Gallery イタチ
愛知県 イタチ 観察
. いたち
Rev.
08
Original :Sat.Nov.25'06
Updated :Thu.Jul.07'11
前頁へ 次頁へ
Page 10 of 17

イタチ についての考察   2006年.
今回のテストは ”とおうりゃんせ”

 
この頁はテンポラリーな物です。近日中に再編集の予定で、画像の
追加削除の可能性があります


2006-11-25 Sat.
 
イタチについて試したいこと調べたいことは沢山あるが、先日 web で見か
けた”幅 30mm の隙間から侵入して鳥小屋を襲った”とのリポートが印象に
残っている。本当だろうか?、我が家を深夜に訪れるイタチ嬢に実験を頼む
事にした。
新しいテストを行うことにした。
 まず上()の様な板を用意した。真ん中にあいている穴は 40mm φだ。
今回はひとまず 4cm の穴を通過できるか否かを試すつもりだ。

直径4cmの穴。
 穴の直径は 4cm だ。穴の周囲をかじって広くしようとしても対応できる
様に9mm厚のベニヤ板を使用した。またベニヤ板特有の臭いを避けるた
め古材を使用した。

今までの侵入口だ。
 こちらは昨夜彼女が物置を出て行く時のもので尾の先端が侵入口に見え
ている。ここに今回の板をセットするのだ。すると・・・・。

今後は”狭き門”になるのだが・・・。
彼女は侵入可能だろうか。
 この様な状態になる。もし彼女がこの穴を通過できず板の向こうに居て
も、ロボットカメラのセンサーはこの 4cm の穴から彼女の姿が見える状
態ならば感知可能だ。今夜この”狭き門”を通って彼女が物置に侵入でき
るだろうか?。

屋外の侵入口。 開口部は 60x130mm 
のサイズだ。
 Camera Olympus C-2500L
 こちらは物置外部から見た彼女の [ 通用口 ] (上のエッグ・サークル
で示されている)で入り口の大きさは 60 x 130mm で内部は 50 x 80
mm に狭まくなっている。今回はその先に更に [ 狭き門 ] を作ったわ
けだ。
 何とか侵入したが脱出できずストロボの照射にあせり”イタチの最後○”
を噴射することは・・・・ないと思うのだが・・・・。

2006-11-26 Sun.
 
さて結果はどうだろうか?。今回のロボットは書斎への通信機能を持た
ぬため現場へ出向かぬと結果は分からない。翌朝物置に出向くとインジケ
ーターが Something was detected を示している。
やはり 4cm φの[ 狭き門 ] は
彼女には厳しいようだ。
 Sat.Nov.25'06 05:06:34 Canon EOS 30D / EF28-135mm @80mm ISO400
 Ext storobe 420EX
 ( By Robocam Model-5 )
 やはり 4cmφ の[ 狭き門 ] は彼女には厳しいようだ。

2分後頭を通したのだが・・。
 Sat.Nov.25'06 05:08:22 Canon EOS 30D / EF28-135mm @80mm ISO400
 Ext' storobe 420EX
 ( By Robocam Model-5 )
 二分後頭を出した。しかし・・・。

まるで Metro Goldwyn Mayer の
ライオンを思わせる格好だ。
 Sat.Nov.25'06 05:09:38 Canon EOS 30D / EF28-135mm @80mm ISO400
 Ext' storobe 420EX
 ( By Robocam Model-5 )
 Metro Goldwyn Mayer のライオンを思わせる格好だが、手も足も出ない
とはまさにこの事だ。

 『・・・・・・・・・。』
 Sat.Nov.25'06 05:09:48 Canon EOS 30D / EF28-135mm @80mm ISO400
 Ext' storobe 420EX
 ( By Robocam Model-5 )
 『・・・・・・・・・。』

ベニヤ板 (厚さ 9mm ) を噛み始めたが・・・・
 Sat.Nov.25'06 05:09:45 Canon EOS 30D / EF28-135mm @80mm ISO400
 Ext' storobe 420EX
 ( By Robocam Model-5 )
 穴を広げようとでも考えたのだろうか、ガリガリやりだした様だ、しかし
厚さ 9mm のベニヤ板なので簡単な作業では無い・・・。(私も4cm の
穴を開けるのにナイフとドリルで 30 分かかったのだから・・・。) 約一分
後諦めたのか帰って行った。
 次回は狭き門を6cmφ程度に広げてみるつもりだ。

Memo' 今回の使用機材
 Camera : Canon EOS 30D、Lense Canon EF28-135mm IS USM
 Power source of camera : 自作 Adapter
 Storobe: Canon Speedlite 420EX(改)
 Timer: Canon Timer remote controller TC80N3(改)
 Robot system : Multi in multi dropperRobo-cam model-5

2006-11-26 Sun.
 侵入口の板の穴を6cm φに広げる作業を始めた。
元の穴の周囲にドリルで小穴を開け・・。
 専門工具など持たないため、元の穴の周囲にドリルで小穴を開け・・。

ナイフでコツコツと仕上げる。
 ナイフでコツコツと内径6cm に仕上げる。さて彼女は今夜、物置に侵入
できるだろうか?
 夜間雨が降り出した。一時的に 2mm/Hour を越える雨量だ。過去の例
では雨天に彼女がやって来た例は皆無なのだが・・・。

2010-09-02-Thu
 我が家のシャッター式雨戸の格納部に侵入するコウモリにも『とおうりゃ
んせ』 テストを試みてみた。
FYI : コウモリの『とおうりゃんせ』 テスト ⇒⇒
こうもりくんの『とおりゃんせテスト』
Thu. Sep.02'10 00:25:18 Canon EOS-1D EF28-135mm  ISO400 Speedlite 420EX Robocam Model-4

 画像下部の 20 x 25mm の楕円形の通路を通過して侵入したコウモリ君。
参考資料 : コウモリ観察報告 ⇒⇒


イタチ観察
もくじに戻る
イタチ観察
前の頁へ
イタチ観察
次の頁へ
野鳥観察グラフィティ        
 

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  Count :05 File name : JP_Whase_10.htm