 年)
 Rev.
28
 Original :Fri.Jul.14'06
 Updated :Sat.May.23'09

キジ・オス同士の争い ( 2006 年)

2006-07-14 Fri.
いつもの観察フィールドに出かけて 
Broke tail をあぜ道に見つけた。
 Fri. Jul.14'06 06:04:47 Canon EOS-1D/EF28-135mm @29m  ISO400
 いつもの観察フィールドに出かけて Broken tail をあぜ道に見つけた。位置は
上()の大きなホワイトサークルの中だ。

I'm sure he is the broken tail.
 先日までぶら下がっていた折れた尾羽は落下したのだろうが先端のコー
ンの無い尾羽の形状から Broken tail と断定できる。
 彼の周囲を観察するが先日デートしていたメスは付近に見当たらない様
だが彼女は交尾後産卵 & 抱卵を始めたのだろうか?。

彼は当方に近づいて来た。車内から良い
画像が得られるかと喜んだのだが・・・。
 Fri. Jul.14'06 06:06:14 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x   ISO400
 Broken tail が向きを変えこちらに近づいて来た。撮影チャンスだと喜んだ
のだが私の背後に散歩人が現われ彼は水田に逃げ込んだ。

メスも現われた。どうも先ほどまで
デートをしていた様だ。
 Fri. Jul.14'06 06:06:24 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x   ISO400
 ほぼ同時にメスが土手下に顔を出した。2羽はデートしていたのだが私の
車の接近に気づいた(用心深い)メスが身を潜めていたのだろう。

遠方に別のオスが飛来した。
 Fri. Jul.14'06 06:10:10 Canon EOS 20D/EF300mmF4.0+1.4x   ISO400
 さらに別のオスが40m ほど先に飛来した。(トップ画像 #9920-06 の小
さなホワイト・サークルで示す位置。) このオスは普段は 200m 程北の
収穫の済んだ麦畑に現われる個体だろう。
 3羽を一枚の画像に記録したいがセットしたレンズの画角では困難だ。こ
の状態で大きな変化も無く約30分が経過する。
_

 Fri. Jul.14'06 06:45:24 Canon EOS 10D/EF100-400mm @100m  ISO400
 Brokentail は手前の水田の端に潜んだままだが、メスは土手の途中で餌
をついばみながら時々頭を上げたりしている。飛来したオスはその彼女の動
きに気づいたのだろうか手前へ進み始めた。この後彼はほろうちを行い、その
鳴き声を聞いたメスは直後に農道を横切り姿を消した。

理由は不明だがメスがそそくさと姿を消した。
 Fri. Jul.14'06 06:52:24 Canon EOS 10D/EF100-400mm @100m  ISO400
 理由は不明だがメスがそそくさと姿を消した。その後 Broken tail も鳴き声を
上げながら飛翔して 30m 先の水田に姿を消した。彼の行動は [ 逃げた ] 様に
私には感じられたのだが、、、、。私が現在車を止めている場所は農道なので
他人の迷惑を考え、事前に許可をもらっている空き地まで車を移動する。その
後カメラを抱えて先ほど Broken tail が消えた付近へ進む。
_
あぜ道では既に二羽の
にらみ合いが始まっていた。
 車を移動している間に Broken tail を追って来たのだろうか既に二羽のにら
み合いが始まっていた。数分にらみ合った後相互に体をぶつけ合う鈍い音が
聞こえる。2羽はほぼ同等の戦闘能力を持つ様で一進一退を繰り返しなが
ら威嚇とぶつかり合いを続けている。

一般にオス同士の争いは3〜5月頃に
観察されることが多いと聞くのだが・・。
 Fri. Jul.14'06 07:12:39 Canon EOS 10D#2/EF100-400mm @185mm +1.5x   ISO400
 飛び上がった方は両足をそろえ蹴爪で攻撃している。下手な文章より以下
に画像を並べるだけで雰囲気は掴んでいただけると思う。

頭を下げ睨みあう。喉が大きく
波打つ様子が見て取れる。

繁殖期でなければオス同士は
この様に争わぬものだ。
 Fri. Jul.14'06 07:13:59 Canon EOS 10D#2/EF100-400mm @115mm +1.5x   ISO400


 Fri. Jul.14'06 07:18:12 Canon EOS 10D#2/EF100-400mm @115mm +1.5x   ISO400

片方はこそこそと水田の中に消えた。
Broken tail は勝利を得たらしい。
 戦いは約1時間続いた。結果として相手はこそこそと水田の中に消えた。
Broken tail は勝利を得たらしい。

争いは『里山の片隅で人知れず行われた・・・・。』
実は・・・・・。

 さてこのダイナミックな争いは『里山の片隅で人知れず行われた・・・・。』
とキャプションを付けたいところだが・・・。以下()の画像をご覧頂きたい。



 近くの小学校の通学路から3〜4mの所で行われたのだ。子供たちに
は見慣れた出来事なのか足を止める事もなく談笑しながら進んでゆく。
 蹴爪をどの様に使って戦うのか具体的に解説しよう。 ⇒⇒

2006-08-12 Sat.
 多くの野鳥同様繁殖期を過ぎたキジは8〜9月にかけて換羽期に入る。
この付近で換羽が始まったオスを見かけた。 ⇒⇒


その後地方紙の小さなコラムに記載された。
 その後この画像は地方紙の小さなコラムに紹介された。


キジ 観察
もくじに戻る
キジ前の
頁に戻る
キジ次の
頁に進む
 
    野鳥観察グラフィティ       
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  File name : Jap_Pheasant_4307.html