CANON EOS 10D D30 防水キャビネット
耐水 自作 屋外長時間撮影用キャビネットの制作  Page 3 of 6 結露 防水
Rev.
10
Original : Wed.Apr12'06
Updated :Thu.Oct.05'06
前頁へ 次頁へ 


EOS DSLR 防水キャビネット ( Type- ) の製作  その-1

2006-04-12 Wed
 防水キャビネット Type- 兇郎鯡襪 max 7mm/Hour の豪雨の屋外でも
特に問題もなかった。今後も悪条件の屋外使用の回数が増える事が考えら
れるため防水キャビネット Type-靴寮什遒鮨覆瓩觧とした。

対応のカメラセットは EOS-1D / EOS 10D と 100〜135mm レンズのセット
 今回の対象のカメラセットは EOS-1D / EOS 10D と EF 28〜135mm
レンズのセットとした。
 Type-靴寮什遒魴茲瓩燭里郎猯舛入手できたからだ。この塩ビパイプは
販売単位が 4m で価格はともかく私の取材車両では運ぶこともできない大き
さで、たとえ自宅へ運んでも使用後の余った部材の置き場所がなく、廃棄
も簡単にはできない代物だ。前述したが観察フィールドで顔なじみになった左
官屋さんに相談した結果、彼の余り物が入手できたのだ。

パイプとカメラの位置関係だがレンズの
センターはオフセットしている。
 パイプとカメラの位置関係はこの様な()イメージだ。レンズのセンターは
正面から見て右に 15mm 下に 10mm 程度オフセットしている。


 厚さ 5mm 直径 200mm のパイプを軸方向に対して直角に切断することは
結構難しい作業なのだ。

プロとアマの作業結果の比較。
 塩ビパイプは工事現場の余り物なののでエッジは現場で切断されたままの
状態だ。切断面のでこぼこがひどいので再カットした。上の()リングの上端
は私がカットしたもので下端はプロが現場でカットしたものだ。
私のカットの方がきれいだがアマチュアでも時間をかけてじっくり作業を進めれ
ばプロ以上の作業ができると例と言えよう。

文字どうり手作りで窓を作る。
 前述したが専門の工具を持たぬアマチュアはドリル穴 + 金ノコの歯 + ヤスリ
のみで窓を作るのだ。

無論ガラスも好みのサイズに切断する。
 無論ガラスも好みのサイズに切断する。今日の作業はここでやめておこ
う。 ちなみにこれらの作業は日曜大工で作った物置で行うのだが、この
物置(私は工房と呼んでいる)には書斎の PC と LAN 接続した PC があり
ここでネット証券を通じて株を売買しながらこれらの加工作業を行っている。
 今日は株価が安かったので電力株を 6,000 株仕入れたが、さて吉と出
るか凶と出るか・・・・。明日以降のお楽しみだ。

2006-04-13 Thu 
窓とレンズの位置関係を示す。
 窓とレンズの位置関係を示す。今日は窓にガラスを張り付ける予定だ。
ガラスの取り付け方法だが Type-兇陵佑癖法でなく接着力の高い両面
テープのみで固定した。これは今後デザイン変更の可能性があるからだ。
 昨日仕入れた株は半分を売却する様に指示しておいたが、先ほど約定
したとのメールが入っていた。物置で趣味の作業中に EOS 30D が1セット
購入可能な利益が上がっていたわけだ。

2006-04-15 Sat,
 今日は雨でフィールドに出向けぬため Type-靴虜邏箸鮃圓辰拭
コア・パートをくみ上げた。カメラボデイは
ヘキサゴンスクリューで固定する。
 コア・パートをくみ上げた。カメラは上画像の矢印で示す 1/4"ヘクサゴ
ンスクリューでベースプレートに固定される。

外部(底部)からアレン・レンチで
カメラを固定する。
そしてこのスクリューはキャビネット外部(底部)からアレン・レンチでカメラを
固定する。また使用するレンズによりこの固定位置は異なる。( Cf. 415-
0009-06 )

 ベースプレートは太いロングナットで三脚用シューに固定(下画像 #415
0009-06 参照)される。その両側に下がっている(ナットの付いたボルトが
200mm φの塩ビパイプを支える構造だ。
シューとロングナットの構造は
こちらの画像が分かりやすいだろう。
 EF200mm レンズが付いた状態でも Type-靴脇眤可能だ。シューと
ロングナットの構造はこの画像が分かりやすいだろう。

ファインダーはケラレ無しで
画角などのチェックが可能だ
 後部カバーをはずした状態だ。ファインダーを覘くため顔を近づけても髪や
頬がカバーに触れることなくケラレ無しで画角などのチェックが可能だ。
_


 カメラをキャビネットに内蔵した状態でも、固定しているスクリューを緩め
カメラボディを右へ振ることでメディアの交換は可能だ。( マウス・ポインター
を上()画像の上に移動するとメディア交換時の画像に変わる。)
 バッテリー交換はこのままではできないが、キャビネットを利用した撮影は
長時間になる可能性が高いため外部電池で対応するするつもりだ。

Type-兇Type靴郎拮瑤少々異なる。
 Type-靴料澗料だ。前後のカバーは新品だがパイプ部はジャンクな
ので少々傷が目立つ。
 Type-兇筏’修籠団Г脇韻犬世、Type-兇魯メラがキャビネット内に
固定された上体でメディアの交換が可能だが Type-靴鷲垈椎修澄M由
はパイプ部の部材の厚さが( Type-供Вmm、Type- : 5mm)異なるた
めわずかだがスペースが不足するためだ。Type-靴任 # 4150020-06
に示す方法でメディア交換が可能だ。

 まだ完成ではない、細部の調整や仕上げが必要なのだ。⇒⇒



ロボットカメラシステム
最初の頁に戻る
防水キャビネット
前頁へ
防水キャビネット
次頁へ
野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

ロボットカメラの紹介
Model-1 Model-2 Model-3 Model-4 Model-5 Model-6
Model-7 Model-8 Model-10 Model-11 Model-12 Model-13
 Model-14 Model-15 Model-16 Model-17 Model-18 Model-20
Semaphore Aux power
supply for EOS
 防水キャビネット
for EOS
Kitadace Prototypes
  File name : Vand_03.htm