ジョウビタキの観察報告
’00年秋〜'02年春
 Rev.
23
 Original :Thu.Nov. 1'01
 Updated :SatDec.03'16

ジョウビタキの観察報告
 ( 2000年晩秋〜2001年初春 )

2000年の暮れ
 私の趣味の一つは日曜大工だ。この地へ転勤してきて家を買う時、数
件の候補の中から今の家を購入した理由の一つは、家の裏に物置を作
れるスペースがあったからだ。 購入後 DIY 店へ通いセメントやブロック
の購入から開始して数カ月を掛けて4坪ほどの広さの物置、工房と私は
呼んでいるのだ!。を作り上げたのだ。 
 少々大きな音を立てても周囲には迷惑はかからぬため、時には会社
から帰宅後深夜まで趣味の工作をする事もあったのだが、2000年の暮れ
頃から天井付近で何か気配がする事に気付いた。ネズミだろうか?、あ
る晩、音の方向へ木の切れ端を放り投げて見た。
 小さな羽ばたき音が聞こえて・・・スタンドの灯をそちらへ向けた私は
鮮やかなオレンジの固まりを見つけた。野鳥だ!。カメラに納め図鑑で
調べてジョウビタキのオスだと知った。そしてこの物置をねぐらとして毎晩
過ごしている事を知った。

2001-01-12 Fri.
一時期はロッキングチェアー
がお気に入りの場所だった
Fri. Jan.12'01 22:10 Camera: Olympus C-2500L Storobe:On
 去年暮れから今年初頭にかけての滞在中は数回寝場所を変えていた。
週末は物置で日曜大工をすることも多いのだが夜中までガリガリ、ゴシ
ゴシ作業をする私から 1m も離れていない棚をねぐらにしたこともあった。
一時は天井からぶら下げた使わなくなった古いロッキングチェアーがお気
に入りの場所だった。(上の画像は彼を下から見上げたもの)
       2001-01-15 Mon.
       庇の隙間から侵入
中に人がいると立ち去る
       Camera: Olympus C-2500L Storobe:On
庇(ひさし)の隙間から物置へ入ってくる。室内を見まわし、中に人が見つかると
gue gue! と不快を示す声を出し飛び去る。この日彼は野宿する。

       2001-01-16 Tue. 
       
       Tue.Jan.16'01 21:34:40 Canon EOS D30/EF35-135mm ISO200 Storobe:On

       2001-01-16 Tue. 
       珍しい熟睡中の Joe
 頭をうずめ丸くなって眠る。小さな音でも目覚めて顔を出すので熟睡し
ている画像は珍しい。何度見てもどこが頭なのか私はわからない。
休む場所は上下に狭い奥まった場所が好きなようだ。地表からの高さは
50cm 〜 250 cm で1〜2週間で場所を変える。

 野生動物に対するマナーとして給餌などの行為は一切しなかった。
今年 ( 2001 ) 3月末にユーラシア大陸方面へ旅立って行った。

_
ジョウビタキの観察報告
 ( 2001年晩秋〜2002年初春 )

 ひょっとするとツバメの様に、、、。と日本に帰ってくる時期の10月に入
ってからはインターネットでジョウビタキの初見の情報を捜したり、
会社から帰宅すると物置を覗いたり落ち着かぬ日々を過ごしていたのだ
が、、、、。

 ここまで書けば感の良い読者は想像がつくだろう。 今日(2001-11-01)
帰宅した私に妻が「 Joe 君来てるわよ!」、彼 Joe が数百キロの旅を終
えて帰ってきたのだ!。「おつかれさん ジョー!」。

       2001-11-01 Thu.
       シベリアから帰ってきた
ジョウビタキ♂
       Thu. Nov.01'01 22:27:40 Canon EOS D30/EF35-135mm ISO200 Storobe On

 去年と同じ場所 、止まりにくい斜めのプラスチック板で休む。なぜかこの
不自然な位置が御好みらしい。
 前回は野生動物に対するマナーとして給餌などの行為は一切しなかった。
当然今年も”特別なおもてなし”はしないつもりだ。
しかし、去年彼が泊まった場所:止まり木にした材木の切れ端、ダンボール
の空箱 etc,.. はできるだけ状態を変えないでおいた。これが我が家流の
Hospitality なのだ。

 会社から遅く帰宅し娘の寝顔を見てから休む父親のように、帰宅すると
まず物置の Joe を確かめる習慣がしばらく続きそうである。

2001-11-14 Wed
 郊外の里山で Joe の仲間を観察した。採餌とテリトリーの監視・警戒に
忙しいようだ。

2001-12-01 Sun
 去年郊外の里山で見かけたジョウビタキが同じ場所で観察できた。当然
自宅物置を [ ねぐら ] にする例と今回の二例だけで断定はできないが多く
のジョウビタキは去年と同じ場所に帰ってくる習性を持っている様だ。
 2002年秋、梅林をテリトリーとする彼は三年目も帰ってきた

2002-11-04 Mon.
 一昨年(2000年)、昨年 ( 2001年) と我が家の物置をねぐらにしていた Joe
3年目も帰ってきた! そして・・・・・・・・・

2003-11-30 Sun.
 Joe は4年目の秋も帰ってきた!!。


2004-11-18 Thu.
 図鑑などの解説では排他的なテリトリーを持つと言われるジョウビタキ
の雌雄が同一テリトリー内に共存しているちょっと珍しい例を観察した。
去年までオスのテリトリーだった場所に、今年はメスが加わり共存して
いるのだ。 ⇒⇒

 その後も毎年世代を変わりながら、我が家の庭にはジョウビタキが訪ねてくれる。これ(↓)は 2011年
秋の画像だ。
前後してメジロも姿を見せた。
 Camera Canon EOS 30D Lense EF200 F2.8
 
画像 #8146-11 上にマウスポインターをスライド In & Out すれば、同じ枝に止まるメジロが標示されます。


2016-11-06 Sun.

 2016-11-06 11:58:58 EOS 10D EF200mm L ISO400 by RCS Model-15
 2016年秋に我が家の庭に姿を見せたメス。自作装置で自動撮影した画像だが咥えているのは小型の甲虫類か・・・


ジョウビタキ
もくじに戻る
ジョウビタキ観察
前の頁に戻る
我が家のジョー君
次の頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  File name : Redstart_12.html