キジの観察報告
観察・撮影のための Tips -.
 Rev.
14
Original :Thu.Mar.25'04
Updated :Wed.Sep.05'07


撮影のための Tips . 2 of 2

 野鳥類の撮影には車を使用して車内から撮影する手段があり、多くの
野鳥に効果があり無論キジにも効果はあるが、キジの場合より慎重な方
法が望ましい。 キジは地表で生活する野鳥なので他の野鳥以上に周囲
の状況に敏感なのだ。
 個人的に試した例だが、夜間 03:00 a.m. 頃キジの通路から数mオフセ
ットした位置にブラインドをセットして撮影を試みた事がある。 最初はブラ
インドの中に入らず遠くの車内から観察したのだが、彼は 20m 程の位置
でブラインドに気付きいつものコースを変更してわき道にそれて目的地へ
進んで行った。 別の日に異なる場所にブラインドをセットした時も同様だ
った。
 ブラインドと違い車の場合、彼らは普段見慣れているせいか抵抗が少な
い様だ。 しかし車内でカメラやレンズ操作のための動きが大きいと気付い
て逃げ去る事が多い。

 上の画像はセダンの後席から狙った時、こちらの動きを隠すためテント用
の布を使っている例だ。 カメラの位置が高いが、このセダンは後席の窓ガ
ラスは途中までしか下がらぬためだ。

2005-01-08 Sat.
 こちらは取材専用車の Suzuki Kei の車内だが、上記同様窓に布切れを
下げ当方の動きを相手に知られぬ様にしている。
 お気づきだろうか?、布切れは相手側でなくカメラを構える私の背後に下
げてあることを。これは私の背後をカバーすることでカメラを操作する体の動
きを相手に知られぬためなのだ
寒い季節は車内から狙う事が多い。
_
 下の画像は何だろう。

 3月下旬のある日 07:00 a.m. 頃に車内からキジを狙ってファインダーを
1〜2分ほど覗いたのだが、自身の呼吸、つまり鼻からでる呼吸が冷えた
カメラに触れ水滴ができている。

 数分ファインダーを覗く動作を行えば、大げさでなく水滴が(黄色の円内)した
たり落ちる。 冬季とか屋外撮影ならば結露は当然起こる事なので、マスク等
を使うものだが、気候が良くなった春先の車内でもこの程度の結露が起こり得
る事を知っていた方が良いだろう。
 1〜2月の早朝の屋外であれば、この水滴は数分で氷滴に変わる。不注意
でレンズに息を吹きかければレンズ表面にきれいな氷の結晶ができ上がる。
その状態で撮ればレースのカーテン越しに撮ったような画像ができ上がる。
 
参考画像 :  11月の早朝の無人撮影でレンズが結露した画像例 ⇒⇒

_

Thu. Mar.25'04 08:10:22: Canon EOS 10D / EF300mmF4.0L ISO:200
 数m先を早足で自然な姿勢で進んで行くキジ、この様な画像は当方の
体を(車などで)隠さないと撮れない場面だろう。
 画像の彼は繁殖期に約 100m 先にメスの姿を見つけ、早足より早く駆け
足より遅い速度で彼女の元へ急ぐ若いオス。
_
多くの軽自動車同様スペースユテリティは
良く考えられている。
 多くの軽自動車同様スペースユテリティは良く考えられている。日常の
用事に使っている 2 リッター・セダンでは不可能だが、助手席をフルに前
へスライドすれば、画像の様に三脚にセットした DSLR が2セット車内に
セットできるのだ。

2007-05-13 Sun.
背後からの光の遮断が重要だ。
 画像 #514303-05 から数年経過後も同じ様にカメラをセットして撮影する
事が多い。(状況説明のためリア・レフト・ドアを開けている。)
 背景の運転席側の窓をカバーしているシートは日本野鳥の会の(一時カタ
ログから姿を消していた)カモフラージュシート # 401400 \2,650.- W/Tax
で背後からの光を遮断して車内のカメラ操作を気付かれぬために使用してい
る。
 窓枠にカメラを固定するアクセサリーも市販されているが机上のアイデア
製品で実際の撮影現場では役に立たない様に思われる。その理由を以下
に述べる。

カメラは充分車内に引き込んだ方がベターだ。
 カメラのレンズ部を窓外に出さず車内に引き込むことで、
.譽鵐困窓外に出ていると、キジの挙動に対応してレンズが動くため気
 付かれ易いこと。
雨天でもカメラ/レンズが影響を受けぬこと。
キジの場合早朝撮影が多いが、この時間帯は気温が急激に変化するこ
  とが多いためレンズの結露防止に有効な事。


 約 20m の距離から [ 植木屋のオス ] を狙う。最適のアングルを得るた
め車を前後に移動する事も多いが( Suzuki Kei の場合リアシートから運転
が可能だ。)彼は当方を全く意識せずのびのびと振舞っている。この時に
撮った画像()だ。

約 20m の距離から APS-C サイズの DSLR と
300mm レンズで得た画像。
 Sun. May.13'07 08:52:53 CanonEOS 30D /EF300mmF4.0  ISO500-1/2

蚊取り線香が目立つ”撮影現場”
 こちらは異なる日の車内の様子でこの日はリモコンを多用した。まず目
に付くのが蚊取り線香だ。当地(愛知県南部)では撮影場所によっては
3月末頃から [ 蚊対策 ] は必要で色々トライした結果昔ながらの蚊取り
線香がベストだとの結論だ。双眼鏡リモコン・コントローラー( 3set ) 等
がリアシートに乱雑に転がっている。
_
ブラインドを利用した撮影の Tips

相手の立場で考える・・。これは
野鳥観察もビジネスも同じだ。

 このページの最初にブラインドはキジの観察・撮影には適していない様だ
と記したが、まったく使えないわけではない。車をブラインド代わりにする時も
同様だが、注意する事は相手がキジの場合、上()画像の様にレンズを
外部に突き出さない様にすることでそれなりの効果が得られるのだ。
 できれば友人などにブラインドに入ってもらい、貴方自身がキジの立場に
なって 10〜20m 離れた位置からブラインドを眺めてみれば分かることだが
対象物を狙うレンズの動きはかなり目立つのだ。

 参考資料 : ブラインド本体の解説 ⇒⇒

2006-08-26 Sat.
 具体的な撮影例を挙げよう。
ブラインドに潜み彼を待ってみた。
 Sat.Aug.26'06 05:54:47  Canon EOS-1D/EF28-135mm @28mm ISO800
 キジは(特にオスは)年間を通じてねぐらから餌場へいくつかのルートを通
って [ 通勤 ] している。今朝はそのコースの近くにブラインドをセットして彼を
待つことにした。彼は上()画像の白い矢印で示したコースをいつも通るの
だ。
 参考資料 : キジの通勤コース機⇒⇒
 参考資料 : キジの通勤コース供⇒⇒ 

06:30 a.m. 珍しくメスが現われた。
 Sat.Aug.26'06 06:25:21  Canon EOS-1D/EF100-400mm @400mm ISO640
 06:30 a.m. 珍しくメスが現われた。換羽期なので尾羽が抜け落ちてみす
ぼらしい姿だ。

後を追う様にオスも現われた
 Sat.Aug.26'06 06:25:49  Canon EOS-1D/EF100-400mm @400mm ISO640
 後を追う様にオスも現われた。過去の観察例では稲穂をついばみながら
あぜ道を手前方向に進んで来るのだ。

姿を見せたオスは歩みを止め 20秒ほどその位置に
留まっていたが方向を変えサトイモの陰に姿を消した。
 Sat.Aug.26'06 06:35:42  Canon EOS-1D/EF100-400mm @400mm ISO640
 そのままあぜ道を進み画像 # 0038-06 に白円で示す、サトイモの陰から
姿を見せたオスは歩みを止め 20秒ほどその位置に留まっていたが方向を
変えサトイモの陰に姿を消した。

続いてサトイモの影から姿を見せたメスも同様の行動を取った
 Sat.Aug.26'06 06:37:06  Canon EOS-1D/EF100-400mm @400mm ISO640
 続いてサトイモの影から姿を見せたメスも同様の行動を取った。彼女の
位置からブラインドまでは約 12m だ。過去の観察経験からレンズはブラ
インド内部に引き込んだ状態で不要に動かす事などしなかったのだが、
やはり普段と異なる [ 物 ] ;ブラインドに不審感を持ったのだろうか?。
 
先日の例ではブラインドを使わず(同じ場所で)
折りたたみ椅子に腰を掛けただけだったのだが・・。
 Tue.Aug.22'06 05:34:47  Canon EOS-1D/EF28-135mm @28mm ISO640
 先日の例ではブラインドを使わず(同じ場所で)折りたたみ椅子に腰を掛け
私の全身を曝したまま彼を待ったのだが、彼は躊躇せずにコースを進んで行
ったのだ。

先日は身を隠さぬ私の 10m 先を平気で進んで行ったのだ。
 Tue.Aug.22'06 06:07:22  Canon EOS 20D/EF300mmF4.0 +1.4x SO1600
 先日は身を隠さぬ私の 10m 先を平気で進んで行ったのだ。先日は彼と
私の間には畑の作物用の網があったのだがこの網が何か影響している
のだろうか。

キジ 観察
もくじに戻る
キジ前の
頁に戻る
キジ次の
頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
 
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
 
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう  
 


 
 
File name : Jap_Pheasant_A1html