ロボットカメラを作ろう
Model- 12  one of one
Rev.
11
Original :2006-02-03-Fri.
Updated :2015-01-11-Sun.

Model-12
 
The exprimental model

 ロボキャム Model-12 は
新しいインターフェース素子の可能性を試す
イクスペリメンタル・モデルだ。フィールドの使用に耐えるには Too many
rivers to cross・・・。といえる状況だがこつこつと改良を続けたい。



Model-12 prototype - 1 

2006-02-03 Fri.
 冬鳥のジョウビタキが我が家の庭に訪れるので Robcam Model-12
の動作テストを彼女に依頼した。
Model-12 で実際に野生動物を感知するのは初めてだ。
 この画像 #1120-06 は Robcam Model-12 からのコントロールで撮影
したものだ。非接触で約 65cm の距離のジョウビタキを感知している。
 この時マグカップが 50cm の位置に置いてあるだけでは Robcam は全
く反応しない。そしてジョウビタキがやって来た時のみ反応するのだ。無論
カップの後部 65cm の位置に止まった時でも感知は可能だ。

2006-02-06 Mon.
彼女に無報酬でテストを依頼した。
 彼女には無報酬(つまり餌などで呼ぶのではなく)で働いてもらっている
事もあり、当方の希望の場所にはなかなか止まってくれないのだが・・・。
 この()画像はロボットの上に止まった例で通常の手動撮影で得たも
のだ。

より多くの情報を得るために今日も
彼女に手伝ってもらった。
 より多くの情報を得るために今日も彼女に手伝ってもらった。

60cm 程度なら確実に感知可能だ。
 80cm の距離でも感知可能だが時々ミスする事もある様だ。60cm であれば
ほぼ 100% 動作可能だ。天候(風、直射日光 、風、気温)にはほとんど影響を
受けない。

2006-02-08 Wed.

 Wed. Feb.08'06 11:16:20 Canon EOS 10D EF300mm F4.0 ISO200 ( 自動撮影 )
 Model-12 は既存の杭などに非接触で(無論野鳥にも非接触で)自然
な様子が撮れる事が最大の特徴だ。蛇足だが、この画像も我が家の庭
で Robcam Model-12 で撮影したものだ。


 Fri. Feb.10'06 16:06:36 Canon EOS-1D EF100-400mm @330mm ISO200 ( 自動撮影 )
 
2015-01-03 Sat.

 ほぼ9年後、同じアイデアで組み上げたモジュール。約10年間で各コンポーネントは格段に縮小され、
しかも性能は大幅向上している。↑は2015年1月に、不審者などの記録用に製作した作品。 ⇒⇒

Model-12 prototype -2 

2006-02-11 Sat.
さらに新しいアイデアの試作品の
テストを開始した。
 Sat.Feb.11'06 Olympus C-2500L 09:45:50
 さらに新しいアイデアの試作品を組み上げた。彼女がユーラシア大陸
へ旅立つまでにできるだけ多くのデータを集めるため、早速我が家の
庭にセットして彼女が餌探しにやって来るのを待つ。
 先日ある方からのリプライメールで『たった一人の Project ""です
ね。』 とコメントを頂いたが、からかいの意味があったのかも知れない。
しかし私にとって、乏しい知識と資力で夢を追いかける事は苦しみの連
続だが、小さな問題でも解決できた時の喜びは何物にも変えがたいも
のなのだ。


 Sat. Feb.11'06 09:47:48 Canon EOS 10D EF28-135mm @53mm ISO200
マグまで約 60cm の位置に試作品をセットしてテスト開始時間を記録するため
マニュアルで1枚レリーズしておいた。 


 Sat. Feb.11'06 11:12:13 Canon EOS 10D EF28-135mm @53mm ISO200 ( 自動撮影 )
 約1時間半後彼女が現れ、試作回路は彼女を感知できた。

 Sat. Feb.11'06 11:12:14 Canon EOS 10D EF28-135mm @53mm ISO200 ( 自動撮影 )
 すぐに(わずか1秒後)彼女はマグカップから試作センサー回路の上へ移動
した。

 Sat. Feb.11'06 11:12:14 Canon EOS 10D EF28-135mm @53mm ISO200 ( 自動撮影 )
 彼女は感知エリアをすでに離れているが、今回の試作回路のファームウエア
は一旦感知した場合、無条件にその後5秒間撮影を続ける様に組まれている
ため、感知範囲から移動した野鳥の挙動が記録可能なのだ。

 今朝のテストで今回の試作回路は約 60cm 先の小型の野鳥を感知できる事が
証明されたわけだ。しかし 100% ではない。その後記録画像を解析したところ、こ
の画像の約 30 分前に、野鳥が居ないにもかかわらず(居ると誤判断して)撮影
動作が行われていた事が判明した。
 その誤動作の原因だが、マグカップの背面の小枝の葉が風で揺れた動きを野
鳥と判断してしまったらしい。 同様の条件で小枝を揺らしてみて回路が感知
する様子が再現できた。

 Robocam Model-12 prototype-2 も Too many mountains to
conquest・・・・。 の状況だ。最初からうまく行くとは考えていない。
 こつこつと改良を続けよう。無論、全く新しいアイデアで再チャレ
ンジする方法もあるのだ。


2006-02-12 Sun.
 我が家の庭にはメジロも現れる。しかしジョウビタキと異なり餌を用意しない
とやっては来ない。
細部の特性を変更して再度テストを行う。
Sun.Feb.12'06 09:33:52 Canon EOS 10D / EF50mmF1.4 ISO:200 ( 自動撮影 )
 ダクト(パイプ)を変えることで感知特性を変えた Prototype-2 で今朝は約
70cm の距離からテストを行った。2セットのカメラを用意して1セットはこの
画像、残りの1セットは Canon LC-4/5 を使って居間から撮ったものだ。

リモコンを経由して居間から撮った画像だ。
Sun.Feb.12'06 09:34:02 Canon EOS D30 / EF100-300mm @260mm  ISO:400 +1( By LC-4)
 右手前が今回のテスト機で奥の Robocam 13-3 と記されたユニットは
別のテストに使用中のものだ。

2007-11-13-Tue.
2007年11月にロボットで記録したジョウビタキ・オス
 Tue.Nov.13'07 14:24:54 Canon EOS-1D EF100-400mm ISO 640 ( By RCS Model-12 )

2007-11-16-Fri.
Model-12 のプロジェクトは停止したわけではない。
現在も改良を続けているのだ。
 Thu.Nov.15'07 14:24:57 Canon EOS30D EF300mmF4.0 ISO 400 ( By RCS Model-12 )
 Model-12 のプロジェクトは停止したわけではない。約二年前の基本アイ
デアにその後も様々な改良を加えながら現在も進行中だ。今日も昨年まで
のメスに変わり我が家の庭に姿を見せるジョウビタキ・オスを利用してテスト
を行なった。


ロボットカメラシステム
最初の頁に戻る
Model-11
紹介頁へ
Model-13
紹介頁へ
野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

ロボットカメラの紹介
Model-1 Model-2 Model-3 Model-4 Model-5 Model-6
Model-7 Model-8 Model-10 Model-11 Model-13
 Model-14 Model-15 Model-16 Model-17 Model-18 Model-20
          Model-40
Semaphore Aux power
supply for EOS
 防水キャビネット
for EOS
Kitadace Prototypes

  File name : Robot_CMR_400.html