Gallery イタチ
愛知県 イタチ 観察
. いたち
Rev.
04
Original :Fri.Nov.17'06
Updated :Tue.Nov.21'06
前頁へ 次頁へ
Page 7 of 17

イタチ と卵についての考察 ( その3 )  2006年.

 
この頁はテンポラリーな物です。近日中に再編集の予定で、画像の
追加削除の可能性があります


2006-11-17 Fri.

 昨日のテストは、〕颪鮨するか、嗅覚について、の二件を同時進行
させたため正しい結果が得られなかった可能性がある。
 今回は 〕颪鮨するか?のみを試すことにした。

ストロボが障害を起こした。
 Fri.Nov.17'06 03:26:16 Canon EOS 20D / EF28-135mm @47mm ISO800 ( By Robocam Model-4 )
 深夜 03:26 a.m. 彼女は昨夜同様我が家の物置に姿を現した。最初から
不良画像の提示で申し訳ないが、ストロボ Canon speedlite 550EX が障害
で発光できなくなったのだ。
 しかし五個の卵(一個の殻が最初から割ってある)と現われた彼女は判別
頂けるだろう。

卵は全く無視されている。
 Fri.Nov.17'06 03:26:21 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO400 ( By Robocam Model-5 )
 別のカメラが記録した画像だ。卵は全く無視されている。以前に比べて最近
はストロボの光にも過剰反応しなくなった。

再びセンサーの感知エリアに戻ったが・・・。
 Fri.Nov.17'06 03:27:07 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO400 ( By Robocam Model-5 )
 再びセンサーの感知エリアに戻ったが・・・。卵には知らん振りだ。

やはり匂いで引かれたのか卵に気付き
中身を吸っているようだ。
 Fri.Nov.17'06 03:29:41 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO400 ( By Robocam Model-5 )
 しかし(やはり匂いで引かれたのか)卵に気付き中身を吸い始めた。

意外とおいしい事に気付いたのか
熱心に食している。
 Fri.Nov.17'06 03:29:44 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO400 ( By Robocam Model-5 )
 意外とおいしい事に気付いたのか熱心に食している。

べったりとお腹を地面につけて、
両手(前足)は前に揃えて、、、。
 Fri.Nov.17'06 03:29:35 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO400 ( By Robocam Model-5 )
 べったりとお腹を地面につけて、両手(前足)は前に揃えて、、、。

直後に殻を咥えて出口へ
向かっている。
 Fri.Nov.17'06 03:30:25 Canon EOS 20D / EF28-135mm @47mm ISO800 ( By Robocam Model-4 )
 貴重な場面の画像は別のカメラに記録されていた。ストロボの障害で
明快な画像に残せなかったのが残念だが、彼女は殻を咥えて体の向き
変えてを出口へ向かおうとしている。また卵の数は四個になっている事
が確認できる。過去、彼女にすれば大き目のチキンの骨( 7cm を越える
大きさ)などは現場で食べずに持ち帰っていたが、今回もなぜかこの軽い
殻を持ち帰った様だ。
 翌朝物置を調べたが殻は屋内に残っていなかった。

2分後再び現われた
 Fri.Nov.17'06 03:32:35 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO400 ( By Robocam Model-5 )
 2分後再び現われた。この後昨日の骨の匂いが地中にまだ残っていたの
か穴を掘る動作が見られた。しかしすぐ停止して屋内を歩き回った後立ち去
った。
 卵の殻はどこへ運んだのだろう?。もし巣(彼女のホームポジション)だと
仮定すると、ほぼ2分で往復できる距離だと考えられる。住宅地なのでいろ
いろ制限はあると思うが屋外の撮影も考えてみたい。

翌朝私がマニュアルレリーズした画像だ。
 Fri.Nov.17'06 07:48:15 Canon EOS 20D / EF28-135mm @35mm ISO800
 翌朝私がマニュアルレリーズした画像だ。私が殻を割った卵のみが消え
卵の右側に穴を掘りかけた痕跡が残っている。やはり彼女は卵を知らない
のではなかろうか。

 次回も今回同様のテストを試みるつもりだが、

1、 昨夜と同じ様に割れた一個と正常な四個を置いてみる。
2、 割れた二個と正常な三個を置いてみる。

 △離僖拭璽鵑濃遒澆襪弔發蠅澄また現在レンズとストロボを発注中だが
それらを使って屋外の様子の観察・記録にもチャレンジしてみたい。


 現時点のまとめ

 他に食料が無く、殻が割られた卵が見つかれば食する。またその時の
 殻は持ち帰っている。巣まで持ち帰るのか途中で捨てるのか不明だ。

 現時点では自ら卵の殻を割る行為は見られない。卵を割ると言う行為は
 親から実地教育を受けた個体にだけ引き継がれるものなのだろうか。
 何らかの手段で後天的に得るものなのだろうか。
 


2006-11-21 Tue.
 Memo'

 今までのテストはウズラの割れた一個と正常な四個の卵を置いたのだが
昨夕、割れた二個と正常な三個を物置に置いてみた。
 今朝先ほどチェックしたところ残っていたのは割れていない二個だけだった。
今回初めて割れていない卵を持ち去ったわけだ。また雨天には現われない
など興味ある行動も観察できた。
 時間が無いため詳細報告は後日載せる予定だ。 ⇒⇒
昨夜置いた卵は五個、すでに二個を持ち去ったのだ。
 Tue.Nov.21'06 00:05:18 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 USM ISO200 Storobe 420EX
 Shot by Robot camera Model-5


イタチ観察
もくじに戻る
イタチ観察
前の頁へ
イタチ観察
次の頁へ
野鳥観察グラフィティ        
 

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  Count :05 File name : JP_Whase_7.htm