ロボットカメラを作ろう
Model- 13
Rev.
06
Original :2007-10-10-Wed
Updated :2016-11-05-Sat.

Model-13 Page 5of 5
Works on the field. 

 私のロボットカメラシリーズには完成形は無い。観察フィールドの様々な条
件の下で酷使して必要に応じて機能の追加や強化を行なうのだ。

他のロボットカメラ機器と共に
布袋に放り込み車内に放置する。
 現場で正常動作できる事は当然だが、移動・保管時にも本来の機能を維持
する事が(当然)求められる。
 他のロボットカメラ機器と共に布袋に放り込み数週間車のトランク内に放置
され、走行中の振動や炎天下の高温などにも耐得る事が要求される。
_
2016-11-05 Sat.

 様々な環境で Model-13 を使用したが特に問題もなく貴重な画像を多く得ることができた。
制作後約9年が経過した先日、庭に姿を見せるジョウビタキを自動撮影するためにセットし、AC アダプター
をセットして数分後、パシッ!と音を発した後、うっすらと煙が上がった。
 工房で Model-13 を調べたところ、電源用ケミコンが破裂していた。いつも電源には単3型充電池を使用していたため
AC アダプターの異常出力を疑ったが、正常なようだ。マイクロプロセサーも取り外しベリファイしたが正常なサムチェック
値を示している。破裂したケミコンを代替品と交換し再稼働させた。原因はケミコンの劣化だと考えている。


2007-04-14 Sat.
野鳥 [ モズ ] を自動記録した時の様子だ。
 こちらは野鳥 [ モズ ] を記録した時の様子だ。モズは高い電線や枝先で
高鳴きをしているイメージが強いが、地表の昆虫などを捕る時は1〜2m 程
度の杭や枝から獲物を狙う。この時のセンサー部の高さは地上 90cm だっ
た。この日は小雨の中の動作テストを兼ねてフィールドで使用した。


 Sat. Apr.14'07 08:01:01  Canon EOS 10D EF200mmF2.8  ISO400 ( RCS Model-13)
 その時に記録された画像だ。

快晴の日中の昆虫の感知も可能だ。
 Wed. Jul.16'08 11:23:53  Canon EOS 10D EF200mmF2.8  ISO200 ( RCS Model-13)
 対象物の感知に赤外線を使用していないため、快晴の日中の昆虫の感知も
可能だ。赤外線(集電センサー方式)を使用した場合、 Ш虫は感知不可能、
◆Г海陵佑米中では太陽光大量に含まれる赤外線のため信号が錯乱され正
常動作は不可能だ。赤外線(透過方式)でこの様な小さな対象物を感知する事
は、赤外線を細く鋭い照射角で照射する技術とコストが障害になる。
 無論赤外線方式を否定する気持ちはない。 Model-3Model-7は赤外線方式
の作品だ。

2007-10-10 Wed.

 Wed. Oct.10'07 06:34:18 Canon EOS 20D  EF200mm F2.8  ISO400 ( RCS Model-13)
 当地(愛知県南部)南下してゆくノビタキを記録した。撮影開始頃は穏やか
な天候だったが・・・。

今日風下の動作テスト。
 Wed. Oct.10'07 08:15:23 Canon EOS 20D  EF200mm F2.8  ISO400 ( RCS Model-13)
 その後かなりの強風が(5〜6m/sec 程度)吹き荒れたが Model-13 の
動作に問題は見られなかった。一部の市販製品に見られる超音波などを
使って感知するシステムは風に弱いのだ。また家庭のカーポート用に市販
されている様な赤外線で感知する野生動物感知システムは日中は(太陽
光線の大量の赤外線にかく乱され)夜間しか利用できないのだ。

2007-10-13 Sat.
 今の時期に南下のため当地(愛知県南部)を通過するノビタキの記録に
使用した。
雑草地にセットした RBS Model-13-2 。
 雑草地にセットした RCS Model-13-2 センサー部先端は地上約 60cm。

記録されていたのはノビタキ・オスだった。
 Sat. Oct.13'07 07:16:07 Canon EOS 10D  EF28-135mm @135mm  ISO400 ( RCS Model-13)
 セット後付近を散策。天候が崩れてきたためカメラの回収に出向いたが
回復しそうなので続行することにした。デテクトインジケーターが On だっ
たので画像をチェックしてノビタキ・オスが記録された事を知った。
 その後カメラを更に Model-13 へ接近させて現地を離れた。

その後モズ・オスも記録されていた。
 Sat. Oct.13'07 07:58:17 Canon EOS 10D  EF28-135mm @130mm  ISO200 ( RCS Model-13)
 その後モズ・オスも記録されていた。性能が安定していること、消費電力
も少ないこと、移動、設置も簡単なこと、などから今後の Model-13 の改良
は当分不要だろう。

2016-11-03 Thu.

 Thu.Nov.03'16 15:17:36 Canon EOS 10D / EF200mmF2.8 ISO400  ( By Robocam Model-13 )
 今年 2016年秋も我が家の小さな庭に雌雄が現れた。我が家の庭は♀が頻繁に姿を見せることから、基本的に♀のテリトリーだと思われる。
この画像の撮影風景を下に示す。(↓)

 庭での撮影なので、カメラプロセサーもカメラも電源はバッテリーを使わず AC ソースの自作電源を使用している。



RCS : Robot camera system.

 その後体調を崩したこともあり、(要は老化)野山を歩き回ることはお薦めできないとのドクター指示で、自宅中心に DIY を
楽しんでいる。
 たとえば、雨水をタンクに溜め庭の散水やトイレのフラッシュに使用するなど、また屋外のタンクの貯水量を屋内で把握したり、
さらにタンク間で相互に貯水の移動も(屋内でスイッチ操作で可能)など『そこいらの DIY 作品とはちょっと違うんだ。』と自己満足
に浸っているのだ。


軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  エコトイレシステム以外に雨水を貯水するシステムも製作
した。雨水タンクの容量は 300 で軽自動車で搬送が可能
だった。 ⇒⇒

 


コンセントレイテッド・モジュール  エコトイレシステムの機能には直接の関係はないが、別途
製作した雨水タンクの貯水容量をディジタル表示するモジュ
ールも製作した。 ⇒⇒
 透明のパイプなどをタンク側面に付けて水位を直接見る
方法はパイプ内部の汚れが徐々に進み最終的には使用不能 
になる可能性が高いのだ。


残り湯回収モジュール  残り湯の回収は専用のモジュールを製作した。
回収モジュールについて。⇒⇒
 2012年12月 エンハンスド・モデルを制作。回収後風呂の
 残り湯は水深1属焚爾箸覆辰拭⇒⇒
 2014年5月 エンハンスド・モデルを制作。液晶でステータス
 表示機能が付加された。 ⇒⇒







ロボットカメラシステム
最初の頁に戻る
前頁へ 次頁へ 野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
DIY で雨水タンクを作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

ロボットカメラの紹介
Model-1 Model-2 Model-3 Model-4 Model-5 Model-6
Model-7 Model-8 Model-10 Model-11 Model-12 Model-13
 Model-14 Model-15 Model-16 Model-17 Model-18 Model-20
Semaphore Aux power
supply for EOS
 防水キャビネット
for EOS
Kitadace Prototypes
  File name : Robot_CMR_685.html