ロボットカメラを作ろう
 ロボット カメラ Model-18 自動撮影 昆虫
Rev.
11
Original :2009-01-04-Sun.
Updated :Sun.Feb.20'11
Robot Camera system
Performance check of The Model-18

2009-05-05-Tue.
 対象物を感知してから記録されるまでのパフォーマンスを簡単な方法で
チェックしてみた。

RCSのレスポンステスト。
 測定器具などは所有していないためこの様な()テストを行った。
Model-18 の光ビームは地表 75cm の高さにセットして、DIYショップで入手
したSPF材( 3 x 4 x 180cm ) を地表 90cm の高さからほぼ水平に落下させ
る。落下するSPF材が光ビームを遮断すると Model-18 から(今画像 #6243
を記録している)カメラにレリーズ信号が送られるわけだ。
 使用するカメラは Canon 30D、Manual Focus、Power save=No、Medium は
Green House x133 2GB を使用した。
 これが(↑)1回目のテストの画像だ。SPF材が地表 75cm で光ビームを遮
断後地表に届く前にカメラに記録されている。
 マウスポインターを画像 #09-6243 上にスライドインして頂きたい。

テストを繰り返してみたがほぼ
毎回地表に届く前に記録されていた。
 テストは10回ほど繰り返してみたがほぼ毎回地表に届く前に記録ができ
ていた。この画像の材木は地表すれすれだが材木の影と材木が接していな
いことで地表に届いていないと判断できる。所有する Canon EOS-1D ならば
材木の位置がより高い位置で記録されるだろう。( EOS-1D によるテストは
行わなかった。)

_
Robot Camera system
Model-18 On the fields

2009-01-04-Sun.
 毎冬我が家の庭に姿を見せるジョウビタキ(♂&♀)を RCS Model-18 で
記録した時の様子を記そう。
庭に Model-18 をセットしてジョウビタキを記録した。
 庭にセットしたModel-18(画像左端)と Canon EOS 30D/ 200mm レンズ
(画像右端)、カメラ雑誌の新年号(画像中央)だ。画像中央部に見える三脚は
直前に Model-14 を使用した撮影で使用したもので、今回の撮影には不要だ。
 Model-18 は照射した可視光線の対象物からの反射光を感知する構造なの
で照射用 LED と受光用 Ph-Tr. は同じキャビネットに組み込まれているのだ。

小さくて見にくいが雑誌の上に止まっていることがお分かり頂けると思う。
 セットしてから約30分後ジョウビタキ♀が現れカメラ雑誌の上に止まった。
小さくて見にくいが雑誌の上に止まっていることがお分かり頂けると思う。
Model-18 は2セットのカメラをサイマルにコントロール可能なので画像右の
メインカメラは下()の様な画像、サブカメラはこの画像 #09-1422 を記録し
たわけだ。

この画像は RCS Model-7で記録した物だ。
 Tue.Dec.30'08 11:26:58 Canon EOS-1D EF100-400mm @250mm ISO 800 ( By RCS Model-7 )
 この画像は異なる日に Model-7 で記録した画像だ。

その後 Jenny さんは Model-18 のキャビネットに止まった。
 Sun. Jan.04'09 08:56:51  Canon EOS 20D EF300mm F4.0 ISO200
 その後 Jenny さんは Model-18 のキャビネットに止まった。彼女は先ほど感知
エリアにいたため、 "Something has been detected." を示す2個の LED が点灯
している事が見て取れる。
_
2009-03-01-Sun.
 その後簡単な防水キャビネットを制作した。
簡単な防水キャビネットも制作した。
 名前ほど大げさな物ではなく DIY ショップで購入した公称 100mm の塩ビ
パイプに簡単な加工を加えた物だ。このままでも軽い雨程度なら充分しのげ
るが、、。

自宅の庭で試用した時の様子だ。
 必要に応じて前後にエンドキャップを付けて使用している。この↑画像例は
自宅の庭で試用した時のものだ。当然カメラも防水キャビネットに収納されて
いる。 cf, 防水キャビネットの制作。⇒⇒

2011-02-20-Sun.
 毎冬我が家の庭に姿を見せるジョウビタキに水浴び場所を提供してその
様子を Model-18 で記録してみた。

 2セットのカメラをレリーズさせた。この↑画像は 37mm/EOS40D で記録
した。

  Sun. Feb.20'11 11:00:26 Canon EOS 30D  / EF200mm F2.8  ISO400 
 こちらがメインカメラ 200mmレンズと EOS30D で記録した。
容器自体や容器の縁をセンスしないで水面の野鳥のみを確実にセンス
している。これはModel-18 の超狭角の指向性を示していると言えよう。


ロボットカメラシステム
最初の頁に戻る
Model-18 前頁へ 次頁へ 野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

ロボットカメラの紹介
Model-1 Model-2 Model-3 Model-4 Model-5 Model-6
Model-7 Model-8 Model-10 Model-11 Model-12 Model-13
 Model-14 Model-15 Model-16 Model-17 Model-18 Model-20
Semaphore Aux power
supply for EOS
 防水キャビネット
for EOS
Kitadace Prototypes
  File name : Robot_CMR_181.htm