Gallery いたちくん
愛知県 野生 イタチ 観察
.
Rev.
07
Original :2006-10-24-Tue.
Updated :2008-04-20-Sun.
前頁へ 次頁へ
Page 3 of 17
_
イタチ についての考察   2008年.
体の大きさについて ( 2 of 2 )
2008-04-20 Sun.
 体の大きさについては以前も調べたことがあるが、今回新しく我が家に姿を
見せる様になった個体についても得られた画像から推察してみた。

標準的なコンクリートブロックのサイズは 38cm である。
 Sat. Apr.19'08 04:11:44  Canon EOS 20D EF50 mm ISO200 Int'-speedlite ( RCS Model-5 )
 標準的なコンクリートブロックのサイズは 38cm であることを知っていると体
の大きさをイメージし易い。

こちらは 2007年11月に記録した事例だ
 Fri.Nov.17'06 03:27:07 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO400 ( By Robocam Model-5 )
 こちらは 2007年11月に記録した事例だが背後のコンクリートブロックと比べる
と今回の個体とほぼ同じ大きさだと分かる。

ほぼ 30cm の高さには無理なく届く身長だと分かる。
 Sat. Apr.19'08 04:48:28  Canon EOS 20D EF50 mm ISO200 Int'-speedlite ( RCS Model-5 )
 立ち上がった時の高さは・・。彼女が覗き込んでいる穴は一見彼女の頭より
小さい様に見えるのだが・・。

ほぼ 30cm の高さには無理なく届く身長だと分かる。
 ほぼ 30cm の高さには無理なく届く身長だと分かる。実は彼女が覗き込んで
いる 4cmφの穴から彼女は物置へ進入して来たのだ。

今回は4cmφの穴から出入りしていた。
 直径4cm 弱の穴なら通過できると分かる。以前観察した個体は今回の個体
より僅かに大きかった様で、同じ大きさのこのサイズの穴を通り抜ける事はでき
なかった。

個体差により4cmの穴の通過は可不可が見られる。
 Sat.Nov.25'06 05:08:22 Canon EOS 30D / EF28-135mm @80mm ISO400
 Ext' storobe 420EX
 ( By Robocam Model-5 )
 この画像()は 2006年11月に記録したものだが、この時の個体は4cmの
穴の通過はできなかった。

_
イタチ についての考察   2006年.
体の大きさについて ( 1of 2 )
2006-10-22 Sun.
 我々がフィールドで見かけるイタチはニホンイタチとチョウセンイタチの2
種類があるらしい。
 私が見かけたイタチの種類は現時点では不明だが、まず彼らの大きさ
から調べて見よう。
手前の箱の大きさから体長を試算してみた。
 Tue. Dec.02'03 23:43:34  Canon EOS 10D EF28-135 mm @28 ISO200 Speedlite 550EX
 こちらは 2003-12-02 に我が家の物置にセットしたロボットカメラ Model
-5
が記録した画像だ。画像左下の木箱に Model-5 がセットしてあるのだ
が、この木箱の上面のサイズは 137 x 89mm なのだ。これを基準に計算す
ると尾の長さは約 180mm 程度と算出される。体の大きさを判別できるような
画像は残されていなかったため、おおまかな数値になるが200〜250mm 程
度ではないだろうか。
 
 ちなみに手元の資料では
 ニホンイタチ・オス  頭胴長:300〜370mm 尾長: 130〜160mm
 ニホンイタチ・メス  頭胴長:200mm 尾長:70〜90mm
と記されている。Web でチョウセンイタチの資料を調べたがニホンイタチとは大
きさが異なるとの記述例は多いのだが、添付されている大きさの情報がいろ
いろで(いまのところ)サイズだけでは判断できない。

土管の厚さから尾の長さを逆算する。
 Sun.Oct.22'06 11:20:31  CanonEOS20D /EF300mmF4.0L +1.4x ISO200
 こちらは先日記録した画像だ。画像中央下に見える土管の肉厚は 30mm
だ。ここから算出される尾の長さは約 150mm と推察される。

農業用水管の肉厚は約 30mm だ。
 Wed.Oct.25'06 Olympus C-2500L
 農業用水管の肉厚は約 30mm だ。

体がまっすぐな姿勢でないのが残念なのだが・・・。
 Sun.Oct.22'06 11:20:22  CanonEOS20D /EF300mmF4.0L +1.4x ISO200


 Wed.Oct.25'06 Olympus C-2500L
 画像 #1963-06、#250027-06 上にマウスをスライドさせると示される雑草は
同じものだ。この2枚の画像から #1963-06の姿勢の時は約 250mm 程度だ
ろうと考えられる。普段の姿勢の状態の全長は約 350mm 程度ではないだろ
うかか。

 現在の結論
  2003-12-02 に我が家の物置で見かけた個体
 頭胴長:200〜250mm 尾長: 180mm 程度の大きさ。
 2006-10-22 に観察フィールドで見かけた個体
 頭胴長:200mm 尾長: 150mm 程度の大きさ。
 だろうと推察される。

現時点でイタチの種類および雌雄の判別は不明だ。


イタチ観察
もくじに戻る
イタチ観察
前の頁へ
イタチ観察
次頁へ
野鳥観察グラフィティ        
 

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  Count :05 File name : JP_Whase_3.htm