各種アクセサリー 使用リポート
_

小物類の使用リポートをまとめておきます。

      記載したアクセサリー類

 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

  Canon ストロボ 550EX

  Canon スピードライトトランスミッター ST-E2

  SUNPAK ストロボ auto22SR

  PANASONIC オートストロボ   PE-28S

  IBM 1 Gbyte Micro Drive / MD Adapter

  Canon EOS D30 用バッテリーグリップ BG-ED3

  Canon ワイヤレスコントローラー LC-4 / LC-5

  Canon リモートスイッチ RS-80N3

  NATEC 無線リモコン NZ1T / NZ2R

  NATEC 無線/光ハイブリッド・リモコン NZR10

  Canon ストロボ 420EX

  Sigma X2 テレコンバージョンレンズ

  野鳥センサー(ロボット・カメラ?) 野鳥の自動撮影のために自作した。

  ロボットカメラ制作報告 

  テレコン・エクステンダーレンズの裏技。暗いレンズでもオートフォーカス可能。

  Lowepro カメラバッグ Nature Trekker A.W. 使用報告書

  Canon タイマーリモコン TC-80N3 使用報告

 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  雲台 KENKO FP-100 PRO
      

CANON Speedlite 550 EX  .


   Click me → 新しく独立したページとして作成

_
Canon Speedlight transmitter ST-E2 Rev.16 Original Sat.Aug.03'02
Updated Sun.Mar.15'09
                                          _
2006-12-12 Tue.   
長時間のスタンバイ撮影について エネループ 
 私のメインテーマは野生動物の観察・記録なので、通常の使用では
無視できることでも問題になる可能性がある。

イタチの背後にできた不快な『影』を消したい。 or
無視できる程度に『影を薄く』したい。
 Sat.Dec.09'06 23:09:23 Canon EOS 20D / EF50mm ISO200  Ext' storobe 420EX  ( By Robocam Model-6 )
 この画像は先日我が家の庭で自作のロボットシステムで自動撮影した
イタチだ。深夜の撮影であり当然ストロボを使用しているが一灯のため
コントラストの強い影が彼女の背後にできている。

この程度の『影』なら全く問題ない。

 異なる日に記録されたこの画像(↑)には目障りな影は消えている。

 ストロボで出来る影を消す案は主に以下の2件が考えられる。
対策 - 1、もっとも単純で確実な方法はストロボをカメラのアクセサリー・シ
      ューにセットして撮る方法。(影が相手の真後ろに隠れる)
     画像 #06-4625 はこの方法で記録したものだ。
対策 - 2、複数のストロボを使い相手のストロボ光の影を打ち消させる方法。



 今回はワイヤレス・マルチストロボで対応してみたい。
 所有するストロボはキヤノン 420EX なのだが調査の結果ロボットシステム
の様な条件では使用できないことが判明した。詳細は省くが無信号(つまり
対象の生物が 現れない状況、)が30分以上続くと省エネモードに入った
420EX がカメラ側の操作のみでは再立ち上げ出来なくなるのだ。そのため
420EXに改造を加えた。
 2009-03-15 420EXに行った改造
 ⇒⇒

 ST-E2はリチウム電池 2CR5 を使用するが、この電池は容量が小さくて価
格が割高、そして小さなショップなどでは在庫が無い場合もあるなど不便な
ので ST-E2 購入直後( 2002年3月)に一般の単祁薪澱咾使用できる様
にした。
NiMH(ニッケル水素電池)なので公称電圧は4本で 4.8 Volt となり、 2CR5
の 6Volt より低電圧だが過去6年以上この改造電源で問題の発生は皆無だ。

2CR5を NiMh(UM-3x4) で代用可能だ。
 画中央下の 2CR5 の代用をエネループ4本でまかなう。

電極はこの様な構造だ。
 電極はこの様な構造だ。


 本体にセットした様子。

EOS-1D の充電池の再生を試みた。
 私は EOS-1D の電池にもエネループを使用している。 ⇒⇒  

補足 Mon. Mar.11'02
屋外で使用する場合、風雨を防ぐためカメラ本体を覆うような時、この
ST-E2 はアクセサリー・シューに取り付ける構造なので、より使いやす
い様に ST-E2 ( そしてリモコン受信ユニット LC4Rも使用可能)を三脚の
脚部に取り付けるアダプターを作った。
DIY Shop で入手した強力クリップに自作の三次元のシューアダプターを付
けた物だ、以下の三枚の画像を見ればこれ以上余分な解説は不要だろう。







IBM 1G byte Micro Drive 
                   Rev6  ( Sat.Apr.16'05 )
                      
 マイクロドライブを購入したのはリモート撮影の画像保存が目的だった。
リモート撮影の場合撮影対象物が希望の位置に来てくれるかどうかが最
も重要な問題だ。そのため相手(対象物)がおよその位置に接近した時ど
んどんレリーズしておいて後で良い画像を選択することになる。
 メディアの残量を気にしないで撮影に専念できるには容量当たり最小単
価のマイクロドライブがベストだと考えたのだ。
 その後ロボットセンサーを制作して自動撮影なども行う様になったためま
すます大容量の恩恵を享受している。
 購入した製品は I・O DATA 社の CFMD-1Gi と専門のアダプター同社の
CFMD-ADP だ。理由は IBM 社の OEM 製品なので実質的に同一製品だ
が IBM に比べ市場価格が安価だったためだ。アダプターは I・O DATA 社
のラベルがついているが MD は IBM のオリジナルそのものだ。(ちなみに
IBM Model : DSCM-1100 / Made in Thailand である。)蛇足ながら、パソ
コン側で画像データをセーブする時には通常の Compact Flash 用アダプ
ターは使用できない、MD 専用品が必要である。

Mon. Mar. 4'02
 細かいことだがこの MD 用のプラスチックケースも良く考えられている。
このようなケースは閉める時パチンと閉まるものが多いのだが、単純に力を
加えても閉まらない、つまりパチンと閉まるショックを発生しない構造なのだ。
ディスクを知り尽くした IBM らしい憎い配慮を感じる。

Wed. Mar. 6'02
 ところが この配慮に I・O DATA 社のメンバーは気付かぬらしい。
専門のアダプター CFMD-ADP に付属のケースは閉める時パチンと閉まる
様に作られている。 MD をアダプターにセットしてケースに入れる事も多い
と思うのだが、、親の心子知らずとは このことか。

Wed. Dec.29'04

 購入後2年以上大きな問題もなかったが、2週間ほど前から早朝撮影
のパワーオンでカメラが( Canon EOS-1D / 10D ) ハングしたり、メディア
がフォーマットされていないなどのメッセージを時々出す様になった。さら
に自宅 PC でも同様の症状が(こちらも時々だが)見られる様になった。
 やはりメカニカルなメディアは使用時間に比例して障害発生の率も上昇
するものなのだろうか。 ちなみに現在他に使用している大容量メディア
は CF type-I 1Gb だ。2年の間に Solid state media は価格で M-Disc
を追い越して(より安価に)しまったのだ。
 マイクロドライブは Format 後 Scan disc でチェックしたがノーエラーだ
った。 もう少し様子を見ながら使用を続けるつもりだ。

Sat. Apr.16'05
 その後も時々エラーが発生するため使用しなかったのだが、今朝メディア
の都合がつかず、やむを得ず使用したのだが大量のフロウデータが発生
してしまった。
補足
 以後使用を停止していたが、その後年末の粗大ごみと一緒に破棄した。

CANON EOS D30 用バッテリーグリップ BG-ED3
 
                    Rev.8  ( Wed. Dec.29'04 )

結論から先に述べると、せっかく購入したのだが全く使用していない。

バッテリー1個で不自由しない省エネの D30 であること、バッテリーグ
リップを付けたまま使用できるカメラケースが新たに必要なこと、等か
ら購入は全く考えていなかったが例えば AEB 撮影の設定はバッテリー
交換でリセットされてしまうことを知り購入を決めた。つまり内蔵された
2個のバッテリーを同時交換しない限りAEB 設定は変わらないのだ、、
、、と考えていたのだが実際は片方のバッテリーを交換のためフタを開
けた段階で AEB 設定などはリセットされてしまうのだ。

補足 Sun.Feb.16'01
フタの開閉を検知しているマイクロスイッチのプランジャーを殺しフタを
開けてもリセットされないように改造した。
簡単な作業だが元には戻せない、Yahoo auction などで転売の場合
価値が下がるだろうな、、、。

購入前から気になっていたことだが、単純に二個の電池を並列に
接続した場合、電圧の(少しでも)高いほうが低いほうへ電力を供給し
無駄な電力が消費されることだ。そして相互に供給を繰り返す結果
最終的に両方の容量が無くなってしまう可能性がある。
短時間のテストだが BG-ED3 はこの点の対応が考えられている様で
上記問題は発生しないと思われる。

この Grip を付けるためにはオリジナルのバッテリーカバーをはずす必要
があるのだが、このカバーは Grip の中に組み込んでおけるため紛失の
心配が無い。Canon らしいこまやかな配慮だとの印象を受けた。

2003-01-22 補足
ほとんど使用しない物を所有していても無意味なので Web auction で
処分した。

2004-12-29 補足
 取材用の Canon EOS-1D が拉致(盗難)されたり、10D が人事不省
になるなどの事件があったため、中古だが Web auction で 10D を購入
したところ本体に BG-ED3 が付属してきた。
 EOS 10D/30D 用のバッテリー BP-511 は経時劣化が激しいため
ロボット撮影などの時には電源の不安が伴っていたのだが、ED-3 は
この面でとても役立ってくれている。

2005-03-07 Mon.
 バッテリーグリップ BG-ED3 のビニールレザーの一部が剥がれた。この
種の障害は Nikon E-950 や D1 でも経験している。
白いサークル部分が剥がれて浮き上がった。
 上の画像の白いサークル部分が剥がれて浮き上がりカメラの操作をする
時手に触れて不快なのだ。
剥がれて浮き上がりった部分がカメラの操作時に不快なのだ。
 ボンド G17 (コニシ株式会社)で再接着した。余談だがこの種の接着の
効果の高いTip を記しておこう。
1、使用する接着剤は少ない方が接着力が強い。
2、G17 の場合、接着するレザーとカメラボデイの両方に塗布すること。
3、塗布した接着剤の表面が乾燥してから接着する。そしてその後しばらく
  接着面に圧力を加えておくこと。

カメラケースについて補足。
私は D30 + EF 28-135mm IS USM レンズのセットを Lowepro 社 の
ケース TLZ-1 に入れ使用している。過去一度カメラを入れた状態で
1m の高さからコンクリート面にミスで落下させたがカメラ・レンズとも
正常だった。以後このケースに信頼を持っているのだが、そのまま
D30 + バッテリーグリップ ( No Lense ) のケースとして使用できる
事を知った。

 CANON Wireless controller LC-4   
                      Rev.5  ( 2002-10-16 )

   Click me → 新しく独立したページとして作成

CANON Speedlite 420EX  

   Click me → 新しく独立したページとして作成

_

 シグマ・テレコンバージョンレンズ  .


                      Rev.5  ( 2002-09-16 )

 私はついている男なのだろうか?応募もしていないのに一等に当選しましたと
デジカメが送られてきたり、古い話だが銀行のミスで 40 億円もの金額が口座に
振り込まれたり、先日は買い物を終えて駐車場に帰ったら私の車の付近に数人
の人がいる。聞けば貴方の車にぶつけた。○○自動車の見積ではxx万円なので
代金をここで支払たいとのこと。確かに私の車には、ぶつかった痕跡がある、し
かし元々それよりもっと大きな傷などがある車なのだ。かまいませんよ、と断った
のだが、、、、、。
-->> 結局そのお金でデジカメをまたひとつ購入してしまった。

前置きが長くなり過ぎたが、 先日(2001年 4月)シグマ社の 2x テレコンバージョ
ンレンズ
 APO Tele converter 2X F/CANON を購入した。
自宅で封を切りびっくりした。また”ついて”いたのだ。
ついている私が買った
レンズについていたもの
 実は上の画像のような物がついていたのだ。多分レンズの鏡胴部のネジ溝を
削った時の削り屑なのだろう。 左の部品屑はレンズ側、右の物はカメラ側でネ
ジ溝から切り離されていない状態で残っていた。
おそらく安価な物なので工場では、点検・洗浄のプロセスを省略しているのだろ
う。それにしてもレンズの組み込み、調整の時点で誰も気づかなかったのだろう
か?。 20mmφのレンズに 5mm の金属片が付いていて誰も気づかないレンズ
会社とはどんな会社なのだろうか、ひどいもんだ。
 あまりに馬鹿々しくてメーカーに文句を言う気も起こらない。わずかな抵抗とし
て予約していたシグマ社のワイドレンズAF 20mm 1.8EX DG Aspherical DG 
をキャンセルした。
Memo: 購入したコンバーターレンズのシリアル No. : 1006952
2001-05-12
 早速使いやすいようにモディファイした。このコンバーターはレンズやカメラボデ
ィに取りつける際のガイドになるマークが鏡胴外周上に付いていないのだ。 たし
かにカメラに取りつけられた状態を見れば余分な物が無いほうがすっきりしている
とデザイナーが考えたのだろうが。機能が伴わないデザインはデザインじゃないと
思う。
 ドリルで外周上に(前後)2箇所ペイント穴を掘り、ペンキを流し込んだ。
裏の物置(わが工房である)で5分で完了した。





上が before 下が after である。
あたりまえの事だが 100mm のレンズにこのコンバーターを付ければ 200mm
レンズとして働く、この時の Exif データも Sigma の場合は 200 mm と記録され
る。

2.0 X テレコンを使用しても解像度、
カラーバランスは以前の Tamron 200-400mm
単体より優れている。
 Sat. Jun.09'01 11:24:16  Canon EOS D30 / EF100-400mm @400mm +2.0X ISO400 +2/3
 EOS D30 / EF100-400mm レンズとのコンビで撮った画像。解像度やカラー
バランスは以前使用していた Tamron の 200-400mm 単体使用 より優れて
いると言えよう。 (Tamron は知人に無償で譲渡した。)

Mon. Sep.16'02
今日フィールドで X2 テレコン・レンズを使用するためバッグから取り出したらカラ
カラと音がする。 ロックピンの遊びの音だろうと思ったがそれにしては大きい音だ。
シグマ・テレコン・X2 を見て驚いた。レンズを固定するリング(カラー)が緩み、内
部でレンズが遊んでいるのだ。それならばとカラーを CW (時計)方向へ回しレン
ズを固定、さらにしっかり止めようと力を加えたら今度は全体が CW へ回り緩み
出した。全体を固定するためには CCW (反時計)方向に回さねばならない、しか
しCCW するとカラーが緩んでくる。
 納入時にも問題があった商品だが、メーカーは安価な商品(定価 30,000.- )
だからとここでも組み立て作業・点検作業の手を抜いたのだろう。

警察官が泥棒をして、医者が人を殺し、食品会社が期限切れの食品を売る今の
日本ではこんなことで驚いていてはいけないのかも知れない。

もうシグマはごめんだ。

結局この商品は
1、修理に出しても新品の点検すら怠るメーカーだからまともに修理してくれない
  だろう。
2、オークションに出品する⇒ばば抜きゲームの様に誰かに Joker をつかませる
  事は手抜きをするメーカーと同じ精神じゃないか。 などの理由で PC の CRT
  を販売店で(有料で)正規に破棄してもらう時同じダンボール箱に入れて埋葬
  した。May his soul rest in peace.
 
 実は、、、、この話はまだ終ではないのだ。約1ヵ月後パソコン販売店から電話が
入った。「貴重なカメラのレンズが間違って入っておりましたのでお届けします。」
捨てた猫が数日後玄関先に現れた様な気持ちだ。


2004-01-27 Tue.
 その後カメラ店へ出向いた時希望の製品の在庫がなく、取り寄せとなったため
ついでにこのテレコンを点検・調整に出し、再度店へ出向く時に両方を受け取る
こととした。

2004-11-27 Sat.
 Web auction に出品したところ望外の価格が付き新しいユーザーにもらわれて
行った。

2005-06-16 Thu.
 私とシグマ社の 2x テレコンバージョンレンズ APO Tele converter 2Xの縁は
これで切れたわけではない。先日フィールドで農婦が三脚に触れ(三脚が)倒れて
カメラが破損してしまったため、 Web auction で中古の Canon EOS 10D を落札
したのだが、なんとこの 2X レンズが『お礼にサービスしときます。』とのコメントと
共に同封されてきた。

_
KENKO FP-100 PRO  

 残念ながら良い評価は与えられない。KENKO のブランド名が付いている
がどこかの OEM 製品だろう。動きが購入時からスムースで無いこと、固定
レバーをロック方向に回してカメラを固定する度にファインダーで狙った位置
からずれること。などが不満点だ。特に一発でファインダーで狙った希望の
位置に固定できた例がない。カメラ雑誌で評論家が精度も信頼性も高い製
品だと評価されていたが、とてもそうは思えない。
 Memo' : 重量実測値 323 g


Sunpak
ストロボ 22SR
Panasonic
ストロボ PE28S
野鳥観察グラフィティ       
 
    
デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
私の愛用レンズ(中古品ばかりなのだが・・) 私が愛用している
レンズ

  File name ; accessaries.htm

化粧なおし、クチバシに白く見えるもの
は魚のウロコだ。御飯粒をほっぺにつけた
ままの子供を連想させる。