観察報告 イタチ
愛知県 イタチ 観察
. いたち
Rev.
10
Original :2006-11-29-Wed.
Updated :2007-10-27-Sat.
前頁へ 次頁へ
Page 11 of 17

イタチ についての考察   2006年.
今回のテストは ”とおうりゃんせ”

 
この頁はテンポラリーな物です。近日中に再編集の予定で、画像の
追加削除の可能性があります


2006-11-26 Sun.
 
先日( 2006-11-26 ) の記録から、我が家の物置に深夜現れるイタチは
4cm φの侵入口では侵入不可能と知る事ができた。

元の穴の周囲にドリルで小穴を開け・・。
 そのため今回は穴を6cm φに広げてトライすることにした。
専門工具など
持たないため、元の穴の周囲にドリルで小穴を開け・・。


ナイフでコツコツと仕上げて
新しく6Cm φの侵入口を作り上げた。
 ナイフで仕上げて、新しく6cm φの侵入口を作り上げた。

文字どうり”手も足も出ない”
とはこのことだ。
 Sat.Nov.25'06 05:09:38 Canon EOS 30D / EF28-135mm @80mm ISO400  Ext' storobe 420EX  ( By Robocam Model-5 )
 前回4cm φの侵入口ではこの様に()侵入不可だったのだが・・・。

2006-11-29 Wed.
 本日早朝に記録された画像から再度確かめてみよう。
侵入口から室内を確かめている。
 Wed.Nov.29'06 03:19:41 Canon EOS 30D / EF28-135mm @60mm ISO400 Ext' storobe 420EX  ( By Robocam Model-5 )
 03:19 a.m. やって来た!。侵入口から室内を確かめている様だ。

手前に置いた焼き魚の臭いに
惹かれたのか侵入して来た
 Wed.Nov.29'06 03:26:02 Canon EOS 30D / EF28-135mm @60mm ISO400  Ext' storobe 420EX  ( By Robocam Model-5 )
 手前に置いた焼き魚の臭いに惹かれたのか侵入して来た。6cm φの侵入口
であれば通過は可能なのだ。


彼女の体形は後半身が太いが特に
抵抗も無く侵入できた様だ。
 Wed.Nov.29'06 03:26:03 Canon EOS 30D / EF28-135mm @60mm ISO400  Ext' storobe 420EX ( By Robocam Model-5 )
 彼女は後半身が太い体形だが特に抵抗も無く侵入できた様だ。

屋内の土間にはチキンの骨を置いた。
しかし・・・・。
 Wed.Nov.29'06 03:31:58 Canon EOS 20D / EF50mm ISO200 Ext' storobe 550EX  ( By Robocam Model-6 )
 屋内の土間にはチキンの骨を置いた。しかし私は野生動物に無条件に餌
を与えるほど心優しき人物では無いのだ。

チキンの骨は針金でレンガに
つながっているのだ。
 Wed.Nov.29'06 03:26:14 Canon EOS 20D / EF50mm ISO200 Ext' storobe 550EX  ( By Robocam Model-6 )
 約8cmのチキンの骨は針金でレンガに固定してあるのだ。
_
”・・・・・・・・・・・・!!”
 Wed.Nov.29'06 03:26:18 Canon EOS 20D / EF50mm ISO200 Ext' storobe 550EX  ( By Robocam Model-6 ) 
 彼女の牽引力はレンガを5cm 程引きずれる程度だ。襲撃したニワトリなど
を巣(ホームポジション)へ持ち帰ったり、付近に隠すとの話も聞くがニワトリ
はレンガより軽いのだろうか。今回使用したレンガの重量は約 2.5 kgr. だ。
 彼女の努力を知りたいならマウスポインターを画像上←→画像外にスライド
して頂きたい

現場でおいしい部分を食する。
 Wed.Nov.29'06 03:26:18 Canon EOS 20D / EF50mm ISO200 Ext' storobe 550EX  ( By Robocam Model-6 )
 引いても駄目なら・・・・。現場でおいしい部分のみを食する。この画像で
一部気になる箇所が見つかった。






目と鼻の間の物だが付着した
 [ ダニ ] かと思ったのだが・・・
 Wed.Nov.29'06 03:26:18 Canon EOS 20D / EF50mm ISO200 Ext' storobe 550EX  ( By Robocam Model-6 )
 目と鼻の間の物だが付着した [ ダニ ] かと思ったのだが・・・。別の画像
で左目側にも同様の形状の物があることから正常だと思われる。

彼の目の横に付着して
いる物は何だ??。
以前野鳥 [ ジョウビタキ ] でダニの付着を観察している。

[ おみやげ ] のお持ち帰りを
諦めて帰途につく
 Wed.Nov.29'06 03:49:13 Canon EOS 30D / EF28-135mm @60mm ISO400  Ext' storobe 420EX  ( By Robocam Model-5 )
 [ おみやげ ] のお持ち帰りを諦めて帰途につく。
Memo' : 画像右下に見える木枠の中の灰色の箱が今回のロボット
Model-6のセンサー部だ。このセンサーからの信号を受けて屋内照明
やストロボの動作、カメラの撮影、書斎への通知などを行うのがコントロ
ーラー
だ。


後半身が侵入口を通過するときは
こんな様子だ
 Wed.Nov.29'06 03:49:13 Canon EOS 30D / EF28-135mm @60mm ISO400  Ext' storobe 420EX  ( By Robocam Model-5 )
 後半身が侵入口を通過するときはこんな様子だ。この角度であれば見え
るものが見えない。やはりメスだろうか。
 私が [ 彼女 ] と称しているのは一般に英語圏では船や旅客機そして小
動物は [ She ] と呼称する習慣に準じているからだ。
_
イタチ についての考察   2007年.
後日談

2007-04-27 Fri.
 私の本来の目的は野鳥観察・記録なのでイタチのことなどすっかり忘れ
ていたのだが、今朝取材用の軽自動車のウインドウ・ウオッシャー液を補
充しようボンネットを開けたところ・・・・。
バッテリーの上に魚の頭と小さく
噛み砕かれたチキンの骨が見つかった。
 バッテリーの上に魚の頭と小さく噛み砕かれたチキンの骨が見つかっ
た。イタチは得た獲物を安全な場所まで運びゆっくりと食する習慣を持つ
と聞いた事があるが、物置から約 20m 離れた車のエンジンルームが彼
女の”ダイニングルーム”だった様だ。
 物置に餌を置いて撮影してから4ヶ月以上経過しているが、野鳥観察
撮影のため非舗装のデコボコの農道を走行することも多いがこれらが振り
落とされなかったのは僅かな油脂分が接着剤の働きをしていたためらし
い。

白い点々は彼女の足跡だと思われる。
 気が付くとエンジンカバーの上には彼女の足跡らしきものが付いていた。
食事をノラ猫や飼い猫に邪魔される事を考えれば、この狭いエンジンル
ームは(この狭さではネコは入り込めない)彼女にとっては快適なダイニ
ングルームだったのだろう。


イタチ観察
もくじに戻る
イタチ観察
前の頁へ
イタチ観察
次の頁へ
野鳥観察グラフィティ        
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  Count :05 File name : JP_Whase_11.htm