観察報告 イタチ
<FONT size="3" color="#ccffcc">愛知県 野生 イタチ いたち 観察</FONT>
Rev.
38
Original :2003-12-03-Wed.
Updated :Sat.Apr.24'11.
前頁へ 次頁へ
Page 1 of 19
_
もくじ
 2003年12月  自宅物置に姿を見せた。 ⇒⇒  
 2006年10月  観察フィールドで見かけた ⇒⇒  
 2006年10月   彼女(彼?)の大きさを知りたい ( その - 1 ) ⇒⇒  
 2006年10月  再び自宅物置に姿を見せた。同一個体か?⇒⇒   
 2006年11月  卵を好むのだろうか?。 ⇒⇒  
   狭い隙間でも侵入するそうだが・・とおりゃんせテスト-1 ⇒⇒  
   狭い隙間でも侵入するそうだが・・とおりゃんせテスト-2 ⇒⇒  
   どうやって卵を運ぶのだろう?。えっさほいテスト ⇒⇒  
   小さな昆虫も食するそうだ。 虫ハント・テスト ⇒⇒  
   物置の PC が勝手にスリープから目覚めるのだが・・。⇒⇒   
 2007年4月  彼女(彼?)のダイニングルーム?を見つけた。 ⇒⇒  
 2006年12月  彼らの天敵は? 庭でロボットカメラが記録 ⇒⇒  
 2007年10月  再会できたが 以前と同じ個体だろうか?、⇒⇒  
 2008年4月  2007年から観察を始めたフィールドで見かけた ⇒⇒  
 2008年4月   自宅物置・庭に傷ついた姿を見せた。何があったのか?。⇒⇒  
 2008年4月  狭い隙間でも侵入するそうだが・・とおりゃんせテスト-3 ⇒⇒  
 2008年4月  彼女(彼?)の大きさを知りたい ( その - 2) ⇒⇒  
 2008年4月  38mmφの穴を通過できた。・・とおりゃんせテスト-4 ⇒⇒  
 2008年5月  誰と戦ったのだろうか?。目と耳の障害を確認 ⇒⇒  
 2008年5月  どの程度の力を持っているのだろう?。つなひきテスト ⇒⇒  
 2009年4月  ほぼ1年ぶりで自宅物置に姿を見せた。(新顔か?) ⇒⇒  
     
     
 Appendix  Tips of 撮影テクニック 赤目現象 ⇒⇒  
   夜間撮影用 AFアシストランプ( DC type) の制作 ⇒⇒  
   夜間撮影用 AFアシストランプ( AC type) の制作 ⇒⇒  
     

_
イタチ イタチ 2003年 いたち
_
2003-12-03 Wed.

 我が家は森の中や平原の一軒家でもなく、大きな住宅団地(小学校が6
校以上あるので大きいと言っても間違いではないだろう)の中の住宅だ。
しかしコウモリ君がすみ込んだり、 毎年、冬の間はジョウビタキ君が物置
をねぐら
にするなど、(今年 2003年で4年目だ。) なぜか野生動物に好か
れる家なのだ。
 memo ⇒ 2002年の時点の資料では 約 6,000 世帯、約 20,000 の
人口だそうだ。
数千戸の住宅団地の中の小さな家を
珍客が訪問してくれた。
 近くの丘から眺めた団地。この中の我が家を珍客が訪問してくれたのだ。
 昨夜 新しく我が家を訪ねる動物を知った。私は野鳥撮影が主目的でデ
ジカメを所有しているが、接近の困難な野鳥の対策として自作の動物セン
サー
をカメラと連動させて撮影を行う場合もある。
 新しいアイデアのセンサーのテストを夜間周辺を歩き回る近所の飼い猫
をキジなどの小型野生動物に見たてて行ったのだが・・・・・。 
以下の様な小動物が記録されていた。

我が家は都会派だと思っていたのだが
こんなのが居るとは知らなかった。
Tue. Dec.02'03 23:42:20 Canon EOS 10D EF28-135 mm @28 ISO200 Speedlite 550EX
 雌雄は不明だがニホンイタチだと思われる。
けっこう可愛い顔をしている。
また足の指も猫とか犬とは明らかに異なる形状だ。顔のアップを以下に載せ
ておく。

イタチの顔をまじまじと見るのは始めてだが
けっこう可愛い顔をしているじゃないか。
Tue. Dec.02'03 23:42:25  Canon EOS 10D EF28-135 mm @28 ISO200 Speedlite 550EX
ニホンイタチ(雌雄不明)だと思うのだが、、、。

 飼い猫などの場合、最初のストロボの光で異常を感じ取り 0.5 秒以内に向き
を変え姿を消すが、いたち君の場合ストロボ光を受けてもきょとんとしているだ
けだ。 野生種と飼育種の反応が逆の様にも思えるが、この個体のみの現象で
一般のイタチはこの様な場合のリアクションは素早いのかも知れない。

彼は少なくとも3分以上
ここに居た様だ。
Tue. Dec.02'03 23:43:40  Canon EOS 10D EF28-135 mm @28 ISO200 Speedlite 550EX

 今回のテストに使用したセンサーは検知する範囲を狭くしたモデルなので
その後彼は検知範囲外に移動しためカメラは約 20 ショットの撮影後動作を
停止したが、その後彼はふたたび検知エリアに戻って来た。  ファイルのタ
イムスタンプから少なくとも3分以上センサー周辺に居たと考えられる。
 ちなみに尾と体の長さの比が種類を特定する条件のひとつらしい。

 今回使用のロボットカメラは上()の画像 # 4871-4 の左手前に写って
いる Model-5だ。

過去動物センサーをテストしたのは数回だが毎回近所の飼い猫がキャッチさ
れていてイタチは今回が始めてだ。 数日モニターを続けて彼が再び顔を出
すか調べて見たい。
 結果としてこの努力は無駄だった。二週間ほどモニターしてみたが得られる
ものはなかった。彼(彼女)は行きずりに我が家へ立ち寄っただけだったらしい。


イタチ  2006 年.


2006-10-22 Sun.
観察フィールドでイタチに会うことができた。
 今朝観察フィールドでイタチに会うことができた。⇒⇒

2006-11-09 Thu.

 数日前、前回(三年前)と同じ個体か否かは不明だがイタチが再び物置に
現われた。得られた情報を整理してリポートする予定だが、最近の彼(彼女)
を再度紹介しておこう。 その後の状況: ⇒⇒

Thu. Nov.09'06 00:24:27 Canon EOS 20D EF50mm  ISO400 Speedlite 550EX Robocam Model-4

_
イタチ  2009 年.
 前述したが私は自身で設計・制作した野生動物記録用のカメラシステムの
テストやベリファイを庭や物置で行う。テストの回数は1ヶ月に0回の事もあれ
ば20日を超すこともある。多くの場合近所の飼い猫やノラ猫が記録されるが時
にはイタチが記録される。
 昨夜、2009年最初のイタチの画像記録がカメラに残されていた。
2009-04-07-Tue.
4月に記録される件数が多いのは
繁殖期で異性を求めて徘徊するか?。
Sun.Apr.05'09 23:08:36 Canon EOS 10D EF50mm  ISO400 -1/2 Speedlite 420EX(改)  RCS Model-4
 4月に記録される件数が多いのは繁殖期で異性を求めて徘徊するからだろう
か?。

左耳や右目の傷を確かめるが
異常は見られない。
 画像をトリムして左耳や右目の傷を確かめるが異常は見られぬため昨年と
同じ個体
ではなさそうだ。


イタチ観察
次の頁へ
野鳥観察グラフィティ        
 

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  Count :05 File name : JP_Whasel_1.htm

イタチ君