ジョウビタキ 観察報告
三重県 藤が丘
2005年秋〜2009年春. 大山田 桑名市
 Rev.
20
 Original :Mon.Oct.24'05
 Updated :Mon.Feb.28'11



ジョウビタキ  ( 2005年晩秋〜2006年初春 )

2005-11-02 Wed.

 昨年 (2004年) 暮れに見つけたのだが、いつもの観察フィールドから少し
足を延ばすと林の中にたわわに実を付けた [ ときわさんざし ] が見つかる。


 Tue. Nov.01'05 08:01:02 Canon EOS10D EF300mmF4.0+1.4x  ISO200 -1/3
 昨年ここに現れたジョウビタキは 07:00〜08:30 頃に一回だけこのピラ
カンサ、ときわ・・・よりピラ・・・の方が一般的だろう、の実を採りに来るの
だ。しかも毎回一個だけ咥えるとさっと姿を消すのだった。
 今年現れる個体はどうだろうか?、今年の観察回数はまだ3回なのだ
が、昨年同様毎回一個だけ咥えて去って行くのだ。

2005-12-07 Wed.
この画像は地方紙の小さなコラムに紹介された。
 この画像は地方紙の小さなコラムに紹介された。


 Tue. Nov.02'05 07:28:39 Canon EOS10D EF300mmF4.0+1.4x  ISO400
 昨日と同じ様な時間に現れた彼はいつもの様に一個の実を咥えてそ
そくさと去っていった。
 昨年一回だけ持ち帰らずこの場で飲み込んだ例を観察した。理由は
すぐに分かった。飲み込んだ後、地表近くに下りた彼は昆虫を咥えて
戻って来た。新しい獲物を見つけた彼は咥えていたご馳走をあわてて
飲み込んで獲物に向かったわけだ。

2006-03-17 Fri.
 久しぶりに林の中の [ ときわさんざし ] の様子を見に出かけた。
実は殆ど食い尽くされている。冬季に
野鳥類の食料になったのだろう。
                  Camera EOS-1D / EF28-135mm
 去年の暮れにたわわに実っていた実は殆どなくなっていた。食料の
少ない冬季に野鳥類(主にヒヨドリ)の貴重な食料になったのだろう。
画像の黄色いサークルはここを訪れるジョウビタキの指定席で、画像
#0020-05 のジョウビタキもこの枝に止まっていた。
 残念な事だが、その後この林のオーナーが亡くなり(子供達は都会で働く
サラリーマンなので)林の後継者不在となりこのピラカンサは切り倒されてし
まった。
_
2008-11-06 Thu.
 切り倒されたピラカンサの小枝を持ち帰り小さな鉢に挿し木したところ 2
年後には約 40cm の背丈に成長した。
林から小枝を持ち帰り挿し木で増やしたピラカンサの前で。
 Thu.Nov.06'08 10:22:15 Canon EOS30D EF100-400mm @180mm ISO400 ( RCS Model-13 )


 Thu. Nov.06'08 11:31:07 Canon EOS30D EF100-400mm @180mm ISO400 ( RCS Model-13 )
 今年(2008年晩秋)も我が家の庭に姿を見せたジョウビタキにそのピラカンサ
の前でポーズをとってもらった。

_
2006-01-27 Fri.
 我が家の説明をする時、いつもこの様に書き始める・・・・。
・・・・・我が家は森の中や平原の一軒家でもなく、大きな住宅団地(小学
校が6校以上あるので大きいと言っても間違いではないだろう)の中の一
軒家だ・・・・。 
 この我が家の小さな庭に以前は毎年ジョウビタキのオスが訪ねてくれて
いた。 そしてオスが現れなくなった昨年はメスが顔をだした。
 さて今年 ( 2005年暮れ〜2006年春 ) はどうだろう。昨日妻が庭でそれ
らしい姿を見かけたとの事なので2セットのロボットカメラ ( Model-8 ) を庭
にセットした後、現在制作中の新しいロボットカメラに必要な部品入手のた
め名古屋市へ出向いた。

今年も我が家の庭にジョウビタキが現れた。
昨年と同じ個体だろうか?
 Fri. Jan.27'06 14:57:25 Canon EOS10D EF300mmF4.0  ISO200
 帰宅後、1セットのロボットのセマフォーのバーで何かを検知したことを知り
カメラから取り出した画像だ。写し込んだ 2006年1月号のカメラ雑誌から間
違いなく 彼女が2006 年も訪ねてくれたと証明できるだろう。

 Fri. Jan.27'06 14:57:25 Canon EOS10D EF300mmF4.0  ISO200
 念のため発刊月の部分をトリムした画像も上げておこう。
_
ジョウビタキ  ( 2007年晩秋〜2008年初春 )
2008-01-16 Wed.
 ここ数年間、雌雄を問わず晩秋から初春にかけて我が家を訪ねてくれる
ジョウビタキをカメラ雑誌の新年号の上で [ 記念撮影 ] をするのが我が家の
日課になった様だ。
 以前からの読者はご存知の事だが、餌を撒いて呼ぶ様な事はしていない。
ジョウビタキに限らず多くの(テリトリーを持つ)野鳥は餌を捜してテリトリー内
を巡回しているので日に数回姿を見せてくれるのだ。無論彼らが現れる時間
は不定のため自作 RCS : ロボットカメラシステムを使い自動撮影している。
昨年同様カメラ雑誌の新年号の上で [ 記念撮影 ]
 Wed.Jan.16'08 11:27:23 Canon EOS30D #1 EF300mmF4.0 ISO 400 ( By RCS Model-15 )
 例によって撮影はロボットカメラシステムを使用した。


 この画像では見えないが、2008年新年号の背面にファイバーチューブをセロ
テープで貼り付けてあるのだ。⇒⇒

昨年同様カメラ雑誌の新年号の上で [ 記念撮影 ]
 Wed.Jan.16'08 11:47:45 Canon EOS30D #1 EF200mmF2.8 ISO 400 ( By RCS Model-15 )

その後地方紙の小さなコラムに紹介された。 この画像も軽いジョークだ。
 その後 ( 2008-01-23 ) 地方紙の小さなコラムに紹介された。また、カメラ
雑誌にも記載するとの連絡を ( 2008-01-25 ) 受けた。
_
2008-12-30-Tue.
カメラ雑誌の新年号の上で「記念写真」を
撮るのは毎年の習慣だ。
 Tue.Dec.30'08 11:26:58 Canon EOS-1D EF100-400mm @250mm ISO 800 ( By RCS Model-7 )
 カメラ雑誌の上で記念写真を撮るのは我が家の毎年の年末の習慣だ。オスも
自動記録されていたのだが少しピンぼけになったため後日撮り直した物を載せる
つもりだ。

昨年もカメラ雑誌の上でポーズを
取ってもらったのだ。 実は 2004年暮れもカメラ雑誌の上でポーズ
を取ってもらったのだ。 ⇒⇒

 同様の 2005年 の画像。 ⇒⇒

Joe 君のアルバイト。 そしてこちらは 2003年暮れに我が家を訪ねて
くれたジョウビタキのオスだ。

2006-12-22 Fri.
2007年新年号の上でポーズ 2007年新年号の上でポーズ ⇒⇒

2006-02-02 Thu.
 翼の白いスポットが小さい様に思える。昨年現れた個体もスポットが小さ
かったが同じ個体なのだろうか?
翼の白いスポットが小さい様だが
昨年と同じ個体だろうか?
 Thu.Feb.02'06 14:37:44 Canon EOS 10D / EF200mmF2.8   ISO:400 +1/3

暖かい日が続く。3月になれば
ユーラシア大陸へ旅立つのだろう。
Sun.Feb.12'06 10:46:18  Canon10D /EF300mmF4.0L  ISO200  
 暖かい日が続く。3月になればユーラシア大陸へ旅立つのだろう。来年
も我が家を訪れてくれるだろうか・・・。

2006-02-18 Sat.
我が家の庭で餌を捜す。
 Sat.Feb.18'06 16:01:39  CanonEOS-1D /EF100-400mmL  ISO320
 我が家の庭で餌を捜す。枯葉色だった地表も緑がちらほら見える様に
なって来た。昨年( 2005年)はもっと緑が多くなってから北へ向かって旅
立っていた。⇒⇒


ジョウビタキ
もくじに戻る
ジョウビタキ観察
前の頁に戻る
ジョウビタキ観察
次の頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  File name : Redstart_2455.html