ロボットカメラを作ろう
Model- 13  
Rev.
10
Original :Thu.Feb.02'06
Updated :Mon.Oct.16'06

Model-13  Page 3 of 5
 

2006-02-03 Fri.
 Model-13 の細部をインプルーブしたモデルを紹介しておこう。
Model-13 の latest version だ。
 外観はこの様な形状だ。電源は Canon EOS シリーズの BP-511 も
使用可能だがニッケル水素電池も当然使用可能だ。特徴はセンサーの
先端部だ。

先端部をカモフラージュする任意の小枝や竹材の
取り付けが簡単に行える様にした
 センサー先端部をカモフラージュする任意の小枝や竹材の取り付けが
簡単に行える様にした。上画像中央部のパイプは Model-13 のセンサー
部で適当な材料を紐やゴムバンドで止めて使用する。

部材取り付け用に M4 サイズの
ナットも溶着した。
 より重量のある材料も取り付け可能とするため M4 サイズのナットも溶着
した。

安全のためリセットスイッチは
沈胴タイプとした。
 小さな事だがリセットスイッチは沈胴タイプとした。使用時に小枝などに
不要に触れ誤動作する事を防ぐためだ。
_
2006-02-02 Thu.
 庭に現れるジョウビタキ(メス)にフィールドテストを依頼した時の画像だ。
Model-13 は2セットのカメラがコントロール可能で、この画像はサブカメラ
が撮った画像だ。
Model-13 フィールドテストの情景。


 パイプにゴムバンドで止めたカモフラージュ用の小枝が分かるだろう。
メインカメラは画像 #0889-06 の右側に位置している。


 こちらはメインカメラで得た画像だ。小枝の影に金属パイプが少し
見えてしまった。


 同じ画像をトリムしたものだ。

2006-02-03 Fri.
 
翌日も動作テストを行った。
翌日も動作テストを行った。
 Fri.Feb.03'06 15:42:53 Canon EOS D30 / EF20-135mm @120mm   ISO:400 +1
 実際のフィールドの使用では杭や木の枝に紐などで縛り付けて使用するので
問題はないが、この様な平地で単独で立たせることはできない。何らかの対策
を考えるべきだろう。

こちらがメインカメラの画像だ。
 Fri.Feb.03'06 15:34:10 Canon EOS 10D / EF200mm F2.8   ISO:400
 例によってこちらがメインカメラの画像だ。
_
2006-02-05 Sun.
 Model-13 は基本的にフィールドの木の枝や杭に取り付けて使用
する様にデザインしたのだが、時には直接地表にセットする場合もあ
る。

 そのためのアダプターを製作した。
_

 材料は 20mm 幅で 3mm 厚のしんちゅう材を銀ロウで溶着して組み上げた。
またロボット本体に触れる部分は 1mm 厚のコルクを張った。必要に応じて
三脚にも取り付け可能とするためナットは 1/4 インチのウイットネジを使用し
た。

 銀ロウは半田付けに比べ(バーナー等が必要)作業が煩雑だが充分な強
度が得られるのだ。
 背景に見える物がそのための DIY ショップで入手したガス・カートリッジ式
のバーナーだ。


 Sun.Feb.05'06 11:33:23 Canon EOS D30 / EF20-135mm @90mm   ISO:400 +1
 先端のカムフラージュ用小枝を変え新しいアダプターにセットして家の庭に置い
た。待つ事しばし・・・。彼女が姿を現した。
_
観察フィールドでは自作アダプター
などで杭にピギーバックさせている。
2006-10-05 Thu.
 観察フィールドなどで畑の柵や杭にロボットをセットするときは適当な紐
などで縛り付けたり、上()の様にアダプターを使い杭などにピギーバック
して対応している。

ノビタキ:オス、遠目では真っ黒で無愛想に
見えるが、けっこう可愛い顔をしている
 Sun.Oct.15'06 07:25:35  CanonEOS-1D /EF100-400mm ISO320+1/3 Robocam Model13-3
2006-10-15 Sun.
 このロボットを利用した画像例、野鳥の名は [ ノビタキ・オス ] だ。

_
  FYI  : Model-13 の弱点
2006-03-13 Mon.
 私自身の知識や能力、そして資金など様々な制限の中で製作していることも
あり [ 完全な ] ロボットカメラにへの道は程遠いと言えよう。
 今朝は3月には珍しい粉雪が舞う天候だった。この天候を利用して以前から
試したかったテストを行った。下画像()がテストで記録された画像だ。
Robocam detects snow flakes.
 画像には対象の野生動物は記録されていない。センス回路は舞い落ちる
雪片を感知してカメラを動作させてしまったのだ。これを欠点(誤動作)と考え
るか高感度の証明と考えるかは判断の分かれるところだろう。

「誤動作」か、高感度の証明か・・・・
 Thu. Oct. 9.03 10:50:20 Camera: EOS-1D  / EF100-400 mm
 こちらは3年前の例だが( Robocam Model-1 ) センサーに接近したアキア
カネを感知して記録した例だ。
 
 個人的には対象物が現れたにもかかわらず、感度不足で記録できないこと
よりベターだと考えている。(余分に得られた画像はデリートすれば済むことだ)
どうしてもこの様な条件下でロボットを稼動させたいのであれば、 Model-7とか
Model-14 を使用することで対応は可能だ。今朝のテストでは Model-14 も稼
動させたが特に異常動作は見られなかった。


ロボットカメラシステム
最初の頁に戻る
Robot-13
前頁へ
Robot-13
次頁へ
野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

ロボットカメラの紹介
Model-1 Model-2 Model-3 Model-4 Model-5 Model-6
Model-7 Model-8 Model-10 Model-11 Model-12 Model-13
 Model-14 Model-15 Model-16 Model-17 Model-18 Model-20
Semaphore Aux power
supply for EOS
 防水キャビネット
for EOS
Kitadace Prototypes

  File name :Robot_CMR_683.htm