ジョウビタキの観察報告
’02年秋〜'03年春
.・・15年
Rev.
16
 Original :Sun.Nov. 3'02
 Updated :Sun.Nov.15'11

ジョウビタキの観察報告
 ( 2002年晩秋〜2003年初春 ・・そして2015年も。)

2002-11-03 Sun

 今年 (2002)我が家の物置をねぐらにする彼の帰りを去年以上の
期待と不安を持って待っていた。
実は今年の二月の初頭深夜、物置で事故がありその後彼は我が家
に顔を出さなくなっていたのだ。
 渡りに旅立つ時期ではない、彼はショックでねぐらを変えてしまった
のだ。私どもの不注意だったのだが、乱雑に積み重ねたダンボール箱
が何かの弾みで崩れ彼の寝場所を襲ったのだ。
(戸締りは気をつけていたので野良猫や近所の飼い猫ではないと思っ
ている。)
野鳥の記憶とはどの程度のものなのだろうか、この恐怖体験は当分
記憶に残る事はその後顔を出さなくなったことで想像できる。しかし
数ヶ月経過しても残っている物なのだろうか?
 秋に日本のテリトリーへ帰っても我が家の物置を再び訪ねるだろうか、
もし訪れても小屋の中の周りの景色をヒントに恐怖体験思いだし去る
かも知れない。

2002-11-17 Sun
 私が野鳥センサーを製作したのも最大の目的は彼のためだった。
十月中ごろから物置の二箇所に野鳥センサーをセットして彼を待った。
本日 2002-11-03 帰宅後センサーのラッチインジケーターが Some
thing was detected を表示していた!。
2002-11-03 Sun
野鳥センサーが
デテクトした彼
Sun. Nov. 3'02 17:13  物置の Joe
 上がカメラから取り出した彼の画像だ。彼は当日我が家に泊まらなか
ったが顔は出してくれたのだ。やはり宿泊はしてくれないのか・・・・。と
思っていたのだが、その後 2002-11-10 から去年同様毎晩泊まるよう
になった。
今年 2002 年秋の彼の画像を二枚ほど載せておこう。

2002-11-16 Sat.
毛羽立って怒っているような雰囲気だが
不快感を示しているのではない
Sat. Nov.16'02 17:36  三年目の物置の Joe
 物音で気付きこちらを向く。毛羽立って怒っているような雰囲気だが
羽の中に空気を取り込みあったかくするためで不快感を示している
ものではない。

2002-11-16 Sat.
日中見る格好とは
違いまんまるだ
Sat. Nov.16'02 17:38 三年目の物置の Joe ( EOS-1D )
 そのため正面でなく横から見ると日中屋外で見るのと違いまんまるな
格好だ。当然のことだが一昨年、昨年と同じような画像だ。
 来年、「2004年の彼です!!」と紹介しても通用するかも知れない。
最初の年は数カ所寝場所を変えたが (地表から 50cm 〜 280cm )
二年目からはずっと同じ場所だ。上下に狭くちょっと奥まったところが
落ち着くのだろうか?。
 三年目の ( 2002年 ) 今年は夜帰ってこなかったことは二回、共に午
後から天候が崩れた日だった。帰る途中適当な場所で雨を逃れ泊まっ
たのだろう。

2002-11-16 Sat.
彼の「ふとん」
Sat. Nov.16'02 17:38 三年目の物置の Joe
毛羽立てた空気のふとんを着る彼。
_
2002-11-27 Wed.
J-Ball と名づけたい
眠っている Joe
Wed. Nov.27'02 00:03:56 Canon D-30 / 28-135mm
 周りが少々うるさくても気にしないで眠りこむ。多くの小型の野鳥の
典型的な寝姿だ。右から見ても左から見てもこんな格好だ。
 頭はどこに・・・?。
睡眠中でも、多くの鳥類同様音に敏感だが光/照明は気にしない
ようだ。
  正面からの寝姿 ( 2004年1月 ) ⇒⇒
_
2004-01-29 Thu.
 今朝の地方紙の小さなコラムに "眠る Joe 君" が載った。
今朝の地方紙の小さなコラムに眠る Joe 君が載った。


_
2003-03-22 Sat.
日中彼が物置にいることは
珍しい。
Sat. Mar.22'03 10:11:25 Canon EOS-1D / EF100-400mm
 我が工房(物置)で趣味の工作途中コーヒーブレークを終えて帰ってき
たら彼がワークディスクに居た。 日中は餌を捜しまわっているので屋内
にいることは珍しい。
 後方の黒い物はテスト中の自作デジカメ用電源だ。

→ 彼の一昨年、昨年の画像

** 補足情報 **
 私が以前から観察を続けているジョウビタキは個体区別のためテリトリー
や性別等から以下の様に呼称している。

1、我が家の Joe、毎年我が家の物置をねぐらにしている(このページの)
   オス。
2、谷間の Jenny、道路下の窪地をテリトリーにしているメス。
3、フェンスの Jenny、道路わきのフェンスにいつも顔を出すメス。
4、梅林の Joe、左目付近に傷跡がある梅林をテリトリーにするオス。 20
  03年秋から 2004 冬の間探索を続けているが現時点では見当たらない。
5、平原の Joe 、今年 2002 年は日本に帰ってこなかった・・・オス。
6、ジョウビタキのペリットの観察。
7、彼のねぐら(我が家の物置)。

2007-01-15 Mon.
以前のオス同様メスも物置に
顔を出してくれる。
 Mon. Jan.15'07 14:56:37 Canon EOS10D / EF28-135mm ISO 400 (自動撮影)
 別の頁に記した様に 2000年暮れから 2004年の春までの四年間はジョ
ウビタキのオスが毎年 [ ねぐら ] にしていた事はすでに報告済みだ。この
オスは(寿命だったのか事故だったのか不明だが)2004年の暮れにはやっ
て来なかった。しかし、その年の暮れからはジョウビタキのメスが我が家の
庭に毎年現れる様になったのだが、このメスも日中(無人の)物置に現れる
事を知った。以前のオス同様餌などの無い物置になぜ顔を出すのか不明
だ。

2007-03-09 Fri.
 温暖な日々が続くためすでにユーラシアへ旅立ったと考えていたのだが
物置のロボットに今日も記録されていた。 ⇒⇒

2014-01-25 Sun.

 その後も毎年、メスのみ、オスのみの年もあれば雌雄で我が家の庭に姿を見せてくれる。そして小さな庭から昆虫の
幼虫などを器用に見つけ出し食している。この画像は自作のカメラコントローラーで自動撮影した 2015年1月のものだ。


ジョウビタキ
もくじに戻る
我が家のジョー君
前の頁に戻る
我が家のジョー君
次の頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

  File name: Redstart_22.html