CANON EOS 10D D30 防水キャビネット
耐水 自作 屋外長時間撮影用キャビネットの制作  Page 5 of 6 結露 防水
Rev.
06
Original :Fri.Dec.15'06
Updated :Fri.Jul.13'12
前頁へ 次頁へ


EOS DSLR 防水キャビネット ( Type- ) の製作  その-1

2006-12-15 Fri
 過去製作した防水キャビネットで夜間撮影を行うときはストロボをカメラ
本体につけたままキャビネットに組み込むことは不可能だった。このため
オフセットした位置でストロボを使用する事となり、不快な影ができる不満
があった。

オフセット対策を考慮した防水キャビネット
Type-犬寮什遒鮖呂瓩拭
 この不満を考慮した防水キャビネットType-犬寮什遒鮖呂瓩拭
当分使用の目的のない残ったパイプは友人の倉庫に保管しておいた。そして 2012年
再び我が家に帰ってきた。 
2012-07-10 Wed.
 
 再びパイプは以前とは異なる目的のため我が工房に帰っ
てきた。。
  制作報告書 ⇒⇒


その後ベースプレートの位置合わせ、
三脚用シューなどの形状や材質をチェックする。
 パイプを切断後エッジ部分を手が触れた時などに傷つけぬよう仕上げる。
その後ベースプレートの位置合わせ、三脚用シューなどの形状や材質を
チェックする。

実際にカメラをセットしてケーブルなどの
取り回しに不都合がないか再チェック。
 実際にカメラをセットしてケーブルなどの取り回しに不都合がないかをチェッ
クする。 EOS D30/10D/20D/30D でカメラボデイのサイズは僅かだが異なる
ため、全てのモデルで確認しておく。

2006-12-16 Sat
ジャンクのジュラルミンプレートで
三脚用シューも自作するのだ。<BR>
 ジャンクのジュラルミンプレートを流用して三脚用シューも自作するのだ。

シューを仮組み立てしたところだ。
 シューを仮組み立てしたところだ。



三脚にはこの様にセットされる。
 三脚にはこの様にセットされる。


 ひとまず今日の作業はここまでで止めておこう。

2006-12-17 Sun
キャビネット上部をカットして
ストロボのためのスペースを作る。
 キャビネット上部をカットしてストロボのためのスペースを作る。

正面からみた様子
 正面からみた様子。

最終目的のためにはキャビネットの
全長が不足する事が分かった。
 細部を採寸。諸条件を考えるとキャビネットの全長が不足する事が分か
ったため現在の作品の加工を進めながら並行してプロダクトモデルを製作
する事にした。現行の作品は最終的に破棄することになるが、実物あわせ
でアマチュアが製作する作業はこの種のロスが多いものなのだ。
 次は
未経験の作業にチャレンジしなくてはならない。


 塩ビは熱を加えて加工が可能だ。ストロボをカバーする部分を過熱して
加工してみた。表面に焦げ目ができたが紙やすりで消すことは可能だ。しか
し任意の形状にする事は予想以上に困難だと分かった。




 夜間物置に時々現れるイタチの自動撮影に試用してみた。イタチは現わ
れなかったが、各種動作に問題がない事が確認できた。



 熱加工しないデザインに急遽変更することにした。金ノコの歯1本のみで
加工を続ける。




 新しいデザインはこの様にストロボカバーパイプが取り付けられる。


 上下のパイプはプレートを使い Bis & Nut で繋がるデザインだ。


 後部カバーはこの様にセットする。上部のパイプの後部カバーは必要が
無いだろうと考えこのままだ。


 前から見た状態だ。 Bis & Nut は仮組み立てなので不要に長い物も見られ
るが最終的には最適の長さの物を使う予定だ。


 さっそく本番テストを行った。三脚の足元の品々は補助情報を集める
ための機材等が含まれるため雑多な印象を受けるが本来はもっとすっ
きりしている。
 この日の深夜に得られた画像など。 
⇒⇒



ロボットカメラシステム
最初の頁に戻る
防水キャビネット
前頁へ
防水キャビネット
次の頁へ
野鳥観察グラフィティ      

デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを作ろう その-2
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。  雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用
天水桶(雨水タンク)を作ろう
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY で節水モードのトイレを作ろう

ロボットカメラの紹介
Model-1 Model-2 Model-3 Model-4 Model-5 Model-6
Model-7 Model-8 Model-10 Model-11 Model-12 Model-13
 Model-14 Model-15 Model-16 Model-17 Model-18 Model-20
Semaphore Aux power
supply for EOS
 防水キャビネット
for EOS
Kitadace Prototypes
  File name : Vand_05.htm