ジョウビタキ 観察報告
三重県 藤が丘
  Hunting 2. 大山田 桑名市
 Rev.
12
 Original :2003-02-15-Sun.
 Updated :2016-11-05-Sat.


2003-03-08 Sat.

 何かをぶら下げてジョウビタキオスが着地した。レンズ越しに観察する
と咥えてきた物は小型のカナヘビだった。小型と言っても全長はほぼジ
ョウビタキと同じだ。

2003-03-08 Sat.
自身の体調とほぼ同じ長さの
獲物を咥えて舞い降りた。
Sat. Mar.08'03 11:33:25 Canon EOS D30 / EF100-400mm @400mm

 これだけの大きさのものを食べる事が可能なのだろうか?

2003-03-08 Sat.
さかんに頭を突ついていたが・・・・
Sat. Mar.08'03 11:34:55 Canon EOS D30 / EF100-400mm @400mm
 一旦地面に下ろしさかんに頭部を突ついていたが私に気付き、咥えて
飛び去ろうとしたが失敗。獲物を落としたまま飛び去った。

2003-03-08 Sat.
全長約 14cm 、ほぼジョウビタキの
全長に等しい大きさだ
Olympus C-2500L
 彼の落し物、全長約 14cm 。頭部はかなり損傷している。
あらためてこれだけの物を食べる事が可能かとの疑問が残る。獲物の体の
一部を突いて食するのだろう。

カナヘビの交尾を観察した。 2007-06-27 カナヘビの交尾を観察した。⇒⇒


_
2004-11-21 Sun.
 1.5m ほどの高さのフェンスに止まっていたオスが地表へ下りてすぐ先程
の近くへ戻った、ほぼ1〜2秒のアクションだったが。
2004-11-21 Sun.
フェンスに止まっていたオスが地表へ下りて
すぐ先程の位置に戻った。
Sun. Nov.21'04 13:32:16 Canon EOS 10D / EF300mm ISO200 -1
 地表の草むらをのぞき込む様な仕草の後フェンスへ戻ったのだが、すで
に獲物を咥えていた。

2004-11-21 Sun.
獲物は後部に長く延びる特徴的な2本の
突起物からコオロギだと判断できる。
Sun. Nov.21'04 13:32:26 Canon EOS 10D / EF300mm ISO200 -1
 獲物は種類までは判別できないが、後部に長く延びる特徴的な2本の
突起物からコオロギだと分かる。


参考画像 ⇒ ミミズを捕捉
参考画像 ⇒ 昆虫を捕捉
参考画像 ⇒ ジグモを捕捉
参考画像 ⇒ 昆虫の幼虫を捕捉
参考画像 ⇒ フライングキャッチの例(次頁)
         フライングキャッチの対象物の一例
参考画像 ⇒ ノイバラの実を食する
参考画像 ⇒ ピラカンサを食する。 その -1その - 2
参考画像 ⇒ 昆虫の幼虫を捕捉(我が家の冬の庭)


2016-11-06 Sun.

 2016-11-06 11:58:58 EOS 10D EF200mm L ISO400 by RCS Model-15
 2016年秋に我が家の庭に姿を見せたメス。自作の自動撮影装置で撮影した画像だが咥えているのは小型の甲虫類か・・・。

2016-11-05 Sat.


 この時期 ( 10月〜12月 ) に芝生を探すと見つかる [ スジキリヨトウ虫 ] の幼虫。今回撮影した幼虫は 1.5cm〜2.0cmだったが
3cm 程度まで成長しその後さなぎの形態で越冬するそうだ。




ジョウビタキ
もくじに戻る
ジョウビタキ観察
前の頁に戻る
ジョウビタキ観察
次の頁に進む
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 観察記録のアーカイブ

野生動物観察記録

撮影機材に関する
報告セクション カメラや手作り撮影機材などの情報

デジカメ手作り工房
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  File name : File name : Redstart_40.html