ロボットカメラを作ろう
(野生動物自動撮影)
 Rev.
20
Original : 2003-12-07-Sun.
Updated : 2007-10-27-Sat.
前頁へ 次頁へ
Page 2 of 13

2007-08-25 Sat.

 私が製作した作品は次々と改良や変更を加えているので [ 完了形 ]
は無いと言えよう。製作後約四年を経過した現時点の Model-6、そして
このモデルを使って得た最近の画像を示そう。

今でも物置から出してカメラを
接続すれば正常動作してくれる。
 回路の定数の小変更や三脚に取り付けるための 1/4 インチナットの追加
などのエンハンスメントを行った。当然、今でも物置から出してカメラを接続す
れば正常動作してくれる。

大きなニワトリの卵をどの様にして運ぶのだろう?。
 Thu.Nov.30'06 04:44:05 Canon EOS 20D / EF50mm ISO200  Ext' storobe 420EX  ( By Robocam Model-6 )
 去年 ( 2006年) 11月、物置に現れるイタチを記録した時も役立ってくれた。
この時 Model-6は天井から吊るして地表の卵の周囲約 80cm をサーベイ
する様に設置した。使用レンズは安価な標準 50mm だった。
_
2003-12-07 Sun.
 趣味の近郊の野生動物(野鳥が主なのだが)の撮影に利用するための
安価なロボットカメラの製作を考えた。
 この頁に続く各頁に製作・テスト状況を記したが、要約を以下に記す。

 基本仕様  4〜5m先のキジ程度以上の野生動物を非接触で感知して
 画像に記録する動作を無人で行うこと。 
 MPU : マイクロプロセサー使用のインテリジェント・システム
 とする。 F/W :ファーム・ウエアは個人で開発。
 フィールドで設置、移動、動作テストが簡単で確実に行える事。
 Canon LC-4 /LC-5 ワイヤレスコントローラーへ入出力できる事。
 ロボットを接続したことで使用者に余計な負担を掛けない事。
 例えば、カメラに接続した状況でロボットの電源の On/Off 禁止
 等(回路設計がまずいとこの様な条件でカメラが勝手にレリーズ
 を続ける例がある。) 
 対応カメラ  Olympus C-2500L
 Caonon EOS-1D / 10D /20D / 30D/D30 シリーズ
 Canon EOS 300D ( Kiss digital ) 
 使用センサー  1、秋月電子通商のキット K-00101 をモデファイして使用。
 2、すでに製作済みの他のセンサーも接続可能。
 性能  このシステムで撮った最新画像の例 ⇒⇒
 具体的な距離
 と画像例
 使用カメラ  カメラから対象物の距離
 C-2500L  2.0m 先のメジロ ⇒⇒
 1.8m 先のジョウビタキ ⇒⇒
 EOS 10D/20D  2.8m 先の猫の頭 ⇒⇒
 1.5m 先の野鳥 [ ジョウビタキ ]  ⇒⇒
 EOS D30  5.3m 先の野鳥 [ シロハラ ] ⇒⇒
 ネガティブ
 ポイント
 1、センサー K-00101 は直射日光下では動作不安定。
   (夜間撮影に適している)
 2、C-2500L を操作するソレノイドは一般には入手困難
   駆動音が大きい、12V の電源が必要。
   (2) の対策案 ⇒⇒
 カメラと MPU の
 インターフェース
 C-2500L  1、電磁ソレノイドでレリーズボタンを
   メカニカルに直接駆動
 2、C-2500L を改造して電子コントロール⇒⇒
 10D / D30  1、CMOS アナログスイッチング素子で N3 コネクターをコントロール
 2、トランジスターで N3 コネクターをコントロール
 3、フォトカプラーで N3 コネクターをコントロール
 4、Canon ワイヤレスコントローラー LC4
   N3 コネクターをコントロールして間接的に
   10D/D30 をコントロール
 300D  フォトカプラーで E3 コネクターをコントロール
 センサーと MPU
 の
 インターフェース
 1、フォトカプラー
 2、トランジスター
 消費電力  MPU
 モジュール
 LED 表示の場合 : 約 80mA
   LED 非表示の場合 : 約 1.5mA
 K-00101
 センサー
 約 100mA
 使用電池
 1、BP-511 511A or 単3ニッケル水素電池 x 6
 2、C-2500L 使用の場合ソレノイド駆動用に
   単3ニッケル水素電池 x 10  or
   12V-10Ah 充電池  
 使用 MPU
 使用アセンブラー
 MPU : Microchip 社 PIC16F84 10MHz
 秋月電子通商  : PA.exe


 この報告は現在進行形の作業リポートなので途中で大幅な仕様変更や
結局使い物にならなかった・・・・となるかも知れないきわめて無責任な報
告書である事を最初に断っておく。
 この様な製作記事は多くの質問を受けるものだが、原則的に質問には
回答しない事もお断りしておく。



ロボットカメラシステム
最初の頁に戻る
前頁へ 次頁へ 野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

ロボットカメラの紹介
Model-1 Model-2 Model-3 Model-4 Model-5  
Model-7 Model-8 Model-10 Model-11 Model-12 Model-13
 Model-14 Model-15 Model-16 Model-17 Model-18 Model-20
Semaphore Aux power
supply for EOS
 防水キャビネット
for EOS
Kitadace Prototypes

   File name : Robot_CMR_51.htm
l